人生100年時代

人生100年時代人生100年時代

老後についての心配や不安を解消するための情報です。

 

2017年から「人生100年時代」と言われ、平均寿命がいずれ100歳を超えると予想されています。自営業などで定年退職がなく健康でいられる間ずっと収入を得られる人は少なく、ほとんどの人が定年と同時に、あるいは定年から5年後に無職無収入となります。

 

いきなり収入が無い生活に入ったときに、一番不安になるのが経済的な側面です。それ以外にも不安や心配は無数にあります。不安や心配は、よく知らないから悩むことになります。十分な情報を持てば、不安や心配は少なくなります。本サイトで、なるべく多くの情報を掲載し、少しでも不安を和らげることができればと考えています。

 

私自身がまもなく定年を迎えることもあり、自分の勉強も兼ねて記載してます。老後のことを考えると不安だらけですが、逃げることもできません。

スポンサーリンク
人生100年時代

「スマホ」が老後生活を豊かにする理由、早いうちに始めよう。

「高齢者とスマホ」についての解説です。「人生100年時代」になり、会社を辞めてから、30年以上も生活することになります。楽しい老後生活のためにも、早いうちにスマホやパソコンをマスターしておきましょう。年金を補填したり、必ず役に立ちます。
人生100年時代

健康のため大好きな「ビール」をやめたいとき、代わりの飲み物

ビールの代わりになる炭酸水の解説です。私は、まもなく60歳です。最近は血圧が高くなり、耳鳴りもします。そこで血圧を下げて、健康になるため、大好きなビールをやめようと思いました。ビールの代わりになる炭酸水を探してみます。
2019.11.23
年金の補填

不安だらけの「年金」、投資セミナーよりも「Adsense」で稼ぐ

老後の「年金」を補填する方法についての解説です。「老後2000万円問題」など、「人生100年時代」なのに不安だらけの「年金」です。最近は年金補填として「投資セミナー」が人気ですが、かなりリスクがあります。「投資」よりもAdsenseが安全です。
2019.10.29
スポンサーリンク
老後の仕事と介護

「定年退職前に決断」したいこと、再雇用やシニア起業のリスク

定年退職前に考えたい「再雇用」や「シニア起業」の解説です。自分自身で決断しなければならない「第二の人生」について解説します。一番安全で楽な「再雇用」、学生時代を思い出す「就職活動」、「シニア起業」への挑戦について解説します。
2019.10.29
老後の生活費

「老後の生活費」は、夫婦で月額24万円、ひとり暮らし月額16万円

老後に必要な生活費の詳しい解説です。総務省の調査による平均的な生活費は、ふたり暮らしで月額24万円、ひとり暮らしで月額16万円です。また、ゆとりある老後の生活費は、夫婦ふたりで月額36万円です。平均的なデータから、くわしく解説します。
2019.10.29
年金の補填

「年金を補填」する方法、太陽光発電、ブログでAdsense収益

老後の年金を補填する方法です。太陽光発電の設置、Adsense収益、マンション投資などの解説です。早いうちに始めて、年金以外の安定した収入にチャレンジしましょう。好きなことをブログに書いて、月額3万円以上の「Adsense収益」を目指しましょう。
2019.10.29
年金の補填

「年齢で稼ぐ」ビジネスモデル、高齢者が稼げるAdsenseとは

老後に稼ぐ方法です。 老後の不安は、やはり生活費です。贅沢はいらないけれど、質素に暮らしたい。そう思う人が大半です。定年後も収入を稼げる新しいビジネスモデルです。高齢者が「好きなことで稼ぐ」Adsenseも早い時期に始めた方が良いです。
2019.10.29
老後の仕事と介護

人生100年時代に老後の健康を維持する方法、スクワットと散歩と水泳

人生100年時代の健康を維持するための方法です。若い頃にスポーツで鍛えても、体力や健康は貯金できません。40代から徐々に体力は衰え、50代になると様々な身体の不調を感じるようになります。老後も健康でいるために体力を維持する運動を紹介します。...
老後の仕事と介護

退職後の「再就職に役立つ資格」、老後の生活費は「Adsense」

定年退職後の「再就職に有利な資格」、老後の生活費を稼ぐ「アドセンス」の解説です。65歳を過ぎても稼ぎ続けるアドセンス、資格を取得するための勉強方法です。年金だけでは将来が不安です。生活費を稼ぐことに挑戦しましょう。
老後の生活費

老後について考え始める時期とは、老後の不安を解消する情報と方法

本サイトは、老後の不安を解消するための情報サイトです。若い頃は毎日が一生懸命で、1年先のことも考えられませんでした。まして、老後のことなど全く興味もなく関係ありませんでした。しかし、実際に年齢を重ねると、老後について考え始め、老後の情報が必...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました