この方法があった!「60歳から稼げる」、若い人にも負けない!

スポンサーリンク
年金の補填
年金の補填

老後の不安は、やはり生活費です。贅沢はいらないけれど、質素に暮らしたい。そう思う人が大半です。定年後も収入を稼げる新しいビジネスモデルです。高齢者が「好きなことで稼ぐ」Adsenseも、早い時期に始めた方が良いです。

スポンサーリンク

基本コンセプト

 

定年後に就職活動しても、若い人には勝てません。会社の採用担当者は、高齢者よりも若い人を選びます。体力や知識などは若い人が有利です。高齢者では勝負になりません。

 

高齢者が若い人に勝てる部分は、ひとつだけです。それは「年齢」です。

 

「年齢」に価値を創り、高齢者が稼げる社会にすれば、全員が幸せになります。高齢者が自分一人で、十分に稼げることが可能な社会を実現するのです。

 

スポンサーリンク

高齢者が収入を得るメリット

 

いわゆる現役世代の会社員は、定年までの間、自分や家族のために働いて稼ぎます。この頃は、自分たちだけで精一杯です。ほとんどの人は余裕がありません。家族みんなで、毎日を一生懸命に生きている感覚です。

 

ところが、定年後は少し変わります。子どもたちが自立し、自分に時間をかけることができます。定年前は、家族のために費やしていた時間を、自分が自由に使えるようになります。高齢者が、収入を稼ぐようになると、次のメリットがあります。

 

周りの家族に世話にならない。介護の負担を減らせる。

 

趣味を楽しむことで、身体を動かし、健康を維持できる。

 

スポンサーリンク

現在のビジネスモデル

 

高齢者が、過去の経験から収入を得る典型的なビジネスモデルは、講演会やコンサルティングです。しかし、これは誰もが気軽にできるわけではありません。特別な才能と人間関係を持つ人たちに限られています。主に次の条件が必要です。

 

○人前で話すことが上手い。

○相手に伝える話術を持っている。

○ユーモアを交えながら笑いを取ることができる。

○大企業などに知人が多く、人柄が浸透している。

 

これらは、天性の才能を持つ、限られた人たちです。

 

スポンサーリンク

現在のビジネスモデルの欠点

 

講演会などで稼げる才能を持つ人は、ごく一部です。「人生100年時代」を目前に控え、高齢者の誰もが簡単に収入を稼げるビジネスモデルが必須です。多くの高齢者は次の条件です。

 

○静かに生活したい、活動的な行動は無理。

○大勢の人の前で話すのは無理。

○ユーモアある話術は無理。

高齢者になってまで、緊張を強いられたり、誰かに命令されたり、ストレスを抱えたくないのが本音です。

 

スポンサーリンク

新しいビジネスモデル

 

多くの高齢者が、無理なく自分のペースで、「過去の経験談を価値に変える」ことができる新しいビジネスモデルです。

 

「年齢が価値を創る」システムを構築します。

 

50代になり、会社の定年が見えてくれば、老後が心配になります。心配になる原因は、老いるのが初めての経験で、先が見えないことです。主に次のことが心配です。

 

○年金がもらえるまでの生活が大丈夫か

○年金だけで、実際に生活できるか

○病気になったとき、医療費が不足しないか

○年金暮らしのとき、税金はいくら必要か

○老人ホームは入居可能か、お金はあるか

 

これらの心配と不安は、実際に経験している人からの情報が役立ちます。不安に思う人から見れば、すでに経験している人の情報を知りたいはずです。定年後、実際に生活している毎日の情報に価値があるのです。

 

定年後の生活を知りたい人に対して、役立つ情報を提供し、収入に結びつけます。高齢者の生活について、情報を提供しやすいようにフォーマットを設定し、提供してくれたときに報酬を支払います。そして、その後はデータベース(テキスト、写真、動画)として登録し、自由に閲覧可能とします。情報を閲覧した人から料金をもらい、提供者への報酬とします。システム利用料として数パーセントだけ手数料を頂きます。

 

システムの運営経費は、手数料とAdsenseなどの広告料とします。高齢者が気軽に登録でき、継続的に収入を稼ぐことができるビジネスモデルです。収入を分配する方法を、均等になるよう調整すれば、多くの高齢者にメリットがあるかもしれません。

 

このビジネスモデルの最大の利点は「信頼性」です。実際の生の声・データを集めます。サクラ的な内容を排除して信頼性を高めます。そのため、情報登録者は、紹介制の方が良いかも知れません。

 

スポンサーリンク

老後データベースの内容

 

システムを本格的に稼働させる前に、知りたい内容について、詳細なヒアリング調査が必要です。主に想定される内容は次のとおりです。

 

毎月の生活収支、収入と支出

これは、年金額や住んでいる地域、持ち家の状況、年齢、性別などで内容が異なります。

 

毎日のスケジュール、行動

 

楽しみ、楽しいと感じていること、趣味

 

医者へ行く手段、頻度、医療費

 

 

スポンサーリンク

高齢者でも稼げるAdsense

 

65歳を過ぎて、年金暮らしに入る前に、準備しておきたい「Adsense」の解説です。

 

もしあなたが、スマホあるいはパソコンを使うなら、チャレンジする価値が十分にあります。私は、すでにAdsense収益が、月額3万円を超えてます。年金の補填を考えると、かなり貴重な収益です。

 

Adsenseのメリットは、「好きなことで稼げる」ことです。私は、自分の仕事と趣味に関するブログを運営してます。記事を書くのは、せいぜい月に2〜3回です。つまり、ほとんど何もせずに収益を稼げてます。

 

65歳を過ぎた高齢者は、普通、現役を引退して、静かに暮らします。収入源は年金のみです。しかしブログとAdsenseを始めていれば、自分の貴重な経験をブログで伝えることができ、さらに収益を稼ぐこともできます。身体が思うように動かない高齢者に、Adsenseは向いてます。

 

私が実際にAdsense収益を稼いでいるノウハウを伝える記事は、メニューの「Adsense」にあります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました