SMAP解散までのわかりやすい経緯、芸能界の怖さを感じた生謝罪

スポンサーリンク
イギリスのロンドンその他
イギリスのロンドン

SMAPが正式に解散発表するまでの経緯を簡単にわかりやすくまとめました。解散の発端になった週刊誌のインタビュー記事から、生謝罪、活動休止、解散発表までの経緯です。それぞれの段階でSMAPメンバーそれぞれの気持ちが揺れ、最終的にやむを得ず解散した状況がわかります。

この記事の感情部分は、管理人自身の感想です。本当の気持ちはSMAP本人たちしかわかりません。

スポンサーリンク

SMAP解散の発端は週刊誌

2015年1月 週刊誌のインタビュー記事

ジャニーズ事務所副社長へのインタビュー記事が週刊誌に掲載される。

副社長は、SMAPのマネージャーに対して「(自分の娘との)派閥争いは許さないこと、もしマネージャーが派閥争いするなら、SMAPを連れて出て行きなさい」と発言。さらにジャニーズ事務所の中でも、「SMAPは踊れないグループ」などと、SMAPを批判した。(実際には、週刊誌記者に煽られて発言した感じの内容、ジャニーズの派閥争いをネタに仕向けたのかもしれません。)

2015年8月頃 マネージャーが独立を計画

SMAPマネージャーが、ジャニーズ事務所の退社と独立を計画

2015年11月 4人が独立を決断

中居くん、稲垣くん、草彅くん、香取くん4人が、マネージャーと一緒に独立することを決断。木村くんは独立について明確に反対せず。木村くんはジャニーズ事務所への恩義を感じ迷い始めていた。

スポンサーリンク

木村くんが残留を決断

2015年12月後半 木村くんが残留を決心

木村くんは、ジャニーズ事務所残留を決断。

2016年1月12日 マネージャーが辞任

マネージャーが、ジャニーズ事務所の関連会社「取締役」を辞任

2016年1月13日 SMAP解散スクープ

「SMAP解散、独立クーデター」などと報道される。

マネージャー退社に伴い、中居くん、草彅くん、稲垣くん、香取くんが独立を計画していると報道された。木村くんはジャニーズ事務所に残留するので、独立クーデターは失敗との報道もあり。

スポニチ 「SMAP分裂危機 退社も」

日刊スポーツ 「ジャニーズ激震 SMAP解散」

スポンサーリンク

テレビ放送で生謝罪

2016年1月18日 生謝罪

「SMAP×SMAP」生放送で、SMAP全員が並んで「生謝罪」

木村くんがSMAPメンバーをリードして、解散を否定する謝罪会見。メンバー全員が顔面蒼白で、無理矢理に謝罪させられていることが明らか。「生謝罪」や「公開処刑」とまで言われた。

2016年1月 国会で話題に

国会答弁でSMAP解散が話題になる、 安倍首相の答弁
「多くのファンの期待に、また、願いに応えて、グループが存続するということは、良かったのではないかと思っています。」

2016年5月4日 ジャニー氏が解散を否定

ジャニー喜多川社長が、SMAP解散を明確に否定。ジャニー喜多川社長は、「25周年コンサートをやりたい」とSMAPメンバーへ話す、しかし前向きな返事はなかった。

2016年6月7日 ファンクラブで解散を否定

ファンクラブ会報誌で、メンバー全員が「解散しない」と明言

2016年6月16日 ジャニー氏が説得

ジャニー喜多川社長に呼ばれて、SMAPメンバー5人が集まる。

みんな不機嫌な顔で、聞かれたことしか話さない。

香取くんと草彅くんは「5人では出来ない」の一点張り。中居くんは、「吾郎、剛、慎吾を守らないといけないので同調する」と話す。

木村くんは、「仕事やるために解散騒動を乗り越えたのに、なんでやんないの?何があろうとやるべきじゃん。はぁ、俺には全然わかんないわ」とイラついていた。

ジャニー喜多川社長が、3つの提案をする。

「スマスマ20周年」を記念し、日本武道館で感謝祭を9月に実施

紅白歌合戦出場

ジャニーズカウントダウンコンサートに出て、ファンに感謝の気持ちを伝える

しかし、木村くん以外のメンバーは、いずれも拒否した。

6月以降も、ジャニー喜多川社長とメンバー5人で面談。5人で2度、個別で2度、ジャニー喜多川社長が面談した。

香取くん、草彅くん、稲垣くんは、「解散は望まないが5人ではやりたくない、やれないんです。」と発言。(木村くんとは一緒にやれないという意味)

それを聞いた木村くんは、「は、なんで?、5人でやるために残ったんじゃないの?」

スポンサーリンク

活動休止を提案

2016年7月4日 活動休止の提案

ジャニー喜多川社長が5人と会談。16日と18日の音楽番組への出演はどうするのとSMAPメンバーへ聞くと、「今の状況で5人で一緒に歌うのは難しい」との返事。仕方なく出演見送り。
ジャニーズ事務所は、音楽番組に出ない状態が続くのは、ファンの不安を煽るだけ、しばらく活動を休止したほうが良いと提案。

2016年7月11日 音楽特番のオファー見送り

7月の音楽特番のオファー見送り

木村くん以外のメンバー4人が、一緒にステージに立つことに、首を縦に振らなかった。

香取くんは、「ステージに立てない」、「立ちたくない」、「今の状況では立てない」、香取くんの虚脱感が大きかった。

2016年7月25日 活動休止の判断を会社へ一任

事務所幹部とメンバーが個別面談。
稲垣くん、草彅くん、香取くんは、活動休止について会社に一任。

2016年8月4日 木村くんも活動休止を了承

木村くんは、活動休止を了承するが、SMAP復活を希望。木村くんは「なんで25週年ツァーできないかなぁ」と発言。

2016年8月5日 中居くんも活動休止を了承

中居くんは、事務所の判断には逆らわず、「4人はそういう意見ですか、わかりました」と話す。

2016年8月5日 活動休止で合意

メンバー全員が活動休止で合意する。
木村くんはハワイへ夏休み

スポンサーリンク

メンバー4人が解散申し入れ

2016年8月10日 ジャニー氏へ解散を申入れ

事態が急転。

木村くん以外のメンバー4人が、ジャニー喜多川社長を訪れる。香取くんが、「休むより解散したい」と強く主張。草彅くん、稲垣くんも同調。中居くんはとても驚いた様子だったが、「解散でいいと思う」と仕方なく同調した。

活動再開が見えない状況で、中途半端な形で、ファンに期待を持たせたくないこと、潔く解散したい、というメンバー4人の気持ちを伝えた。中居くんは、SMAP存続を模索していたが、押し切られる形になった。

2016年8月11日 事務所が解散を決断

ジャニーズ事務所幹部が協議、「2016年12月31日をもって解散」と苦渋の決断

スポンサーリンク

SMAP解散発表

2016年8月14日(日) 「SMAP解散」を正式に発表

午前1時 、ジャニーズ事務所が各社へFAXし、SMAP解散を正式に発表した。 香取くんの生放送終了後に発表した。

解散発表時のコメント

木村くん「情けない」

中居くん「許して」

この言葉が、素直な気持ちを表現しています。当時のSMAPメンバーの状況が伝わります。

木村くんは、SMAPとして活動を続けられないメンバーに対して、「情けない」と感じたのでしょう。(もっと大人の対応できないのか)と、イラついたのです。

中居くんは、香取くんの「もう解散したい」という気持ちを翻意させることができず、結果的に解散になってしまい、ファンに対して「許して」と感じたのでしょう。

スポンサーリンク

SMAPファンの凄さを感じる

SMAPの解散は、国民的アイドルグループということを世界中が再認識することになりました。世界のメディアが報じ、日本では国会でも質疑になったのです。誰もがSMAPの影響力を確認することになりました。

しかし驚いたのは、ほんとのSMAPファンでした。

普通のファンなら、ただ単に「解散反対!」と騒ぐだけでしょう。男性の私でさえSMAPのひたむきな姿勢に元気をもらっていました。「解散して欲しくない」と心から願っていました。SMAP解散の正式発表によりショックを受け、自然と涙が溢れてきました。

ところがSMAPファンは、解散に反対して騒ぐような行動はありませんでした。むしろ騒いで反対していたのは、SMAPファンでない人たちが多かったです。

SMAPファンは、「もう、これ以上、SMAPを苦しめたくない」と思っていたようです。解散をめぐるトラブルで、SMAPを追い詰めたくないと考えていたのでしょう。ほんとにSMAPを愛しているのです。

「SMAPファン」の凄さを感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました