音楽CDをスマホへコピーする方法、CDAファイルをCDexでMP3へ変換

スマホで音楽CDを聞く

スマホを音楽プレーヤーとして使いたい人は多いと思います。

自分で買った音楽CDを、スマートフォン(スマホ)に入れて持ち歩いて聞きたいものです。

音楽CDは、ファイル形式(拡張子)がCDAです。

最近のパソコンなら、そのまま、音楽CDのファイル形式であるCDAファイルを再生できますが、スマホの機種によって、再生できないことがあるようです。

私も、スマホのXperiaに音楽を入れて、昼休みに癒されようと思いました。

ところが、CDからXperiaへ、ファイルを直接コピーしましたが、再生できませんでした。

おかしいなと思い、Xperiaで再生可能なオーディオファイル形式 を調べてみると、次のとおりでした。

MP3、3GPP、MP4、AMR、AMRWB、WMA、SMF、XMF、WAV、iMelody、RTTTL/RTX、OTA、Ogg vorbis

こんなにたくさんあるのに、CDAがないとは・・

後でCDAファイルは、音楽ファイルそのものでないことを知りました。

CDexで、CDAファイルをMP3ファイルへ変換

そこで、CDAファイルをMP3ファイルへ変換するソフトを探しました。

検索サイトで CDA MP3 と入力するとたくさんあります。その中で選んだのがCDexです。

CDex

http://cdexos.sourceforge.net/

CDexは、変換処理が早く、さらに日本語にも対応してます。

CDAファイルをMP3ファイルへ変換してから、スマホへコピーすればバッチリ再生できます。

CDexの使い方で、少し悩むのが、変換後のファイルの出力先です。

メニュー画面のオプション→設定画面で、最初に設定してから変換するのがおすすめです。

音楽CDを家庭でコピーするのは合法?

平成24年10月1日から、著作権法が改正され、音楽CDについては、コピー防止機能「技術的保護手段」がなければ、リッピングして、個人でコピーし使用することは、違法ではありません。

ただし、コピー防止機能「技術的保護手段」を解除すると、著作権法違反になります。

著作権法は、度々改正されるので、コピーするときには、違法性がないか確認するのが安全です。

関連コンテンツ
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告