生活費

スポンサーリンク
AdSense

若い人にも負けない「老後に役立つ資格」と「AdSense」で稼ぐ方法

定年退職後の「再就職に役立つ資格」と「老後の生活費を稼ぐ方法」です。老後の再就職は、特別な資格がないと厳しいです。会社側は若い人を優先して採用します。現役時代に備えたい国家資格と、65歳を過ぎても稼ぎ続ける「AdSense」の解説です。
2021.05.12
AdSense

あなたは「老後の生活費」を知ってますか? ひとり暮らしは不利?

老後に必要な生活費の詳しい解説です。総務省の調査による平均的な生活費は、ふたり暮らしで月額24万円、ひとり暮らしで月額16万円です。また、ゆとりある老後の生活費は、夫婦ふたりで月額36万円です。平均的なデータから、くわしく解説します。
2021.02.21
人生100年時代

この方法があった!「60歳から稼げる」、若い人にも負けない!

老後に稼ぐ方法です。 老後の不安は、やはり生活費です。贅沢はいらないけれど、質素に暮らしたい。そう思う人が大半です。定年後も収入を稼げる新しいビジネスモデルです。高齢者が「好きなことで稼ぐ」Adsenseも早い時期に始めた方が良いです。
2021.02.21
人生100年時代

老後の生活費が心配? 「平均的な老後の生活費」と「老後資金」

老後の生活費についての解説です。総務省の2017年データによると、60歳以上の「平均的な生活費」は、ふたり暮らしで月額24万円、ひとり暮らしで月額16万円です。また、ゆとりある老後の生活費は、夫婦ふたりで月額36万円です。
2021.02.07
人生100年時代

知らないと損する「老後の生活費」試算方法、「老後資金」の解説

老後に必要な「最低限の生活費」の解説です。平均的な生活費ではなく、ギリギリまでの節約を想定した「最低限必要な生活費」と、準備したい「貯蓄額」の解説です。人生100年時代を想定して計算しました。やはり「持ち家」と「ふたり暮らし」が有利です。
2021.02.07
人生100年時代

公的年金制度は「破綻」しかけてる? これを見れば、スッキリ

無職になったときの「老後の生活費」についての解説です。国民年金だけのケースで、毎月不足する金額と、それを補填するには定年までにいくらの貯蓄額が必要か解説します。また、過去の老齢基礎年金額の推移と、今後の公的年金制度のリスクを説明します。 老...
2021.02.07
人生100年時代

定年退職で「無職」になった!「リアルな日常生活」で家事を知る

私は、2020年3月に60歳で定年退職になりました。65歳まで再雇用として働くことも可能です。しかし私は、再雇用を選択せず、「無職」になりました。 実際に無職になると、日常生活がどのように変わるか、リアルな体験レポートです。
2021.01.20
スポンサーリンク