自動車免許の取得で迷っている? 合宿免許でチェックしたいポイント

スポンサーリンク

車の免許を取得するために、教習所へ通うか、合宿免許にするか迷っていませんか?

合宿免許は、集中して教習ができます。数カ月も教習所へ通う必要はありません。車の免許を短期間で取得できるメリットがあります。しかし合宿免許は、気になる点もあります。実際の合宿期間や、ホテルなどの宿泊環境、教習料金が心配ではないでしょうか?

インターネット上には、合宿免許の情報が多数あります。どれを選んで良いか迷います。そこで、わかりやすく合宿免許を選ぶときのポイントを絞りました。教習所へ申し込むときは、再度、最新の内容を確認しましょう。(以下は2020年2月現在の情報です。)

スポンサーリンク

合宿免許を選ぶときの心構え

合宿免許を利用する人は、それほど多くないです。通学よりも教習料金が高いです。そして連続して宿泊するため、かなりのストレスになります。一緒に合宿する教習生も気になります。いつもと違う環境で生活するので不安も多くなるでしょう。落ち着いた勉強はむずかしいです。しかし合宿免許のメリットは、短期間で集中して免許を取得できることです。

車の免許には、AT車(オートマ車)とMT車(マニュアル車)があります。クラッチペダルを踏んでギアチェンジするのがマニュアル車です。

AT車の方が簡単そうに思えます。しかしMT車とそれほど変わりません。どちらも教習は大変ですし、高い教習料金です。迷わず上位のMT車(マニュアル車)を選びましょう。今は、「MT車なんて絶対乗らない」と思っていても、将来は何が起こるかわかりません。MT車(マニュアル車)を選択しないと、後悔することになります。

スポンサーリンク

自動車の教習期間の平均

通学の教習では、車の免許取得までに、およそ2〜3ヶ月必要です。学生であれば春休みなどを利用して無理なく取得できます。ただし予約手続きが少し面倒です。通学も数ヶ月必要になるので大変です。

一方、合宿免許は、16日〜20日程度です。教習所によってカリキュラムに違いがあります。しかし通学よりも短期間で取得可能です。

スポンサーリンク

宿泊環境などの必要条件とは

合宿免許では、宿泊環境が大切なポイントです。通学よりもストレスの多い状態での教習になります。できるだけ男性と女性が別々の建物で宿泊できる教習所を選びましょう。男女一緒の宿泊施設では、勉強に集中できず不要なストレスが増えてしまいます。

また、相部屋も勉強に集中できません。シングルルームを選択しましょう。ただし同性の友人との相部屋なら問題ありません。しかし見知らぬ人との相部屋は避けましょう。気が散ってしまい集中できません。

主なチェックポイントです。できれば申し込み前に電話して、直接確認すると安心です。このチェックポイントは、必須ということではありません。教習に集中するために、できれば欲しい条件です。

宿泊する建物が、女性(または男性)専用であること。

相部屋でないこと(教習オーバーは、相部屋になることもあるので、注意)

カプセルホテルでないこと。


洗濯機と乾燥機が利用可能なこと。


食事ができること。


飲料の自動販売機があること。


Wifiが使えること。


教習所とのアクセスが良いこと。徒歩で行けること。バスで30分以上は遠いです。

他にも、観光スポットが近くにあると、教習所を卒業した後に、たっぷりと遊べます。やる気も出てきます。

コメント