仮想PCへ「Windows7」をインストールするとき、メモリーに注意

スポンサーリンク
清里丘の上公園ドッグランパソコン
清里丘の上公園ドッグラン

仮想PCの「インストールエラー」についての解説です。仮想PCへ「Windows7」をインストールしようとしたところ、エラーが発生してしまいました。原因は、仮想PCのメモリー設定でした。メモリーを増やすことで解決しました。

スポンサーリンク

仮想PCに「Windows7」が必要な理由

Androidアプリの開発環境は、ここ1年(2010年)の間に、急激に進歩してきました。最初の頃は、開発環境と言えば、実質的に「JDKとEclipse」でした。JAVA言語でのプログラミングが王道でした。今(2011年9月)は、無数の開発環境が出現してきました。

 

私は、もちろん、今でも「JDKとEclips」での開発です。しかし、実際に使用してみると、開発を始めるまでの「インストールや設定」が、やたらと複雑で、ややこしいです。パソコンに詳しくないと、かなりハードルが高いです。もしかしたら、開発環境のインストールがむずかし過ぎて、Androidアプリの開発を諦めてしまう人も多いと思いました。

 

そこで、自分自身の勉強も兼ねて、実際の「JDKとEclips」インストール方法を、くわしく解説しようと考えました。

 

2011年現在、利用者の多い「WindowsXP」と「Windows7」の両方で、「JDKとEclips」のインストールを行います。そのためには、まっさらな状態のWindowsが必要です。Windowsをインストールした直後の状態が欲しいです。

 

そうなると、現在のWindows7上で、仮想PCを利用して、あたらしく「WindowsXP」と「Windows7」の仮想マシンを作成します。

 

スポンサーリンク

「Windows7」の「インストールエラー」

 

まっさらな状態のWindowsが欲しいので、仮想PC上に、「初期状態のOS」を用意します。

ところが、「Windows7」のDVDを入れて、仮想PCを起動すると、次のエラーです。

 

エラー内容

 

例外 不明なソフトウェア例外(0xe0000100)がアプリケーションの0x75b59617で発生しました。

 

仮想PC

 

 

いきなり最初につまずきショックでした。仮想PCを再起動しても同じ症状です。

 

 

もしかしたらインストールDVDが汚れているのかもしれないと思い、DVDを取り出して、ティッシュでそっと拭いてみました。窓ガラスを拭くように、息を吹きかけながら、やさしく拭きました。

 

しかし、また、エラーです。

 

インストール用のDVDを少し読み込んだ段階(2分後くらい)で、画面が青くなったところで次のエラーです。

 

 

例外 不明なソフトウェア例外(0xe0000100)がアプリケーションの0x75b59617で発生しました。

 

もしかして、インストールDVD自体が壊れたのかも?

 

焦りました。

 

ネットで調べたところ、解決方法がありました。

 

エラー画面をスナップショット(PrintScreen)しておき、検索サイトで 「 Windows7 例外 不明なソフトウェア 」で検索してみたら解決方法が見つかりました。

 

スポンサーリンク

仮想PCでのエラー解決方法

 

解決方法は簡単でした。

 

「メモリが少ない」と、このエラーがでます。

 

仮想PCの設定画面で、メモリを見ると256MBです。

 

これが原因でした。

 

メモリを1GBに再設定して、インストールが無事に始まりました。

コメント