PR

車とオートバイ

車とオートバイ 車とオートバイ
記事内に広告が含まれています。

「車とオートバイ」カテゴリーには、次のカテゴリーが含まれます。

 

レヴォーグ

レガシィB4

F1日本グランプリ

ハーレーダビッドソン

大型二輪教習所

 

このカテゴリーは、車やオートバイを楽しむ情報です。スバルのレヴォーグ、アイサイトのメリット、レガシィからの買い替え、車の値引き交渉、マフラーの交換などです。鈴鹿サーキットで開催されるF1を楽しむ情報や大型二輪免許の教習のコツも掲載しています。

スポンサーリンク
F1日本グランプリ

アイルトン・セナの日本での偉業と鈴鹿サーキットでのF1観戦ガイド

アイルトン・セナの日本での影響と彼の走りを現地で観戦する魅力を紹介。鈴鹿サーキットでのF1観戦体験や、現地でしか味わえない音響体験、セナの感動的なエピソードを詳しく解説します。F1ファン必見の情報をお届けします。

合宿免許の選び方完全ガイド:メリット・デメリットと成功の秘訣

合宿免許のメリット・デメリットを徹底解説!選び方、後悔しないための対策、実際の体験談をもとに、賢い教習所選びのポイントをお教えします。合宿免許で免許を効率的に取得するための具体的なアドバイスが満載。
車とオートバイ

オートバイとバイクとスクーターの違いを徹底解説!

自動二輪車の呼び方についての解説です。昔は、「オートバイ」、「バイク」、「スクーター」は、明確に区分してました。ところが最近は、「オートバイ」はあまり使わず「バイク」が増えました。しかし会話の中で、混ぜで使われると、なぜかモヤモヤします。
スポンサーリンク
レヴォーグ

レヴォーグの発進時もたつきを解消!アクセルペコペコでスムーズなドライブへ

レヴォーグ 1.6 GT(VM4D型)を購入するときに、「2.0 GT」にしようか迷いました。しかし実際に1年乗りましたが、パワー不足を感じることはありません。ただ少し気になるのが、発進時の「もたつき」です。「アクセルペコペコ」で解決です。
F1日本グランプリ

あなたは我慢できますか?「F1観戦バスツアー」を選ぶときの注意

「F1観戦バスツアー」についての解説です。新幹線で東京駅から名古屋駅まで行き、名古屋駅から鈴鹿サーキットまでバスでした。名古屋駅から鈴鹿サーキットまで、バスで片道2時間30分です。トイレに要注意です。バスツアーのメリットとデメリットです。
F1日本グランプリ

なぜ人は「旅」が好きなのか? ひとり長距離ドライブで「2011 F1観戦」

2011年「F1日本グランプリ」の観戦記録です。東京から三重県の鈴鹿サーキットまで、愛車「レガシィB4」で往復しました。片道400キロのドライブです。休憩しながらの走行時間は6時間でした。帰りは、仮眠を多く取り12時間でした。
F1日本グランプリ

知らなきゃ損!「F1日本グランプリ」チケットの選び方

三重県鈴鹿サーキットで開催される「F1日本グランプリ」チケットの解説です。車で行くときは、駐車場付きの観戦チケットが良いです。おすすめの観戦席は、300キロを超える最高速度からフルブレーキする「1コーナー」です。チケット料金は5万円です。
F1日本グランプリ

ひとりドライブを満喫!東京から鈴鹿サーキットまでの「F1観戦」

長距離ドライブを楽しむための情報です。F1グランプリを観戦するため、東京から三重県の鈴鹿サーキットまで、マイカーで旅行しました。片道400キロのドライブです。仮眠や休憩をたっぷり入れて、片道13時間でした。安全優先のゆったりドライブでした。
スポンサーリンク