誰でも簡単!「ブレーキランプ」を自分で交換する方法

スポンサーリンク
レガシィ B4 ブレーキランプ交換レガシィB4
レガシィ B4 ブレーキランプ交換
レガシィB4

スバル「レガシィB4」の「ブレーキランプ」交換方法です。オートバックスでランプを購入して、自分で簡単に交換できます。作業時間は、わずか5分くらいです。工具は「10円玉」だけです。工賃がもったいないので、自分で交換しましょう。

スポンサーリンク

「ブレーキランプ」が切れる

 

2013年6月23日(日)、愛車「レガシィB4」のブレーキランプが切れました。2008(平成20)年4月登録の CBA-BL5型式です。

 

スバルのディーラーへ修理をお願いしようかと思いました。しかし、前回の車検のときに無料点検の「安心パック」へ加入しませんでした。部品代の他に工賃が必要かもしれません。

 

それならオートバックスの方が安いはずです。

 

ネットで調べると、かなり簡単に、自分で交換できるという情報がありました。それなら自分で交換しようと思いました。

 

スポンサーリンク

オートバックスで「ブレーキランプ」購入

 

早速、オートバックスへ行き、店員さんへ、ブレーキランプが置いてある場所を尋ねました。店員さんへ車種と年式を伝えると、分厚いカタログを見ながら、ブレーキランプを選んでくれました。

 

小糸製作所の自動車用電球 4-02 12V 21/5W というものでした。

 

2個入りで税込で399円でした。

 

 

ちなみに、ランプの交換を、オートバックスへ依頼すると、工賃は1か所525円とのことでした。

 

自分で交換すれば、2か所399円で済みます。オートバックスへ頼めば工賃込みで1,499円必要になります。

 

今回は、スバルのディーラーへは行ってないので、想像にすぎませんが、おそらくオートバックスよりは高いと思います。2,000円くらいは余計にかかるかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

実際の「交換方法」

 

「レガシィB4」のブレーキランプ交換は、とても簡単でした。

 

トランクを開け、ブレーキランプの裏側を見ると、簡単なふたがあります。

 

ふたの上部にネジがあります。ドライバーあるいはコインで90度回すと簡単にカバーが外れます。

 

 

 

カバーを開けると、ランプのソケットがあります。少しひねるとソケットが外れます。

 

 

ソケットが外れたら、ランプを引き抜くだけです。

 

とても簡単でした。3分もかかりません。

 

ランプを引き抜く時に、少し力が必要です。力の弱い女性には、少しむずかしいかもしれません。男性の力なら「あっ」という間に交換できます。

 

 

工賃がもったいないので、自分で交換した方がお得です。

 

ドライバーか、10円などのコインだけで作業が完了します。

 

ブレーキランプが切れたのは、右側だけです。しかし、せっかくなので両方交換しました。

 

古いランプは、このように黒ずんでいました。まあ、5年経過ですから寿命でしょう。

レガシィB4 ブレーキランプ交換

レガシィB4 ブレーキランプ交換

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました