PR

レヴォーグ

記事内に広告が含まれています。

2017年9月9日に「レヴォーグ 1.6GT(D型)」を購入しました。発売日は2017年8月7日でした。

「アイサイト3」の次期バージョンとして「アイサイト・ツーリングアシスト」が搭載され、ステアリング支援機能などが進化しました。「アイサイト・ツーリングアシスト」について解説します。

スポンサーリンク
レヴォーグ

もし、交通事故を起こしたら一生後悔します。アイサイトを選んだ理由

「新型レヴォーグ」への買い替えを決めた理由です。若い頃はドライブが好きで、運転テクニックも自信がありました。しかし57歳になり、「判断の遅れ」を感じるようになりました。安全のため最新アイサイトを搭載したレヴォーグへの乗換えを決断しました。
レヴォーグ

レヴォーグ値引きの秘訣:グレード別の選択と交渉テクニック

メタディスクリプション: 新型レヴォーグの値引き交渉のコツからグレード選択、燃費性能まで、購入前に知っておくべき重要なポイントを網羅。この記事でレヴォーグ購入時の総合的なアドバイスを提供し、賢い選択で理想のレヴォーグを手に入れるための実用的な情報をお届けします。
レヴォーグ

「アイサイト・ツーリングアシスト」と「レーダークルーズ」比較

スバルの「アイサイト・ツーリングアシスト」の解説です。2017年6月に発表された新機能について、「アイサイト」の前身である「SIレーダークルーズコントロール」と比較しました。大きなメリットは、全速度域でのステアリング自動制御です。
スポンサーリンク
レヴォーグ

交通事故で後悔しない!車の選び方、「アイサイト」の安全性

「レヴォーグ」についての解説です。レガシィB4からレヴォーグD型へ乗り換えた理由は、「アイサイト・ツーリングアシスト」です。アクセル、ブレーキ、ステアリングが自動制御になりました。事故を起こす前に、安全性の高い車への乗り換えを決めました。
レヴォーグ

レガシィからレヴォーグへ、AVHとアイドリングストップが便利

レヴォーグD型のAVHとアイドリングストップの解説です。初めてレヴォーグに乗ったときの印象、実際に運転して感じたことです。車の購入を検討しているなら、運転が快適になる最新機能が便利です。車を購入するときは、安全性の高い車を選びたいです。
レヴォーグ

レヴォーグ「アイサイト・ツーリングアシスト」の効果、実際の作動方法

アイサイト・ツーリングアシストの解説です。新型レヴォーグD型は全速度でステアリングの自動操作が可能になりました。アクセル、ブレーキ、ステアリングが自動になります。実際に作動させるスイッチ類についての解説です。
レヴォーグ

バッテリー上がりは新車でもある? いや、新車こそ要注意!

新車のときはバッテリー上がりにならないと思っていました。バッテリー上がりは、5年以上経過している古い車だけと思い込んでいたのです。1ヶ月点検へ出かける時に、新車レヴォーグのドアが、なんと開かなくなりました。納車後わずか3週間での出来事です。
レヴォーグ

バンパー下部のこすりキズを自分でDIY、2時間で安く直した方法

なんと新車レヴォーグのバンパー下部をこすってしまいました。直前にバッテリー上がりで痛い出費があった直後です。ディーラーの修理見積りは3万円、仕方なく自分で直すことにしました。自分で直したところ、作業時間は2時間で6千円で完成しました。
レヴォーグ

これから「レヴォーグの購入」を検討している人に伝えたいこと

レヴォーグを購入するときの解説です。「1.6GT」と「2.0GT」のどちらを選ぶか迷ったときの選択方法です。私は「1.6GT」を購入しました。1年間、実際に乗ってみると、パワー不足を感じたことはありません。トルクがあるので加速も良いです。
レヴォーグ

レヴォーグの「もたつき」を解消できる「アクセルペコペコ」の手順

レヴォーグ 1.6 GT(VM4D型)を購入するときに、「2.0 GT」にしようか迷いました。しかし実際に1年乗りましたが、パワー不足を感じることはありません。ただ少し気になるのが、発進時の「もたつき」です。「アクセルペコペコ」で解決です。
レヴォーグ

ドライブが好きだけど、事故は起こしたくない、最新「アイサイト」

「アクティブレーンキープ」についての解説です。2017年8月に発売された新型レヴォーグに「アイサイト・ツーリングアシスト」が搭載されました。レヴォーグ1.6GT EyeSightを購入して、ほぼ1年間「アクティブレーンキープ」を使いました。
レヴォーグ

アイサイトには純正ドライブレコーダーが安全!旅を楽しむ録画時間

スバル純正ドライブレコーダーの解説です。ドライブの景色を楽しむために、ドライブレコーダーの映像を残す方法です。マイクロSDカードの容量によって、録画可能時間が変わります。録画可能時間が長いマイクロSDカードを選びましょう。
スポンサーリンク