6年間故障してないレガシィB4とアイサイト前のSIレーダークルーズ

パドルシフトと馬力でレガシィB4を購入

私が、レガシィB4を購入することに決めた理由は、F1と同じパドルシフトでギアチェンジが可能なこと、エンジン出力が250馬力以上あることでした。

他に迷ったのは、トヨタのマークXですが、すぐに迷いは消えました。

レガシィB4は、すでに、6年経過しますが、エンジンはとても調子が良いです。

土日しか乗らないので、走行距離が3万5000キロと少ないせいかもしれませんが、今までの修理といえば、バッテリーを新品に3万円程度で交換しただけで、他は壊れていません。

6年間故障してないです。

さすがスバル車です。

今のところ、タイヤもブレーキパッドも問題ありません。

SIレーダークルーズの凄さ

つくづく感心しますが、レガシィのSIレーダークルーズ(アイサイトの前の機能)は、本当にスゴイです。

高速道路は、ハンドル操作だけで、アクセルもブレーキも完全に自動操作されます。

車間距離が自動で確保されるのですから、これほど楽なことはありません。

運転していて、目の疲れや肩の凝りなどの疲労が全くないのですから。

SIレーダークルーズは、高速道路で使うのが良いと言われていますが、一般の道路でも十分に使えます。

私は、都内の一般道を走るときも、常にSIレーダークルーズをセットします。

車間距離の設定は最短に変更しますが、それ以外は高速道路と同様です。

信号が赤に変わったときは、通常のブレーキで停止し、信号が青に変わったら、アクセルを少しふかし、SIレーダークルーズの再動作ボタンを押します。

すると、後は、アクセルもブレーキも自動なので運転は楽ですし、ぶつかりそうな危険なときは、ブザー音で警報が鳴りますから安心です。

SIレーダークルーズが、作動した自動運転の状態の写真です。

スピードは、最高114キロまで設定可能。

緑の上三角マークが、レーダーが作動しているところ、メーターから時速20キロの渋滞中であることがわかると思います。

関連コンテンツ
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告