PR

ふるさと納税を楽にする!ワンストップ特例制度の全知識

スポンサーリンク
ふるさと納税はお得です。 その他お得な情報
ふるさと納税はお得です。
その他お得な情報
記事内に広告が含まれています。

ふるさと納税をする際、確定申告の手間を省きたいと考える方は多いですが、ワンストップ特例制度の利用条件や申請方法を正確に理解していますか?

この記事では、制度の概要から利用資格、必要な手続き、締切日などを詳しく解説します。読むことで、ふるさと納税の手続きをスムーズに進め、時間と労力を節約する方法を身につけることができます。

スポンサーリンク
  1. ふるさと納税ワンストップ特例制度って何?初心者でもわかる基本解説
  2. ワンストップ特例制度を利用できる人は?条件と必要手続きを解説
  3. ステップバイステップ!ワンストップ特例制度の申請方法
    1. 申請書の入手
    2. 申請書の記入
    3. 必要書類の準備
    4. 書類の提出
    5. 確認と記録の保持
  4. ワンストップ特例制度の締切はいつ?遅れた場合の対策も解説
    1. ワンストップ特例制度の締切日
    2. 最適な寄付時期
    3. 締切を逃した場合の対処法
    4. チェックリストの活用
  5. ふるさと納税ワンストップ特例制度に関するFAQ
    1. Q1: ワンストップ特例制度を利用するための条件は何ですか?
    2. Q2: ワンストップ特例申請書はどこで入手できますか?
    3. Q3: 申請書の提出期限はいつですか?
    4. Q4: ワンストップ特例制度の利用後、確定申告が必要になるケースはありますか?
    5. Q5: ワンストップ特例制度で控除されるのは所得税だけですか?
  6. 注意が必要!ワンストップ特例制度の落とし穴とトラブル解決法
    1. 注意点1: 申請書の提出漏れ
        1. 解決策:
    2. 注意点2: 不正確な情報の記入
        1. 解決策:
    3. 注意点3: 複数の自治体への寄付
        1. 解決策:
    4. 実際のトラブル事例
        1. 解決策:
  7. ふるさと納税ワンストップ特例制度の全て
  8. あなたは「損している」ことに気付いてない、「ふるさと納税」NG
    1. ほんとに「お得」なのか
    2. ふるさと納税の「申し込み手続き」
    3. 「ワンストップ特例申請」を忘れたとき

ふるさと納税ワンストップ特例制度って何?初心者でもわかる基本解説

ふるさと納税制度を利用する際、少しでも手続きを簡単に済ませたいと思う方は多いでしょう。

そんなときに役立つのが「ワンストップ特例制度」です。この制度は、寄付を行う多くの人にとって、大変便利な方法の一つです。そこでワンストップ特例制度が、具体的に何なのか、どのようなメリットがあるのか、初心者の方にもわかりやすく説明します。

まず簡単に説明すると、ワンストップ特例制度とは、ふるさと納税をした際に、その年の確定申告を省略できる制度のことを言います。普通、ふるさと納税の寄附金控除を受けるためには確定申告が必要ですが、この制度を利用することで、寄付した自治体に必要な書類を提出するだけで、確定申告をすることなく所得税や住民税の還付を受けることができます。税金を安くすることができるのです。

ワンストップ特例制度の最大のメリットは、「手間を省ける」ことです。確定申告をするためには、通常、税務署へ申告書類や証明書類を提出する必要がありますが、ワンストップ特例制度を利用することで、それらの手間を削減できます。複数の自治体に寄付をしている場合でも、それぞれの自治体に必要な書類を送るだけで済みますので、非常に便利です。

ふるさと納税制度を利用することで、その年の所得税と、次年度の住民税から寄附金額が控除されるため、大きな節税対策になります。ただし、このワンストップ特例制度を利用するためには、寄付した年の翌年の1月10日までに、必要な書類を寄付先の自治体に送付する必要があります。締切を逃すと、この便利な制度は利用できなくなるので注意が必要です。通常の確定申告手続きを自分で行うことになります。

こうしてみると、ワンストップ特例制度は、ふるさと納税をする上で非常に魅力的な選択肢と言えるでしょう。手続きを簡素化し、効率的に税金を還付してもらうことができるので、ふるさと納税を考えている方は、是非この制度の利用を検討してみてください。

スポンサーリンク

ワンストップ特例制度を利用できる人は?条件と必要手続きを解説

ふるさと納税をする際、ワンストップ特例制度を利用することで、確定申告の手間を省くことができますが、この制度を利用できるのはどのような人が対象なのでしょうか?

また、どのような手続きが必要なのでしょうか?

ここでは、その条件と手続きについて、初心者にもわかりやすく解説します。

まず、ワンストップ特例制度を利用できるのは、以下の条件を満たす寄付者です。

  1. サラリーマンや公務員など、給与所得者であること: 自営業者やフリーランサーなど、確定申告が必要な方はこの制度を利用することができません。確定申告のときに寄附金控除として申告します。

  2. その年に寄付をした自治体が5つ以下であること: 6つ以上の自治体に寄付している場合は、この特例制度を利用することができません。

  3. 年末調整を受けていること: 会社員で年末調整を受けている方が主な対象となります。

これらの条件に当てはまる方は、ワンストップ特例制度を利用することが可能です。次に、必要な手続きについてです。

ワンストップ特例制度を利用するためには、寄付を行った自治体へ「ワンストップ特例申請書」を提出する必要があります。この申請書には、寄付者の住所や氏名、寄付先や寄付金額、そして申請者が確定申告を行わない旨の同意が必要です。申請書の様式は通常、寄付した後で10日ほど待つと、各自治体から郵送されてきます。

提出の締切は、寄付を行った年の翌年の1月10日までです。この期限を過ぎてしまうと、特例制度は利用できなくなるため、寄付をする際は12月初旬までにふるさと納税しましょう。12月中旬以降になると書類の提出スケジュールが厳しくなります。

ワンストップ特例制度の利用条件と手続きをきちんと理解し、スムーズにふるさと納税を楽しんでいただければと思います。

スポンサーリンク

ステップバイステップ!ワンストップ特例制度の申請方法

ふるさと納税をより手軽に利用するためのワンストップ特例制度は、適切な手続きを行うことで大きなメリットが得られます。

ここでは、その申請方法をステップバイステップで説明し、必要な書類やオンラインでの手続き方法についても触れます。初心者の方でも理解しやすいように具体的に解説していきましょう。

申請書の入手

まず最初に、ふるさと納税を行った自治体からワンストップ特例申請書を入手します。寄付をするときに、ワンストップ特例申請を行うか選択することができますので、ここで申請を行う方にチェックしておけば、自動的に自治体から送付されてきます。もし手元に届かない場合は、自治体の公式ウェブサイトからダウンロードすることが可能です。また、電話やメールで直接申請書を請求することもできます。

申請書の記入

次に、申請書に必要事項を記入します。寄付者の氏名、住所、電話番号、個人番号、生年月日、寄付した金額、寄付した日付です。また、確定申告の義務がないなどのチェック項目にチェックが必要です。書類の記入ミスがないよう、注意深く確認しましょう。最初は少しだけ悩みますが、2回目からはすぐに書けます。

必要書類の準備

申請書と一緒に、マイナンバーカードと運転免許証の写しを送ります。申請方法がわかりやすく書いてある案内書も同封されているので、それほど悩みません。

書類の提出

すべての書類を用意できたら、それらを寄付先の自治体に郵送します。提出期限は翌年の1月10日までです。この期限を過ぎると、自分で確定申告しなければなりません。確定申告は経験している人にとっては簡単ですが、初めての人にとってはハードルが高いです。

提出期限を考慮すると、1月5日くらいまでには発送しましょう。発送する前に、書類をスマホで撮影しておきましょう。次回から書きやすくなります。

確認と記録の保持

書類が自治体へ到着すると、ワンストップ特例申請書を受領した旨の通知が届きます。しばらくの間、保存しておきましょう。何か問題が生じた場合に備え、提出した書類のコピーと受領確認の記録は大切です。

これらの手順に従って、ワンストップ特例制度の申請を行うことで、煩雑な確定申告を省略し、ふるさと納税のメリットを最大限に活用することができます。初めての方でも、このガイドに従えばスムーズに手続きを進めることができるでしょう。

スポンサーリンク

ワンストップ特例制度の締切はいつ?遅れた場合の対策も解説

ふるさと納税のワンストップ特例制度を利用する際、締切日を逃さないことが非常に重要です。このセクションでは、その締切日の詳細と、年末の混雑を避けるための最適な寄付時期、そして締切を逃した場合の対処法について解説します。

初心者の方も安心して寄付計画を立てることができるように、具体的な情報を提供します。

ワンストップ特例制度の締切日

ワンストップ特例制度を利用するための書類提出期限は、寄付を行った年の翌年の1月10日です。この日までに、必要な申請書類を寄付した自治体へ提出する必要があります。例えば、2023年11月に寄付をした場合、2024年の1月10日が締切となります。

最適な寄付時期

年末になると、多くの人がふるさと納税を考えるため、それぞれの自治体でも大きな混雑が予想されます。そのため、11月中旬までに寄付と申請書の提出を済ませることをお勧めします。この時期ならば、年末の混雑を避けつつ、ゆとりを持って必要な手続きを行うことができます。

締切を逃した場合の対処法

万が一、ワンストップ特例制度の締切を逃してしまった場合、確定申告を通じて寄附金控除を受ける必要があります。確定申告は、翌年の2月16日から3月15日までの期間に税務署で行うことができます。この確定申告を利用すれば、寄付に対する税金の控除を受けることが可能です。

なお参考までに、「寄附」と「寄付」という用語は同じ意味です。昔風にいうと「寄附」になります。官公庁は「寄附」と表現することが多いです。

チェックリストの活用

締切を逃さないために、スケジュール帳などへ記録しワンストップ特例申請書の提出を忘れないようにしておきましょう。私自身も忘れてしまい面倒な確定申告を行った経験があります。1月10日が期限なので、正月気分でつい忘れてしまいがちです。申請関係書類は、書類を置く場所を決めておくと良いです。

これらのポイントを踏まえ、ふるさと納税のワンストップ特例制度の利用を検討される際は、計画的に行動し、期限内に適切な手続きを完了させることが大切です。初心者の方も、この情報を参考にして、安心してふるさと納税を楽しんでください。

スポンサーリンク

ふるさと納税ワンストップ特例制度に関するFAQ

ふるさと納税のワンストップ特例制度について、利用者からよく寄せられる質問とその回答を簡単にまとめました。

Q1: ワンストップ特例制度を利用するための条件は何ですか?

A1: ワンストップ特例制度を利用するためには、以下の条件を満たす必要があります:

確定申告が不要な給与所得者であること。

寄付した自治体の数が5つ以下であること。

これらの条件に該当する場合、ワンストップ特例制度を利用して、確定申告をせずに所得税と住民税の寄附金控除を受けることができます。

Q2: ワンストップ特例申請書はどこで入手できますか?

A2: ワンストップ特例申請書は、ふるさと納税申し込み時に特例申請を選択することで、寄付した自治体から様式が送られてきます。多くの自治体では、すでに必要事項が記載された様式が送られてくるので、チェックして、免許証とマイナンバーの写しを添付して返送するだけです。

Q3: 申請書の提出期限はいつですか?

A3: 申請書の提出期限は、寄付した年の翌年の1月10日です。この期限までに必要な書類を寄付先の自治体に提出する必要があります。

Q4: ワンストップ特例制度の利用後、確定申告が必要になるケースはありますか?

A4: はい、以下のような状況では確定申告が必要になります:


自営業やフリーランサーなど、本来確定申告が必要な職業の方が利用した場合。


寄付した自治体の数が5を超える場合。


その他の所得控除(医療費控除など)を受ける場合。

これらの場合には、ワンストップ特例制度を利用しても、確定申告を行う必要があります。

そしてワンストップ特例申請書を提出した後に、つい、うっかりして確定申告してしまうとワンストップ特例申請自体が無効になってしまいます。そうなると確定申告にふるさと納税分の寄附金控除を含めていないと、確定申告を修正しなければなりません。「更正の請求書及び修正申告書」を提出することになります。

Q5: ワンストップ特例制度で控除されるのは所得税だけですか?

A5: いいえ、ワンストップ特例制度を利用すると、所得税だけでなく住民税からも控除されます。寄付した年の所得税と、翌年の住民税が軽減され、手続きの手間も省けるため、非常に便利です。

スポンサーリンク

注意が必要!ワンストップ特例制度の落とし穴とトラブル解決法

ふるさと納税のワンストップ特例制度を利用する際には、いくつかの注意点があります。また、予期せぬトラブルに遭遇した場合の対処法を知っておくことが重要です。このセクションでは、具体的なトラブル事例とその解決策を提供し、安心して制度を利用できるように支援します。

注意点1: 申請書の提出漏れ

最も一般的なトラブルの一つが、上述した申請書の提出漏れです。ワンストップ特例申請書を寄付先の自治体に提出することを忘れたり、提出が遅れたりすると、特例制度の利用ができません。

解決策:

申請書の提出期限(翌年の1月10日)を厳守することが重要です。また、申請書を提出すると、自治体から受領確認の通知書が届きます。これらを確認することにより、後々のトラブルを未然に防ぐことができます。

注意点2: 不正確な情報の記入

申請書に誤った情報を記入してしまうと、申請が無効になる可能性があります。特に、住所、氏名、個人番号や寄付額の記載間違いが多く見られます。

解決策:

申請書を記入する際は、すべての情報を正確に、丁寧に入力してください。記入後は、内容を再確認し、間違いがないことを確認してから提出してください。スマホで撮影しておくと便利です。

注意点3: 複数の自治体への寄付

6か所以上の自治体へ寄付を行った場合、ワンストップ特例制度を利用することはできません。

解決策:

年間で寄付する自治体の数を管理し、5つ以下に留めることが重要です。5つ以上の自治体に寄付をした場合は、確定申告を通じて控除を受ける必要があります。

実際のトラブル事例

一例として、申請書の郵送が大雪のために遅れ、期限内に到着しなかったケースがあります。このような事例では、申請者は確定申告を行うしかなくなります。自治体も住民税などの処理期限が内部的に定められています。期限を遅れると、物理的に処理できなくなるので、正規の手続きで修正するしかないのです。

解決策:

可能な限り、期限ギリギリではなく、余裕をもって申請書を提出することが望ましいです。ふるさと納税は11月までに行い、ワンストップ特例申請書も年内に郵送しておきましょう。余裕を持って対応しておけばトラブルは避けられます。

これらの注意点とトラブル解決法を理解し、適切に対処することで、ワンストップ特例制度をスムーズに利用できるでしょう。トラブルに直面した場合でも、冷静に対応することが重要です。

スポンサーリンク

ふるさと納税ワンストップ特例制度の全て

この記事では、ふるさと納税のワンストップ特例制度について詳しく説明しました。

制度の基本から、利用条件、申請方法、締切日、よくある質問、注意点とトラブル解決法まで、初心者にもわかりやすく解説してきました。ここで、重要なポイントを簡潔にまとめ、制度を上手に利用するための助言をお伝えします。

利用資格と条件:給与所得者で年間寄付先が5つ以下の方が対象です。ワンストップ特例申請は、「確定申告しない」ことが前提条件になります。

申請方法:ワンストップ特例申請書を寄付先の自治体に提出します。提出締切は寄付年の翌年1月10日です。

注意点:申請書の提出忘れや誤った情報の記入に注意し、複数自治体への寄付が5つを超えないように管理が必要です。

ふるさと納税を行う際には、ワンストップ特例制度を利用することで、確定申告の手間を省くことができますが、そのためには正しい手続きが必要です。また、法改正や自治体の規則変更もあり得るため、寄付する際には、最新の情報を確認しましょう。

この記事が、ふるさと納税のワンストップ特例制度を理解し、賢く利用するための一助となれば幸いです。これからもふるさと納税を通じて、地域社会に貢献しつつ、自身の節税対策を学び続けていきましょう。

最後に、私がふるさと納税のメリットに気付き、ふるさと納税を利用しないと損してしまうことを2019年にまとめていますので紹介します。

スポンサーリンク

あなたは「損している」ことに気付いてない、「ふるさと納税」NG

「ふるさと納税」についての解説です。「税金の手続きが大変そう」と思い、「ふるさと納税」してない人が多いと思います。

はっきり言って、毎年、かなり損してます。例えば年収400万円の人なら、実質1万円節約できます。毎年の累積額は「ハワイ旅行」いけるほどになります。

ほんとに「お得」なのか

はっきり言って「お得」です。「ふるさと納税」しないと、「毎年損している」のと同じです。

「ふるさと納税」は、都道府県や市区町村へ「寄附」を行い、返礼品が受け取れるものです。この返礼品が、とても「お得」なのです。実質2,000円の負担で、数万円の返礼品が受け取れます。

そして返礼品は、豪華なものだけでなく、お米、お肉、野菜などの食料品を、毎月届けてもらうことも可能です。食料品や日用品の返礼品があります。独身者でもお得ですが、共働き夫婦なら2倍になります。ものすごく得します。

我が家は、正月の「おせち料理」、お米と、お肉とソーセージ詰め合わせを受け取っています。夫婦二人で毎年15万円ほど節税してます。

節税額が家族構成により変わりますが、参考に独身者の場合、寄付することでいくら節税できるのか年収別に掲載します。詳しくは総務省のサイトや、ふるさと納税の専門サイトをご覧ください。2,000円の自己負担額を除いてある金額です。

年収 → 年間節税額(概算)

年収300万円 → 26,000円
年収400万円 → 40,000円
年収500万円 → 59,000円
年収600万円 → 75,000円
年収700万円 → 106,000円
年収800万円 → 127,000円

「ふるさと納税」は、2008(平成20)年から制度が開始されています。毎年、上記の金額を節税できるので、かなり大きな金額になります。軽くハワイ旅行できる金額です。「ふるさと納税」で、食料品や日用品を選択すれば、これだけ節約できます。

ふるさと納税の「申し込み手続き」

「ふるさと納税」は、税金の手続きが面倒そうで、「確定申告を忘れると、逆に損してしまう」と考えている人が多いと思います。

私も最初の頃は、確定申告が面倒そうなので、「ふるさと納税」してませんでした。しかし、実際に申し込みすると、それほど大変ではありません。インターネットが使えれば、とても簡単です。そして確定申告も必要ありません。

インターネットで、「ふるさと納税」と検索すると、大手サイト「ふるさとチョイス」や「さとふる」があります。欲しい返礼品を選んで、寄附するだけです。クレジットカードを使えば、支払いも簡単です。

申し込むときは、最初に、自分の年収に合わせて、上限の寄附金額を確認します。大手サイトでは、簡単に寄附金額上限を試算できます。そして、寄附金額に合わせて、申し込むだけです。

寄附を申し込みのときに注意したいことは、次の2点です。

〇確定申告を省略するなら、寄附先は5団体以内にする。

〇寄附申し込みのときに「ワンストップ特例申請」を選択して、申請書を郵送してもらう。翌年の1月10日までに返送する。

「ワンストップ特例申請」を忘れたとき

「ふるさと納税」の税金申告手続きは、「ワンストップ特例申請書」を翌年の1月10日までに、寄附先の自治体へ郵送すれば完了します。申請書の記載内容をチェックして、身分証明書のコピーを添付して郵送するだけです。30分もかかりません。その後の手続きは、自治体側で行ってくれます。寄附金額(自己負担分2,000円除く)が控除され、翌年の6月から支払う住民税が安くなります。

つい、うっかりと「ワンストップ特例申請」を忘れても、大丈夫です。慌てることはありません。確定申告することで、「ふるさと納税」相当額の税金が還付されます。

私は6月に、住民税決定通知書を見たら、「ふるさと納税」分が控除されてないことに気付き、焦りました。(なんと、手続きを忘れて、大損してしまったぁ)とショックを受けました。

すぐに税務署へ電話すると、申告の修正は1年中受け付けていること、ネット上で簡単に確定申告書を作成できることを教えてもらいました。職場から発行された「源泉徴収票」と「寄附金領収書」があれば、1時間程度で申告書を作成できます。

私の場合は、修正の確定申告書を6月19日に郵送し、8月26日に住民税の変更通知書(寄附金相当額が減額されたもの)が届きました。ほぼ2ヶ月で手続きが完了しました。

タイトルとURLをコピーしました