新型レヴォーグのAVHに感動、実際に運転して感じたこと

全体的な感想

2017(平成29)年9月9日、レガシィB4からレヴォーグへ乗り換えました。

最初の印象や感想、実際に運転しながら、いろいろな最新機能を試したレポートです。

レヴォーグのシートに座って、まず、感じたのは、車内が広いということです。

運転席から助手席までの距離感があるので、圧迫感がなく、ゆったりと座れます。前のレガシィB4と比較するとレヴォーグは、横幅で5cm広くなっているので、その効果かもしれません。

次に、レヴォーグは、運転席からの視界がとても良いことです。左右のドアミラーの位置が少し後ろにあるなど工夫されていて、運転席から見る前方と側方が見やすいのです。

特に、後方については、ルームミラーのボタンを押すと、車体後部のカメラ映像に切り替わります。ルームミラーを見るとき、後席の人で見えないという状況がなくなりました。

さらに、すごい機能、サイドビューカメラとリアビューカメラがあります。詳しい内容は後日記載します。

9年前に生産されたレガシィから乗り換えたので、余計に違いを大きく感じたのかも知れませんが、最新レヴォーグの性能(技術進歩)に驚きました。

AVHは信号待ちで自動ブレーキ

レヴォーグは、信号待ちのときにブレーキを踏んでいなくて良いのです。メーターの中にAVHという表示があり、赤信号などで止まったときは、しっかりとブレーキを維持してくれます。

メーターパネルの真ん中右下、小さなAVHという緑の文字です。

ブレーキを維持したときは、AVHという緑の文字の下に、タイヤにブレーキをかけたことを示す丸いマークが表示されます。

青信号になりアクセルを踏むと、自動的にブレーキが解除されるので、とても楽です。

古い車レガシィB4の詳細

レガシィB4 AWD 2.0L
2.0GT SI-Cruise アーバンセレクション

2008(平成20)年4月初年度登録

型式 CBA-BL5

車両本体価格 3,140,000円

排気量2000 最高出力260ps、最大トルク35kg/2400rpm

長さ463cm、幅173cm、高さ142cm

車両重量1460kg

新しい車レヴォーグの詳細

レヴォーグ 1.6GT EyeSight 1.6L/AWD
アイサイトセイフティプラス(運転支援、視界拡張)

型式 VM4D565

2017年8月発売

車両本体価格 3,056,400円

長さ469cm、幅178cm、高さ148cm

排気量1600 最高出力170ps、最大トルク25.5kg/1800rpm

関連コンテンツ
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告