レヴォーグ

2017年9月9日に「レヴォーグ 1.6GT(D型)」を購入しました。発売日は2017年8月7日でした。

「アイサイト3」の次期バージョンとして「アイサイト・ツーリングアシスト」が搭載され、ステアリング支援機能などが進化しました。「アイサイト・ツーリングアシスト」について解説します。

スポンサーリンク
レヴォーグ

スバル純正ドライブレコーダーで利用できるマイクロSDカード

ドライブレコーダーのマイクロSDカードは、相性が合わないとエラーが出ます。レヴォーグ純正のドライブレコーダーでエラーのないマイクロSDカードを調べました。
レヴォーグ

アイサイトには純正ドライブレコーダーが安全!旅を楽しむ録画時間

スバル純正ドライブレコーダーの解説です。ドライブの景色を楽しむために、ドライブレコーダーの映像を残す方法です。マイクロSDカードの容量によって、録画可能時間が変わります。録画可能時間が長いマイクロSDカードを選びましょう。
2021.06.21
レヴォーグ

マフラーの交換費用、レヴォーグ1.6GTのエキゾーストサウンド

レヴォーグ1.6GTのマフラーをSTI社の「エキゾーストキット」へ交換しました。やはりノーマルマフラーでは物足りなさを感じてきました。ボクサーサウンドや心地よいエキゾーストサウンドを求めて、いろいろ調べましたが結果的にSTI社に決めました。
2021.05.09
スポンサーリンク
レヴォーグ

バンパー下部の「こすりキズ」を自分で補修、安く簡単にできました。

車のバンパー「こすりキズ」を自分で補修する方法です。新車レヴォーグのバンパー下部のキズ補修は、スバルのディーラーの見積もりで3万円でした。仕方なく自分で6千円で補修しました。作業時間は2時間で、思っていたより簡単に補修できました。
2021.05.07
レヴォーグ

レヴォーグ「アイサイト・ツーリングアシスト」の効果、実際の作動方法

アイサイト・ツーリングアシストの解説です。新型レヴォーグD型は全速度でステアリングの自動操作が可能になりました。アクセル、ブレーキ、ステアリングが自動になります。実際に作動させるスイッチ類についての解説です。
2021.05.04
レヴォーグ

「アイサイト・ツーリングアシスト」の効果、2年間運転してわかったこと

スバルの「アイサイト・ツーリングアシスト」の解説です。2017年9月9日から「アイサイト・ツーリングアシスト」を搭載したレヴォーグD型に2年間乗りました。一般道や高速道路での効果、実際にどの場面で使えるのか解説します。
2021.05.04
レヴォーグ

レヴォーグ 1.6GT へ RaceChip 、加速性能が向上

レヴォーグ1.6GTへ「RaceChip GTS」を取り付けました。驚くほど加速性能が良くなりました。アクセルを少し踏むだけで、ググッと加速します。シートに押し付けられる加速感です。トルクアップが実感できました。
2021.05.04
レヴォーグ

レヴォーグ 1.6GT のおすすめチューニング、加速とボクサーサウンド

レヴォーグ 1.6GT のチューニングについての解説です。加速性能を向上させてエキゾーストサウンドを魅力的な音質へ変えました。費用は 258,982円かかりましたがノーマルとは全く別の レヴォーグ 1.6GT へと生まれ変わりました。
2021.05.03
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました