「Googleドライブ」の保存先を変更する方法、容量オーバー対策

スポンサーリンク
旧 国立競技場 2014年パソコン
旧 国立競技場 2014年

「Google ドライブ」の保存先を変更する方法です。オンラインストレージとして便利な「Google ドライブ」ですが、使っているうちに容量が大きくなります。「Google ドライブ」の初期インストール先を、他のドライブへ変更して、容量オーバーを防ぎましょう。

スポンサーリンク

「Google ドライブ」のメリット

 

無料のオンラインストレージは、たくさんあります。どれにしようか迷うところです。

 

なかでも「Google ドライブ」は、パソコン上で普通のフォルダと同じように扱うことができ、オンライン上にもリアルタイムでファイルが保存されます。万が一、パソコンが壊れてもオンライン上のファイルが守られます。

 

また、オンラインストレージは、複数のPCやスマホからアクセスできます。会社で作りかけの資料を、通勤途中や自宅で修正するなど、端末や場所を選ばずに使えます。

 

スポンサーリンク

保存容量が大きくなる

 

「Google ドライブ」は、インストールすると、マイドキュメント内に自動的に「Google ドライブ」用フォルダが作成されます。ところが、使っているうちに容量が増えてしまい、「Google ドライブ」がCドライブを圧迫するようになってしまいました。(パソコンのCドライブ容量が小さすぎるのが原因なのですが。)

 

そこで、「Google ドライブ」の保存先を、増設したハードディスクへ変更したくなりました。変更方法を調べると、初期インストールした場所以外には変更できないなどの記事もありました。悩んでいたところ、ふとしたことから解決方法が見つかりました。

 

実は、保存先の変更を諦めて、仕方なく「Google ドライブ」を一度削除したのです。しかし、パソコンを使っているうちに、やはり便利だった「Google ドライブ」を、再び、使いたくなりました。そこで「Google ドライブ」を、新規にインストールし直そうとしたところ、なんと最初のインストール画面で保存先を設定できることがわかりました。

 

スポンサーリンク

「Google ドライブ」保存先の変更方法

 

変更方法は、一度「Google ドライブ」のソフトをアンインストールし、再度インストールする際に、「詳細設定画面」で保存先を変更します。

 

1.「Google ドライブ」をアンインストール
ただし、ソフトをアンインストールするだけで、実際のフォルダは削除しない。

 

2.再度、「Google ドライブ」ソフトをインストール

 

3.最初のインストール画面で、詳細ボタンを押し、保存先フォルダを設定。ここでDドライブなどを選択できます。

 

4.同期が完了したら、内容を確認し、マイドキュメント内の古い「Google ドライブ」のフォルダを削除する。

 

以上で、「Google ドライブ」の保存先を変更できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました