スポンサーリンク

高速料金上限1,000円の効果、東京から指宿温泉まで2,900キロ走行

レガシィB4レガシィ
レガシィB4

高速道路料金の上限1000円制度を利用したドライブの解説です。東京から指宿温泉まで、愛車レガシィB4で2,900kmドライブしました。高速料金上限1000円のメリットは大きかったです。廃止される前のゴールデンウィークに挑戦しました。

スポンサーリンク

高速料金1000円を利用して日本半周

2009年3月28日から高速道路の定額料金制度が導入されました。土日と休日のみ、ETC限定などの利用条件がありますが、高速料金の上限が1000円です。ドライブ好きな人にとっては、すばらしい制度です。しかし、2011年6月19日に廃止予定です。そこで高速料金上限1000円の廃止前に、ゴールデンウィークを利用して、思い切りドライブを楽しみました。

 

2011年5月1日から、愛車スバルのレガシィB4で日本半周に挑戦しました。日本一周も考えたのですが、3月11日に発生した「東日本大震災」の復旧を、邪魔するような行為はすべきでないと判断しました。

 

レガシィB4は、2008年式の「Siレーダークルーズ」搭載車です。「アイサイト」の前身と言える装置です。「Siレーダークルーズ」は、走行時のアクセルとブレーキ操作を自動化してくれます。停止はできませんが、通常の高速走行なら、ハンドル操作だけ気をつければ良いのです。ものすごく運転が楽になります。

 

2008年の購入当時は「アイサイト」が初めて発売されるときで評価がわからず、「アイサイト」は選択しませんでした。今(2019年7月)思うと、「アイサイト」を選択しておけば良かったです。

 

レガシィB4で、東京(杉並区)の自宅から、九州の指宿温泉にある「砂むし温泉」へ行きました。以下は走行メモです。距離数は、東京(杉並区)の自宅を出発してからの距離数(Km キロメートル)です。

 

スポンサーリンク

「1日目」自宅を出発

2011年(平成23年)5月1日

03:30 自宅出発

前日は、遠足へ行く前の小学生のように興奮してしまいました。まったく眠れず、それなら深夜の方が空いてると思い、夜中の3時半に出発しました。

 

03:50 東名IC

 

04:48 駒門PA 100.9Km

 

05:00 駒門PA 出発

 

06:00 えび丼750円

 

10:00 美合PA 304.4Km
岡崎市渋滞

 

12:20 鈴鹿IC

 

12:30 土山SA やきそばとおにぎり750円、ガソリン4,000円

 

16:07 福石PA 627.3Km 休憩
山陽IC 2,600円

 

18:38 桃太郎温泉 662.2Km

 

19:33 桃太郎温泉出発
眠れなくて走る 772.9Km
高坂PA

 

スポンサーリンク

「2日目」興奮して眠れない

 

レガシィB4は、意外に思うと思いますが、シートがフルフラットになります。しかし、運転席と助手席のシートはバケットシートなので、丸みを帯びてます。エアーマットを敷けば気にならないです。身長が180センチ以上あると、少し身体を曲げないと眠れません。

 

車中泊は眠れませんでした。気合が入りすぎて興奮しているせいです。疲れているはずなのに眠れない状態でした。

 

5月2日

05:38 高坂PA 起床、洗面、パンで食事

 

15:51 指宿スカイライン料金所 1,394.1Km

「ホテル 海洋」 1,443.8Km
宿泊料金は、ビール1本と朝食、夕食付で6,800円

ホテル海洋は、かなり安い宿でした。普通に寝られるだけで十分でした。やはり車中泊と違い熟睡できました。

 

スポンサーリンク

「3日目」眠気と温泉

5月3日

07:53 出発 敦賀ICへ向かう

 

11:00 山江SAで大渋滞にはまる。トンネル内が渋滞。1,615.5Km

 

23:00 温泉出発

 

00:54 美東SAで車中泊 1.940.9Km

 

スポンサーリンク

「4日目」美東SAで眠れず

5月4日
06:00 美東SAで起床、おにぎり(350円)とお茶(120円)で朝食、洗顔

 

06:24 美東SA出発 1,940.9Km

 

20:00 草津PA 2,462.6Km

 

22:26 草津PA出発

 

スポンサーリンク

「5日目」ようやく自宅に到着

5月5日

5日目に入ると、「ドライブ疲れ」を感じるようになりました。車中泊で熟睡できないため、その疲れも蓄積しているようでした。ドライブを楽しむ感覚はなく、何しろ早く帰りたいという状況でした。

慢性的な睡眠不足のせいか、高速道路の連続ドライブは、1時間が限界でした。1時間を超えると居眠り運転しそうになります。すぐにサービスエリアに入り休憩しました。休憩しても眠れないので、10分くらいで走り出す感じでした。

11:36 自宅到着 総走行距離 2.913.7Km

チョクチョク休憩しながら、ようやく自宅に到着しました。

 

スポンサーリンク

まとめ、ひとりドライブの「寂しさ」

東京都杉並区にある自宅から、鹿児島県の指宿温泉まで、愛車レガシィB4で走りました。

 

往復の所要日数
5月1日から5月5日までの5日間

 

総走行距離 2.913.7Km

 

1日の平均走行距離 582Km

 

高速道路を使うと、1日で580Km走れました。これはすごい体験でした。わりと走れるもんです。580Kmという距離は、東京から神戸を超えて「姫路」まで走れます。

 

今回の日本半周は、ひとり旅でした。もともと、高速料金が千円定額のうちに、思い切りドライブすることでした。なるべくお金をかけないよう車中泊でした。そのため妻や娘たちは、家に置いてきました。(実際は、妻も娘も別の用事があり、誘っても興味なさそうでした。やはり「男のロマン」がわからないのです。)

 

出発して2日目あたりまでは、気合いも入っていて、ドライブは楽しかったです。ただ車中泊で熟睡できず、十分に寝られないのが残念でした。これは、おそらく私が「神経質」だからです。考えてみれば、夜中に蚊が飛んでいるだけで、眠れない性格です。高速道路のサービスエリアで、常に車が出入りする状況では、車中泊は厳しかったです。

 

そして3日目から、かなり「ホームシック」になりました。私は51歳です。それなのに、なぜか「ひとりで寂しい」感覚になりました。特に、目的地の指宿温泉から帰るときは、「早く家に帰りたい」と思うようになりました。ドライブを楽しむよりも、「少しでも早く家に帰って、ゆっくり寝たい」と思いました。指宿温泉に到着して、目的を達成したことや、不眠からくる「ドライブ疲れ」があったのかもしれません。

 

しかし、高速料金1000円で貴重なドライブ体験ができて、大満足でした。

 

詳細な記録は次の記事です。
https://home.mynsworld.com/tokyo-hiroshima/

コメント