まさか「SMAP」が解散するなんて?理由をわかりやすく分析

スポンサーリンク
イギリスのロンドンその他
イギリスのロンドン
その他

SMAPが解散した理由を、わかりやすく分析しました。視点を変えると、「裏切り」でないことがわかります。それぞれのメンバーが、「誰かを守る」ために解散を決断したのです。SMAPは、「努力することの大切さ」を教えてくれました。ひたむきに努力するSMAPの姿から、たくさんの元気をもらいました。

スポンサーリンク

「社会のルール」と「日本社会の縮図」

ほんとに残念な結果になった「SMAPの解散」です。なぜ、メンバー同士の気持ちが、これほど離れてしまったのでしょうか。いろいろな情報があります。本当の真実は、もちろんSMAPメンバー本人にしかわかりません。それでも「解散」という結末は残念でなりません。これ以上、無理させて苦しめたくないという気持ちと、もう一度、戻ってもらいたいという思いが混じりあってます。

 

今回のSMAP解散は、組織で働く「人間関係の難しさ」など、日本社会の縮図のように感じました。「組織」と「仲間」への思いが、少しづつ微妙にズレ、「解散」という結末になってしまいました。

 

スポンサーリンク

SMAP解散の「原因」と週刊誌の記事

 

「解散」の始まりは、2015年1月の週刊誌インタビュー記事でした。週刊誌の記者がジャニーズ事務所を訪れ、副社長へインタビューしたのです。

 

記者は、ジャニーズ事務所内で派閥争いが起きているという噂を、副社長へ確認したのです。SMAPのマネージャーと、副社長の娘が対立しているのでは、と煽ったのです。副社長は、「組織」を守るために、社内の派閥争いは許さないことを明言しました。「もしマネージャーが派閥争いするなら、SMAPを連れて出て行きなさい」と言わざるを得ませんでした。

 

そもそもマネージャーは、事務所内で派閥争いする気はなく、そんなことを考えていると思われたこと自体が心外でした。しかし副社長にも、「会社を守る姿勢」と「規律」を見せつける必要がありました。週刊誌の記者に対して、副社長は「毅然とした態度」を見せるパフォーマンスが必要だったのです。

 

マネージャーは、SMAPを「国民的アイドル」に育て上げました。ジャニーズ事務所のために、人生をかけて働いてきました。今までの「莫大な貢献」を無視するような副社長の言動は、許せなかったでしょう。本心ではないとしても、言葉で、自分を完全に否定されたのです。誰もが悔しくて涙が出るでしょう。同じように感じるはずです。SMAPメンバー全員も、週刊誌の記事を見て、「自分たちが否定された」と感じたはずです。

 

「芸能界」という厳しい競争社会で生きていくためには、組織内に「派閥争い」があれば極めて大きなリスクです。経営者の判断として、それを認めないのは当然です。「派閥争い」を放置すれば、組織は崩壊します。そうなれば、SMAPだけでなく、ジャニーズ事務所の全員が大きな被害を被ることになります。副社長の判断は、「組織を守る」という経営者としての判断でした。(手法には問題が残りましたが。)

 

スポンサーリンク

人生をかけ「莫大な貢献をしたマネージャー」

 

SMAPのマネージャーは、人生をかけて努力してきた過去の莫大な貢献を、すべて否定されました。副社長から「派閥争いするなら、SMAPと一緒に出て行きなさい」と言われたわけです。SMAPと一緒に独立を計画し、退社の道を選ぶのは、自然な流れです。同じ立場に置かれたら、誰もが同じ行動をとるでしょう。過去を否定され、「出ていけ」とまで言われたのです。独立を考えるのが普通です。しかもマネージャーの貢献は「数百億円」です。いや「数千億円」かもしれません。国民全体へも、計り知れない程の貢献をしています。

 

スポンサーリンク

木村くんは「SMAP」を守ろうとした

 

そして、昨年2015年12月に、木村くんがジャニーズ事務所からの独立を翻意しました。ジャニーズ事務所からの独立に反対した理由は、いろいろな人の意見を聞き、悩みぬき熟考した結果です。

 

もし、今まで育ててくれたジャニーズ事務所を裏切り、独立すれば、「ジャニーズのSMAP」ではなくなります。メンバー全員にとっても、ジャニーズ事務所と敵対する可能性があります。将来、仕事が激減し、芸能界で生き残れなくリスクがあります。そして何より「SMAPファン」を裏切ることになるのです。

 

木村くんは、自分のことだけ考えて「独立に反対」したのではありません。ファンの思いや、SMAPメンバー全員の将来のことを考えて、土壇場で翻意したのです。もし木村くんが、自分と家族のことだけ考えてSMAPを裏切るなら、今年(2016年)1月の独立分裂騒動のときに、他のメンバーが独立するのを止めなかったはずです。しかし木村くんは、SMAPを守ろうとして奔走したのです。そして後に「公開処刑」とまで言われた「生謝罪」まで行いました。

 

今回の解散について、木村くんは「無念」と言ってました。SMAP存続を一番願っていたのが木村くんです。これは間違いなく真実です。「ジャニーズのSMAP」を守ろうとしたのです。

 

スポンサーリンク

香取くんは「マネージャー」を守ろうとした

 

そして、解散を社長に直訴した香取くんは、マネージャーだけがジャニーズ事務所退社に追い込まれたことに納得できませんでした。その原因を辿ると、木村くんが昨年末(2015年12月)に翻意した事実になるのです。マネージャーを守ろうとしなかった木村くんを、許すことができないのです。木村くんと一緒に仕事ができなくなる精神状態にまで追い込まれました。

 

香取くんは、ジャニーズ事務所に残ることで、母親を捨てたような気持ちになっていたのです。ましてマネージャーは、普通の母親ではなく、自分たちを「日本一の国民的アイドル」に育ててくれた恩人です。マネージャーなくしてSMAPは存在しないのです。香取くんに言わせれば、「命をかけてマネージャーを守り、一緒に行動を共にするのが、人として当然」と思っていたはずです。

 

スポンサーリンク

「香取くんを守る」ためのメンバーの決断

 

中居くんもSMAP存続を希望していました。しかし、騒動後の香取くんの辛そうな状況を見て、これ以上SMAPを続けるのは無理と断念しました。「香取くんを守る」ための決断でした。稲垣くんも草彅くんも、精神的に追い詰められた香取くんの辛い状況を理解し、行動を共にしたのです。

 

解散の原因について、踏み込んで考えると、メンバー全員が、それぞれ「誰かを守ろうと」したことでした。「裏切り」などという浅はかな言葉ではありません。

 

ジャニーズ事務所の副社長は、「組織を守る」という経営者としての判断でした。木村くんは「SMAPとファンを守る」ため独立に反対しました。香取くんは「マネージャーを守る」ため独立せざるを得ませんでした。中居くん、稲垣くん、草彅くんは、「香取くんを守るため」解散を決断したのです。

 

SMAPの解散は、メンバー全員が、自分勝手な自己保身のために決断したのではなく、「誰かを守る」ため、その結果として、解散に至ってしまったのです。「覆水盆に帰らず」です。仮の話をしても仕方ないですが、もし週刊誌が、副社長を煽るようなインタビューさえしなければ、SMAPの解散はなかったでしょう。

 

しかし当時の週刊誌の立場としては、ネットや業界内で噂されている「ジャニーズ事務所内の派閥争い」を取材したいことも理解できます。インタビューして記事にすることは、多くの国民が興味を持ち、知りたがっている状況では必然だったでしょう。週刊誌の記者を責めることもできません。

 

このように考えると、SMAP解散の理由を突き詰めると、解散の原因を作ったのは、派閥争いを気にした人たちであり、それはSMAPファンも含む「国民」なのかもしれません。それは「国民的スターの宿命」だったのかもしれません。

 

それにしても、SMAP解散は残念です。しかし無理してまで、5人で一緒にいる「辛そうなSMAPメンバー」を見るのも耐えられません。もうこれ以上SMAPメンバーを苦しめたくない、無理して欲しくないです。「解散は仕方ない」と諦めています。

 

もうSMAPに対しては、「感謝」しかありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました