教習4時限、一本橋が鬼門で教官に怒られた

教習4時限、一本橋が鬼門で教官に怒られた

10月12日(日)
(過去の乗車実績9月27日、10月4日、10月11日)

今日は朝早いのですが、台風が近づいていることもあって、珍しく10人ほど自動二輪の教習生がいます。

大型は二人でした、中型と一緒に教習を始めます。

教官の後ろに、大型自動二輪がついて、その後ろに中型二輪がついて教習します。

乗車手順

さて、スタートです。今日は乗車から教習の手順どおりに行います。

前輪ブレーキを握り、スタンドを外します。

右後方を確認し、ナナハンに跨ります。

跨ったら、リアブレーキを踏みます。

左右のサイドミラー(バックミラー)を調整します。

クラッチを切り、スイッチをオンし、作動チェックランプが消えたら、ニュートラルを確認し、セルスタータを押します。

エンジンが始動したら、ギヤをローに入れて、リアブレーキを踏んでから、右の方向指示器を出し、右後方を確認してからスタートします。

スタートしたら、すぐにギアを2速に入れます。

教習所では、ローギヤを使うのは、スタート時と一本橋だけのようです。

今日は10人が連なって教習しました。

自動二輪コースの外周をゆっくりと走り、八の字走行をします。2回くらい行った後、スラローム走行に入ります。

一本橋

スラローム走行の後、二速のまま一本橋に入ります。これは余裕でクリアーしました。

スラロームから一本橋というパターンを3回ほど繰り返します。

次に、一本橋の前で、一時停止してからローギヤのまま渡ります。

やはり、一本橋を鬼門と思っていることもあって、ローギヤでは7割くらいしか成功しません。ヨロヨロして落ちたりしてしまいます。

それでも、前回よりは良くなっているかもしれません。

トライアル経験が一本橋にマイナス

一本橋を渡っている途中でバランスが崩れた時に、反射的に上半身を動かしてバランスを取ろうとしてしまいます。

トライアルバイクなどの軽いバイクなら、上半身を動かすことによって体重移動でバランスがとれますが、ナナハンなどの重量オートバイは、上半身を動かしてもバランス調整になりません。

オートバイ自身のハンドルを左右に切ってバランスを取るのが大事なようです。

しかし、頭では理解できても、いざ一本橋に入り、あ、落ちそう、と思ってしまうと、ついパニクッてしまい、上半身や頭を動かしてしまい、ハンドルを左右に動かすのが遅れ、すぐにバランスが崩れ、一本橋から落ちてしまいました。

一本橋が鬼門

あああ、やはり、一本橋が鬼門だぁ!

スラロームと一本橋を5回くらい繰り返した後、クランクとS字を繰り返します。

何回か繰り返したところで、大型自動二輪だけ、クランク、S字、波状路を繰り返します。この3つは得意なので余裕です。中型自動二輪はクランクとS字の二つを繰り返していました。

途中で、遅い中型自動二輪がいたので、先に行こうと思い、やや強引に割り込むような形になったところで、若い教官に呼ばれ怒られました。

中型自動二輪の教習生は初心者が多いから、急に止まれないし、運転が上手くないのだから、大型自動二輪の方が周りを注意して、道を譲るように言われました。まあ、怒られても仕方ありませんね。かなり強引な割り込み運転でしたから。

なんか遅い中型自動二輪で、トロトロ走っていたので、教習時間がもったいないと思い、割り込んで先に走ってしまったところを見つかったので、怒られても仕方なかったのです。

広告