PR

人生100年時代、退職後の生活を楽しむための情報

人生100年時代、退職後の生活を楽しむための情報 人生100年時代
記事内に広告が含まれています。

退職した後の老後を考えると、やはり心配や不安になります。老後は、誰に対しても平等に訪れるので、逃げることも、避けることもできません。

 

若い頃は、老後のことなど興味もなく、考えたこともないでしょう。しかし50歳を過ぎたあたりから老後を意識するようになってしまいます。

 

2017年頃から「人生100年時代」という言葉が登場し、いずれ平均寿命が100歳を超えると予想されています。自営業などで定年退職がなく、健康でいられる間ずっと収入を得られる人は少ないです。ほとんどの人は、定年退職と同時に、あるいは定年から5年後に無職無収入となります。(65歳から年金をもらう人が多いため)

 

いきなり収入が無い生活に入ったときに、一番不安になるのが経済面です。それ以外にも健康面などの不安や心配は無数にあります。これらの不安や心配は、よく知らないから悩んでしまうのです。経験もなく、知識も少ないのが原因です。十分な情報を持てば、不安や心配は少なくなります。当サイトでは、なるべく多くの情報を掲載し、少しでも不安を和らげることができればと考えています。

スポンサーリンク
人生100年時代

個人年金受給者の健康保険被扶養者としての収入範囲解説

個人年金を受け取るときに、被扶養者の収入になるのか判断に悩みます。健康保険の被扶養者として認定されるための収入の範囲とその基準についての解説します。
人生100年時代

ダイエット革命!脳の力を利用した体重管理法

ダイエットについての解説です。35歳から急に太り始めました。体重が65キロから85キロになってしまいました。ウオーキングで脂肪を燃焼させようとしました。しかし、すぐに飽きてしまいます。根性と努力が足りません。楽しみながら歩くことが大切です。
人生100年時代

60代から始めるジョギング:最適なシューズの選び方ガイド

60代向けジョギングシューズの選び方を徹底ガイド。足の健康状態を考慮したシューズ選びから、クッション性、安定性を重視したおすすめモデル、正しい試し履きのポイントまで解説。ジョギングを通じて健康的な生活を実現しましょう。
スポンサーリンク
人生100年時代

個人事業主必見!青色申告と白色申告、どちらがお得?

定年退職した後、再雇用を希望せずに個人事業主として開業しました。再雇用をやめたのは、希望した仕事内容ではなく、現役時代のように我慢した生活が嫌だったからです。初めて個人事業主として青色申告するときの準備や注意点をまとめました。
人生100年時代

定年後の住民税と国民健康保険料完全ガイド:知っておきたい基礎知識

定年後の住民税や国民健康保険料についての不安を解消。所得変化が税金・保険料に及ぼす影響、節税・保険料節約術、よくある質問への回答を網羅。定年後も安心して過ごすための準備方法を詳しく解説します。
人生100年時代

公的年金制度は「破綻」しかけてる? これを見れば、スッキリ

無職になったときの「老後の生活費」についての解説です。国民年金だけのケースで、毎月不足する金額と、それを補填するには定年までにいくらの貯蓄額が必要か解説します。また、過去の老齢基礎年金額の推移と、今後の公的年金制度のリスクを説明します。 老後に必要な、毎月の生活費と貯蓄 老後に対する不安の中で、一番大きな部分は、やはり経済的な金銭面です。 老後の家計についての不安が大きいです。60歳以上になり収入がなくなったときの生活費についてのアンケート調査があります。平均的な老後の生活費と考えられます。(総務省統計局の2018年2月16日データ) 60歳以上の毎月の平均的な生活費です。 家賃や税金などすべ...
人生100年時代

知らなかった、なんと、年金からも所得税が引かれてしまう

老後の税金についての情報です。2018年の内容です。 退職後に仕事がなくなり年金収入だけになったときの所得税について解説します。年金の所得税については、年金の種類などにより所得税が変わります。障害年金と遺族年金は非課税です。また、65歳未満で年金が108万円以下の人、65歳以上で年金が158万円以下の人は所得税を払う必要はありません。 年金の所得税計算方法 公的年金は、雑所得として所得税が課税されます。税率は5.105%です。公的年金とは、国民年金法、厚生年金保険法、公務員等の共済組合法などによる年金です。「公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」を提出しているときの計算方法は次のとおりです。 ...
人生100年時代

忘れると大変なことに! 退職した翌年の「住民税」には要注意

退職して仕事がなくなり、年金だけの生活になっても住民税を支払わなければならないことがあります。所得税とは異なり市区町村により微妙に計算方法は異なりますが、おおよその住民税額を計算する方法を解説します。年金収入の非課税の範囲は65歳以上で155万円以下、65歳未満で105万円以下です。ただし家族構成で異なります。 公的年金の住民税 老後の貴重な収入である公的年金からも住民税は徴収されてしまいます。 注意が必要なのは、住民税は前年の所得に対して課税されることです。退職した最初の1年間は、退職する前と同じ住民税が徴収されます。退職時に給与明細などで確認しておくことをお勧めします。 住民税は、市町村民...
AdSense

若い人にも負けない「老後に役立つ資格」と「AdSense」で稼ぐ方法

定年退職後の「再就職に役立つ資格」と「老後の生活費を稼ぐ方法」です。老後の再就職は、特別な資格がないと厳しいです。会社側は若い人を優先して採用します。現役時代に備えたい国家資格と、65歳を過ぎても稼ぎ続ける「AdSense」の解説です。
人生100年時代

知らないと損する「老後の生活費」試算方法、「老後資金」の解説

老後に必要な「最低限の生活費」の解説です。平均的な生活費ではなく、ギリギリまでの節約を想定した「最低限必要な生活費」と、準備したい「貯蓄額」の解説です。人生100年時代を想定して計算しました。やはり「持ち家」と「ふたり暮らし」が有利です。
AdSense

老後の年金不足を補う!効果的な補填方法とは?

老後の年金と補填方法について詳細に解説。年金の受給額や不足額の計算方法、個人年金保険の選び方、ブログを活用した収入源の構築まで、老後の経済的安定を支えるための実践的な情報を提供します。老後の資金計画に役立つ具体的なアドバイスを得られます。
人生100年時代

定年退職後も「若い人には負けない」と勘違いしている方へ

中高年になると、若い人には勝てません。「自分より若い人は、自分より優秀」と謙虚に考えましょう。そこで、中高年が若い人に勝てる部分を探し、定年退職後も働き続ける方法をまとめました。また、会社員から個人事業主になるときの注意点です。
スポンサーリンク