ミニノートを高性能パソコンに変身させる方法

2011年7月の記事です。

性能が良くなったノートパソコン

ノートパソコンの価格競争が激しくなり、今は5万円を切るミニノートというパソコンが流行となっています。

安いと言ってもハードディスクは160GBもあり、CPUスピードもかなり早いです。7年前の30万円クラスの高性能パソコンと、同じくらいです。

インターネットとメール、文章作成のword、表計算のexcel、accessくらいの使用であれば、全く不自由ありません。むしろ十分すぎるくらいのスペックです。

ただし、今流行のオンラインRPGをやろうとすると、少しハードルが高いです。インターネットを利用してのゲームとなるので、それなりのマシンスペック(ほとんどがグラフィック性能に依存しますが)が必要です。

ミニノートの欠点、ボタンが見えない

ところが、ミニノートにとって致命的な欠点があります。

それは、モニター画面のハード的な限界です。

画面の横の長さはギリギリセーフですが、縦の画面が少ないのです。つまり1024*600が最大です。

通常のパソコン(画面が15インチクラス)なら1024*765が普通です。画面サイズは横*縦なので、縦サイズが短いのです。

そうなると、結構使いづらいです。

いろいろなウィンドウ画面で下部が表示されません。

そしてほとんどのソフトではOKボタン(実行ボタン)や取り消しボタン(キャンセルボタン)はウィンドウの下部に配置されているため、実際に表示させると、画面の下部を超えてしまい画面上に表示されないという現象となります。

簡単にいうと、ミニノートでは、ソフトにもよりますが、OKボタンが押せないという悲惨な状況になります。

また、ゲームソフトによっては、ミニノートのグラフィック性能ではスローモーションになってしまい使い物にならないものもあります。

そこで登場するのが、遠隔操作です。

ミニノートから遠隔操作

家の中なので、隅っこに性能の高いパソコンを置き、それに遠隔操作ソフトを導入して、ミニノートパソコンから操作するのです。

そうすれば、ミニノートパソコンが高性能パソコンとして使用できます。

もし、パソコンが複数あるなら、同時にパソコンを起動させて片方のパソコンから遠隔操作すれば、すごい効率的になります。

遠隔操作ソフト RealVNCをインストール

最初にソフトを入手します。

GoogleやYahooなどの検索サイトで「RealVNC」と入力すると、検索結果に日本語インストール版があると思います。日本語版が便利です。

インストールは、普通に終えます。

遠隔ソフトでは、サーバーとビューワが対になります。

操作をする側がビューワーで、操作をされる側がサーバーとなります。

サーバー側でパスワードを設定し、ビューワで遠隔操作します。

RealVNCの設定方法

それでは、実際の使用方法です。

最初にサーバー側でパスワードを設定します。

操作されるパソコン(サーバー側)で、「VNCサーバーの起動」を選択し実行します。

Windows右下にVNCサーバーのアイコンが表示されますので、右クリックして「オプション」を選びます。

認証画面で、VNCパスワード認証にチェックを入れ、環境設定ボタンを押します。するとパスワード入力画面になるので、好みのパスワードを入力します。これで設定完了です。

遠隔操作

操作する側(ミニノート)、ビューワ側にもRealVNCをインストールします。

ビューワ側(操作するパソコン)の設定ですが、設定は特にありません。

「VNCビューワの起動」を実行すると「接続詳細」というメニューが表示され、サーバ名を入力するよう求められます。

「IPアドレス:0」と入力します。

例 192.168.1.1:0

OKボタンを押すとサーバ(操作されるパソコン)との通信が開始され、パスワードを入力する画面が現れます。サーバの設定で使用したパスワードを入力すれば遠隔操作開始です。

以上で簡単に操作できます。

これは便利です、ミニノートで他のパソコンを遠隔操作できてしまいます。遠隔操作で、ミニノートが高性能パソコンに変身します。

関連コンテンツ
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告