レヴォーグ

2017年9月9日に「レヴォーグ 1.6GT(D型)」を購入しました。発売日は2017年8月7日でした。

「アイサイト3」の次期バージョンとして「アイサイト・ツーリングアシスト」が搭載され、ステアリング支援機能などが進化しました。「アイサイト・ツーリングアシスト」について解説します。

スポンサーリンク
レヴォーグ

加速効果が継続する「RaceChip」!ディーラー入庫前に取り外し

「RaceChip」についての解説です。レヴォーグ1.6GTを12ヶ月点検に出すため、「RaceChip」を取り外しました。点検終了後、なんと「RaceChip」装着時の加速感がそのまま残りました。コンピュータの設定が変わった感じです。
2020.06.22
レヴォーグ

これが本当の効果!「アイサイト・ツーリングアシスト」の必要性

スバルのアイサイト・ツーリングアシストについての解説です。2017年にレヴォーグD型を購入しました。アイサイト・ツーリングアシストは、すべての速度域でステアリング制御が可能になりました。実際に効果があるのか、本当に必要なのか解説します。
レヴォーグ

もし、交通事故を起こしたら一生後悔します。アイサイトを選んだ理由

「新型レヴォーグ」への買い替えを決めた理由です。若い頃はドライブが好きで、運転テクニックも自信がありました。しかし57歳になり、「判断の遅れ」を感じるようになりました。安全のため最新アイサイトを搭載したレヴォーグへの乗換えを決断しました。
2020.04.27
スポンサーリンク
レヴォーグ

損しないよう「車の値引き」について学ぶ、実際の「値引率」

車を購入するときの「値引き」についての解説です。 人生の中で、車は大きな買い物です。値引額の相場が知りたくなります。実際にスバルのレヴォーグD型を購入したときの値引額と交渉経緯です。本体価格の他に必要な付属品や、諸経費等の金額も記載してます。
2020.04.27
レヴォーグ

「アイサイト・ツーリングアシスト」と「レーダークルーズ」比較

スバルの「アイサイト・ツーリングアシスト」の解説です。2017年6月に発表された新機能について、「アイサイト」の前身である「SIレーダークルーズコントロール」と比較しました。大きなメリットは、全速度域でのステアリング自動制御です。
2020.04.27
レヴォーグ

交通事故で後悔しない!車の選び方、「アイサイト」の安全性

「レヴォーグ」についての解説です。レガシィB4からレヴォーグD型へ乗り換えた理由は、「アイサイト・ツーリングアシスト」です。アクセル、ブレーキ、ステアリングが自動制御になりました。事故を起こす前に、安全性の高い車への乗り換えを決めました。
2020.04.27
レヴォーグ

楽すぎて止められない、スバル車の「AVH」、アイドリングストップ

レヴォーグのAVHなど、運転がしやすい便利な機能の解説です。初めて乗ったときの印象や実際の運転で感じたことです。車の購入を検討しているなら、運転操作が楽になる最新機能が役に立ちます。安全性の高い、疲れにくい車を選びましょう。
2020.04.27
レヴォーグ

交通事故は絶対に嫌だ!スバルの「アイサイト・ツーリングアシスト」

アイサイト・ツーリングアシストの解説です。新型レヴォーグD型は、全速度でステアリングの自動操作が可能になりました。アクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてが自動になります。運転に自信のない人、運転が不安な人、40歳以上の人におすすめです。
2020.04.27
レヴォーグ

新車のとき絶対NG、室内ランプで「バッテリー上がり」?

新車のときに注意したいのが、意外にもバッテリー上がりでした。納車された直後は、ルームランプのスイッチに慣れてません。ついランプを消し忘れてしまうのです。納車後わずか3週間で、バッテリーを交換しました。3万6千円の出費はかなり痛いです。
2020.04.27
レヴォーグ

素人が「バンパーのキズ」を自分で補修、実際の作業を写真で解説

車のバンパーこすりキズを自分で補修する方法です。新車レヴォーグのバンパー下部のキズ補修は、スバルのディーラーの見積もりで3万円でした。仕方なく自分でdiyで6千円で補修しました。作業時間は2時間で、思っていたより簡単に補修できました。
2020.04.27
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました