レヴォーグ

2017年9月9日に「レヴォーグ 1.6GT(D型)」を購入しました。発売日は2017年8月7日でした。

「アイサイト3」の次期バージョンとして「アイサイト・ツーリングアシスト」が搭載され、ステアリング支援機能などが進化しました。「アイサイト・ツーリングアシスト」について解説します。

スポンサーリンク
レヴォーグ

レヴォーグで車中泊3日目、道の駅 木曽福島

昨日の車中泊3日目は、だいぶ贅沢をしてしまいました。一日中温泉施設で楽しみ、8.000円も使ってしまったのです。生ビールを4杯も飲んだので仕方がないのですが、今日は節約しようと思います。 いろいな「道の駅」に立ち寄る...
レヴォーグ

レヴォーグで車中泊2日目、道の駅 富士吉田

初日は、やはり、ぐっすり眠れませんでした。夜中の2時に、寒くて目が覚めてしまいました。その後は横になってスマホを時々いじるぐらいで、熟睡はできませんでした。 ドン・キホーテで車中泊グッズ購入 夜は熟睡できなかっ...
レヴォーグ

レヴォーグで車中泊1日目、道の駅 どうし

せっかくレヴォーグに乗っているのに車中泊したことがないのは、もったいないと思いチャレンジすることにしました。ようやく新型コロナウィルスの感染対策が緩和され、全国旅行支援が始まる前日、2022年10月10日に出発しました。身長181センチ、...
スポンサーリンク
レヴォーグ

スバル純正ドライブレコーダーで利用できるマイクロSDカード

ドライブレコーダーのマイクロSDカードは、相性が合わないとエラーが出ます。レヴォーグ純正のドライブレコーダーでエラーのないマイクロSDカードを調べました。
レヴォーグ

バッテリー上がりは新車でもある? いや、新車こそ要注意!

新車のときはバッテリー上がりにならないと思っていました。バッテリー上がりは、5年以上経過している古い車だけと思い込んでいたのです。1ヶ月点検へ出かける時に、新車レヴォーグのドアが、なんと開かなくなりました。納車後わずか3週間での出来事です。
レヴォーグ

バンパー下部のこすりキズを自分でDIY、2時間で安く直した方法

なんと新車レヴォーグのバンパー下部をこすってしまいました。直前にバッテリー上がりで痛い出費があった直後です。ディーラーの修理見積りは3万円、仕方なく自分で直すことにしました。自分で直したところ、作業時間は2時間で6千円で完成しました。
レヴォーグ

アイサイトには純正ドライブレコーダーが安全!旅を楽しむ録画時間

スバル純正ドライブレコーダーの解説です。ドライブの景色を楽しむために、ドライブレコーダーの映像を残す方法です。マイクロSDカードの容量によって、録画可能時間が変わります。録画可能時間が長いマイクロSDカードを選びましょう。
レヴォーグ

マフラーの交換費用、レヴォーグ1.6GTのエキゾーストサウンド

レヴォーグ1.6GTのマフラーをSTI社の「エキゾーストキット」へ交換しました。やはりノーマルマフラーでは物足りなさを感じてきました。ボクサーサウンドや心地よいエキゾーストサウンドを求めて、いろいろ調べましたが結果的にSTI社に決めました。
レヴォーグ

レヴォーグ「アイサイト・ツーリングアシスト」の効果、実際の作動方法

アイサイト・ツーリングアシストの解説です。新型レヴォーグD型は全速度でステアリングの自動操作が可能になりました。アクセル、ブレーキ、ステアリングが自動になります。実際に作動させるスイッチ類についての解説です。
レヴォーグ

「アイサイト・ツーリングアシスト」の効果、2年間運転してわかったこと

スバルの「アイサイト・ツーリングアシスト」の解説です。2017年9月9日から「アイサイト・ツーリングアシスト」を搭載したレヴォーグD型に2年間乗りました。一般道や高速道路での効果、実際にどの場面で使えるのか解説します。
スポンサーリンク