PR

失敗しないクロームブックの選び方:Windowsとの違いを把握する

スポンサーリンク
クロームブックの選び方 パソコン
クロームブックの選び方
パソコン
記事内に広告が含まれています。

クロームブック(Chromebook)を選ぶ際、どのモデルが自分に最適か迷っていませんか?

この記事では、クロームブックの選び方から、Windowsパソコンとの違い、互換性の問題まで、購入前に知っておきたい重要なポイントを網羅しています。

重さ、メモリ、CPU、おすすめのメーカーとモデル、購入時の注意点、アプリの使用方法、さらには購入のベストタイミングまで、初心者にもわかりやすく解説。この記事を読むことで、自分のニーズに合ったクロームブックを見つけるための知識が得られ、賢い購入が可能になります。購入の失敗を避け、コストパフォーマンスの高い選択をするために、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク
  1. 重さで選ぶ!クロームブックの持ち運びやすさガイド
    1. 自宅使用と持ち運びの違い
    2. 理想の重さは?
    3. 重さ以外に考慮すべきポイント
  2. メモリで選ぶクロームブックの性能向上ガイド
    1. メモリ容量の基本
    2. 8GB以上のメリット
    3. 16GBは必要か?
  3. CPUの選び方で変わる!クロームブックの処理能力向上ガイド
    1. CPUとは?
    2. 最新のCore iシリーズを選ぶメリット
    3. CPU選びのポイント
  4. 人気のクロームブックメーカーとモデル選び
    1. レノボ(Lenovo)
    2. HP(ヒューレット・パッカード)
    3. モデル選びのポイント
  5. クロームブック購入時のチェックリスト:快適な使用体験のために
    1. キーボードの打ちやすさ
    2. ディスプレイの解像度
    3. タッチペンの対応有無
  6. アプリの利用範囲を広げる!クロームブックでのアプリ使用ガイド
    1. ウェブアプリ
    2. Androidアプリ
    3. Linuxアプリ
  7. クロームブック購入のベストタイミング:お得に手に入れる方法
    1. ボーナスの時期
    2. 新生活シーズン
    3. セール期間を狙う
  8. ChromebookとWindowsパソコンの違いを理解する
    1. オペレーティングシステムの違い
    2. 主な利用シナリオの違い
  9. クロームブックとWindowsパソコンの互換性問題について理解する
    1. Windows専用ソフトウェアの直接実行は不可
    2. WebベースのアプリケーションやAndroidアプリの利用
    3. 間接的なWindows環境へのアクセス
  10. Chromebook が快適な理由、スマホと同じ手軽さ
    1. 安いノートパソコンは使い物にならない?
    2. Chromebook のメリットとは
    3. Chromebook の選び方:使ってみてわかったこと

重さで選ぶ!クロームブックの持ち運びやすさガイド

クロームブックを選ぶ際、その使い勝手を左右する重要な要素の一つが「重さ」です。特に外出時に持ち運ぶことを考えているなら、この点は非常に重要になります。では、どのように重さを基準に選べばよいのでしょうか?

自宅使用と持ち運びの違い

自宅で主に使用する場合、重さはそれほど重要な要素ではありません。しかし、外に持ち運ぶ予定がある場合は、軽量なモデルを選ぶことが鍵となります。軽量であればあるほど、日常の持ち運びが楽になり、使用する機会が増えるでしょう。

理想の重さは?

持ち運びを考えるなら、1.2kg以下のクロームブックがおすすめです。この重さならば、鞄に入れても重さをそれほど感じることなく、移動中も快適に過ごすことができます。逆に、1.5kgを超えると、その重さが負担になり、持ち運びが困難になる場合があります。重さが持ち運びの快適さに直結するため、購入前には必ずチェックしましょう。

重さ以外に考慮すべきポイント

重さだけではなく、デザインや厚みも持ち運びやすさに影響します。薄くて軽量なモデルは、バッグに収まりやすく、日々の持ち運びに最適です。また、耐久性も重要なポイント。軽量でも、しっかりとした作りのモデルを選ぶことで、移動中のあらゆるシチュエーションに対応できます。

クロームブックを選ぶ際には、重さを重要な選択基準の一つとして考慮することが重要です。特に外出先での使用を考えている場合は、1.2kg以下の軽量モデルを選択することがおすすめです。しかし、重さだけでなく、デザインや耐久性も合わせて考慮することで、最適なクロームブック選びが可能になります。自分のライフスタイルに合ったクロームブックを選び、快適なデジタルライフを楽しみましょう。

スポンサーリンク

メモリで選ぶクロームブックの性能向上ガイド

クロームブックを選ぶ際、そのパフォーマンスに直結する重要な要素の一つが「メモリ」です。メモリの容量は、複数のアプリケーションやタブを同時に開いたときの動作の滑らかさに大きく影響します。では、どのようにメモリを基準に選べば良いのでしょうか?

メモリ容量の基本

4GBのメモリは、基本的なウェブ閲覧や文書作成などの軽作業には十分です。しかし、ウェブ会議や複数のタブを同時に開く、写真や動画の編集など、少し負荷のかかる作業を行う場合は、快適な操作性を求めるならば8GB以上のメモリを搭載したモデルが推奨されます。

8GB以上のメリット

8GB以上のメモリを搭載することで、複数のアプリケーションやタブを同時に開いても、システムが重くなることが少なくなります。特に、オンラインでのウェブ会議や動画視聴、大量のデータを扱う作業をスムーズに行いたい場合に、8GB以上のメモリはその真価を発揮します。

16GBは必要か?

より高度なマルチタスキングや専門的な作業をクロームブックで行う場合、16GBのメモリを搭載したモデルも選択肢に入ります。これにより、さらに多くのアプリケーションを同時に動かすことができ、プロフェッショナルな用途にも対応可能になります。

メモリはクロームブックのパフォーマンスに大きな影響を与えるため、購入前には自分の使用目的に合った容量を選ぶことが重要です。基本的な用途であれば4GBでも問題ありませんが、より快適な使用体験を求めるならば8GB以上を選択し、専門的な作業を行う場合は16GBを検討すると良いでしょう。自分のニーズに合わせたメモリ容量のクロームブックを選ぶことで、ストレスなく作業を進めることができます。

スポンサーリンク

CPUの選び方で変わる!クロームブックの処理能力向上ガイド

クロームブックを選ぶ際、その心臓部とも言える「CPU」は非常に重要な要素です。CPUの性能がシステムの速度やマルチタスキング能力、アプリケーションの動作速度に大きく影響を与えるため、選択には慎重になる必要があります。

CPUとは?

CPU(Central Processing Unit)は、パソコンの主な処理を担う部品で、「プロセッサ」とも呼ばれます。クロームブックで使用されるCPUには、様々な種類があり、それぞれに特徴があります。

最新のCore iシリーズを選ぶメリット

特に、動作が重いと感じるような場合、最新のCore iシリーズを搭載したモデルを選択することが推奨されます。Core iシリーズはIntelが提供するCPUの中で高性能なラインナップであり、複数のアプリケーションを同時に快適に動作させることが可能です。動画編集や高解像度の画像処理、複雑なデータ解析など、高度な処理を要求される作業に適しています。

CPU選びのポイント

性能と予算のバランス:高性能なCPUは価格が高くなりがちですが、使用目的に合わせて最適なものを選ぶことが重要です。日常的なウェブ閲覧や文書作成程度なら、Core iシリーズの最新モデルでなくとも十分な場合があります。


バッテリー寿命:CPUの性能が高いほど消費電力が大きくなる傾向にあるため、バッテリー寿命とのトレードオフも考慮する必要があります。長時間の使用が予想される場合は、消費電力の少ないモデルを選ぶと良いでしょう。


将来の用途:将来的により高度な作業をクロームブックで行う可能性がある場合は、初期投資として高性能なCPUを選択するのも一つの戦略です。

クロームブックのCPU選びは、使用目的や予算、将来の用途を考慮して慎重に行うべきです。最新のCore iシリーズを搭載したモデルは高性能ですが、必要以上の性能を求めると予算オーバーになることも。自分のニーズに最も適したCPUを選ぶことで、快適なクロームブックライフを送ることができるでしょう。

スポンサーリンク

人気のクロームブックメーカーとモデル選び

クロームブックを選ぶ際、メーカーやモデルの選択は非常に重要です。レノボのIdeaPadやThinkPad Cシリーズ、HPのChromebookなどが特に人気があり、それぞれに特色があるため、用途に合わせて選ぶことが推奨されます。

レノボ(Lenovo)



IdeaPadシリーズ:このシリーズは、コストパフォーマンスに優れており、日常使いからビジネス用途まで幅広くカバーしています。軽量で持ち運びやすいモデルが多いのも特徴です。


ThinkPad Cシリーズ:ビジネス向けに特化したシリーズで、耐久性とセキュリティ機能が強化されています。長時間の作業に適しており、プロフェッショナルな使用に最適です。

HP(ヒューレット・パッカード)

HPのChromebook:HPのChromebookは、スタイリッシュなデザインと堅牢な作りが魅力です。教育現場やビジネスフィールドでの使用に適しており、高性能モデルも豊富にラインナップされています。

モデル選びのポイント

用途の明確化:使用目的を明確にし、それに最適なスペックや機能を持つモデルを選びましょう。例えば、ビジネス用途ならセキュリティ機能が強化されたモデル、学生ならコストパフォーマンスの高いモデルが適しています。


価格と性能のバランス:予算内で最高の性能を求める場合、複数のメーカーとモデルを比較検討することが重要です。特に、セールやキャンペーンを利用することで、高性能なモデルをお得に購入できるチャンスもあります。


レビューのチェック:実際にそのモデルを使用しているユーザーのレビューをチェックすることで、製品の実際の性能や使用感を把握できます。購入前には、レビューや評価を参考にすると良いでしょう。

クロームブック選びでは、レノボやHPなどの信頼できるメーカーから、自分の用途に合ったモデルを選ぶことが大切です。用途を明確にし、価格と性能のバランスを考慮しながら、最適なクロームブックを見つけましょう。

スポンサーリンク

クロームブック購入時のチェックリスト:快適な使用体験のために

クロームブックを購入する際には、性能や価格だけでなく、使用習慣に合わせた機能性も重要なポイントとなります。ここでは、購入前にチェックすべき重要なポイントをいくつか紹介します。

キーボードの打ちやすさ

キーボードは日常的に直接触れる部分であり、打ちやすさは長時間の作業において疲労度を左右します。キーボードのレイアウト、キーの大きさ、タッチ感など、実際に手に取って試すことができればベストです。また、バックライト付きキーボードは暗い場所での作業に便利です。

ディスプレイの解像度

ディスプレイの解像度は、画面の鮮明さや細部の表示能力に関わります。フルHD(1920×1080)以上の解像度を持つモデルなら、テキストもクリアに表示され、画像や動画も鮮やかに楽しめます。また、目の疲れを軽減するために、IPSパネルやアンチグレア(非光沢)ディスプレイの選択も検討しましょう。

タッチペンの対応有無

タッチスクリーン対応のクロームブックでは、タッチペンを使用して直感的な操作や手書きメモが可能になります。特に、デザインやイラスト、ノート取りを頻繁に行うユーザーにとっては、タッチペンの対応有無は大きな選択基準となります。対応しているモデルであっても、タッチペンが別売りの場合があるので、事前に確認しておくことが重要です。

クロームブックを選ぶ際には、自分の使用習慣や好みに合った機能性を持つモデルを選ぶことが、長期にわたって快適に使用するための鍵となります。キーボードの打ちやすさ、ディスプレイの解像度、タッチペンの対応有無など、細かい点もしっかりチェックし、最適なクロームブックを見つけましょう。

スポンサーリンク

アプリの利用範囲を広げる!クロームブックでのアプリ使用ガイド

クロームブックはその多様性で知られており、ウェブアプリだけでなくAndroidアプリやLinuxアプリまで、幅広いアプリケーションをサポートしています。これにより、クロームブック一台で様々な作業をこなすことが可能になります。しかし、全てのアプリがすべてのクロームブックで完璧に動作するわけではないため、購入前にいくつかのポイントをチェックしておくことが重要です。

ウェブアプリ

クロームブックは元々ウェブベースの作業に最適化されており、GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートなどのウェブアプリをスムーズに利用できます。これらのアプリはインターネット接続さえあれば、どのクロームブックでも問題なく動作します。

Androidアプリ

Google PlayストアからインストールできるAndroidアプリをクロームブックで使用することができますが、対応しているモデルとそうでないモデルがあります。また、アプリによってはクロームブック上での動作が限定されたり、最適化されていない場合があるため、特定のアプリを使用する予定がある場合は、事前にそのアプリがクロームブックで問題なく動作するかを確認することが推奨されます。

Linuxアプリ

高度なユーザーや開発者にとって、クロームブック上でLinuxアプリを動かすことができるのは大きな魅力です。Linuxモードを有効にすることで、開発ツールやソフトウェアをインストールして使用することが可能です。しかし、この機能はすべてのクロームブックで利用できるわけではないので、Linuxアプリの使用を考えている場合は、購入前に対応状況を確認しておきましょう。

クロームブックでのアプリ使用は、その利便性を大きく広げてくれますが、すべてのアプリがすべてのクロームブックで完璧に動作するわけではありません。購入前に、特に使用を考えているアプリがクロームブックでの動作に問題がないかを確認することが重要です。このようにして、自分のニーズに最適なクロームブックを選ぶことができるでしょう。

スポンサーリンク

クロームブック購入のベストタイミング:お得に手に入れる方法

クロームブックを購入する際、少しでもお得に手に入れたいと考えるのは当然です。そのためには、購入のタイミングを見極めることが重要になります。特定の時期を狙うことで、価格の面で有利になる可能性があります。

ボーナスの時期

多くの企業がボーナスを支給する時期は、大手電器店やオンラインショップがセールを行うことが多いです。この時期に購入することで、普段よりもお得にクロームブックを手に入れることが可能になります。また、ボーナスで予算が増えるため、少し高価なモデルや、普段は手が出ないアクセサリーも検討しやすくなります。

新生活シーズン

春の新生活シーズンも、クロームブックを含む電子機器が特価で販売される時期の一つです。特に、学生や新社会人になる人をターゲットにしたキャンペーンが実施されることが多く、クロームブックをはじめとするPC関連製品がお得になることがあります。新学期や新しい生活のスタートに合わせて、新しいクロームブックを手に入れるチャンスです。

セール期間を狙う

ブラックフライデーやサイバーマンデーなど、年に数回設定される大規模なセール期間も、クロームブックを購入する絶好の機会です。これらの期間中は、通常よりもかなり割引された価格でクロームブックを購入できる可能性が高いです。セール情報は事前にチェックしておき、欲しいモデルがある場合は早めに行動することが肝心です。

クロームブックの購入を考えているなら、ボーナスの時期や新生活シーズン、大型セール期間を狙うことがおすすめです。これらの時期は、メーカーや販売店が積極的に価格を下げるため、通常時よりもお得に購入できるチャンスが増えます。購入前には、セール情報をしっかりとチェックし、最適なタイミングを見極めましょう。

スポンサーリンク

ChromebookとWindowsパソコンの違いを理解する

クロームブックとWindowsパソコンは、それぞれ異なるオペレーティングシステム(OS)を搭載している点が最大の違いです。このOSによる違いが、どちらのデバイスが自分のニーズに適しているかを判断する上で重要なポイントになります。

オペレーティングシステムの違い



Chromebook:Googleが開発したChrome OSを搭載。インターネットを通じたクラウドベースの作業に特化しており、ウェブアプリケーションの利用が中心です。セキュリティが強化されており、起動速度も速いことが特徴です。


Windowsパソコン:MicrosoftのWindows OSを搭載。オフラインでの作業やプロフェッショナルなソフトウェアの使用に適しています。アプリケーションの互換性や拡張性が非常に高く、様々な用途に対応できるのが魅力です。

主な利用シナリオの違い



クロームブック:インターネットを利用した作業が中心で、文書作成やデータ管理をGoogleドライブ上で行うようなユーザーに適しています。また、セキュリティや起動速度を重視するユーザーにも好まれます。


Windowsパソコン:プロフェッショナルなソフトウェアを使用する必要があるデザイナーやエンジニア、オフラインでの作業が多いユーザーに適しています。豊富なソフトウェアと高い互換性で、幅広いニーズに応えることができます。

クロームブックとWindowsパソコンは、それぞれ異なるユーザーのニーズに応えるよう設計されています。自分の主な使用目的や好みに合ったOSを搭載したデバイスを選ぶことが、満足度の高いコンピュータライフを送るための鍵となります。

スポンサーリンク

クロームブックとWindowsパソコンの互換性問題について理解する

クロームブックとWindowsパソコンの間には、根本的な互換性の違いがあります。この違いは、主にオペレーティングシステムに由来しています。クロームブックはChrome OSを搭載しており、これは主にウェブベースのアプリケーションやGoogle Playストア経由で提供されるAndroidアプリに最適化されています。一方、WindowsパソコンはWindows OSを搭載し、幅広いWindows専用ソフトウェアやアプリケーションに対応しています。

Windows専用ソフトウェアの直接実行は不可

クロームブックでは、Windows専用のソフトウェアやアプリケーションを直接実行することはできません。これは、Chrome OSがWindowsアプリケーションとは異なるアーキテクチャに基づいて設計されているためです。したがって、多くのプロフェッショナルなソフトウェアや特定の業務用アプリケーションをクロームブック上で直接使用することはできません。

WebベースのアプリケーションやAndroidアプリの利用

クロームブックの主な強みは、インターネット経由でアクセスするWebベースのアプリケーションや、Google Playストアを通じて提供されるAndroidアプリの利用にあります。これにより、多くの場合でWindowsパソコンと同様の作業を行うことが可能ですが、全てのニーズを満たすわけではありません。

間接的なWindows環境へのアクセス

クロームブックで特定のWindowsアプリケーションを使用したい場合、クラウドサービスやリモートデスクトップアプリケーションを利用することで、間接的にWindows環境にアクセスする方法があります。これにより、クロームブック上でWindowsアプリケーションをある程度利用することが可能になりますが、全てのアプリケーションで同じようなパフォーマンスや使い勝手を期待することは難しいかもしれません。

クロームブックとWindowsパソコンの間の互換性の問題は、購入前に検討すべき重要なポイントの一つです。特定のWindows専用アプリケーションを日常的に使用する必要があるユーザーにとっては、クロームブックがそれらのニーズに完全に応えることができるかどうかを事前に確認することが重要です。それでも、クロームブックは多くの利点を提供し、特定の用途やユーザーにとって魅力的な選択肢となり得ます。

スポンサーリンク

Chromebook が快適な理由、スマホと同じ手軽さ

Chromebook は安いけれど、使い物にならないのでは?そう思って購入するのを迷っていました。しかし実際に購入してみると、あまりの使いやすさに驚きました。スマホと同じ感覚で、電源ボタンを押せばすぐに使えます。

 Windows のノートパソコンよりも安い Chromebook (クロームブック)を購入して、ほぼ半年使用しました。実際に Chromebook を使った感想です。

結論からいいますと、Chromebook はとても快適です。もっと早く買っておけばよかったと思っています。スマホのように一瞬で起動できるので、ちょっとした隙間時間にノートパソコンとして使うことができます。インターネットのブラウザを主に使う人なら、絶対に Chromebook がおすすめです。ネットも動画もメールも簡単にできます。

私はブログを運営しているため、頻繁にインターネットを使います。ちょっとしたブログ記事の修正や、アイデアが浮かんだときのメモにはスマホを使うことが多いのですが、やはりスマホでは画面が狭いのと、他の情報を並行して見たいときは不便です。スマホでは複数のウィンドウを開くことはできません。しかし Chromebook ならWindows のノートパソコンと同じように使えます。起動が一瞬なため、スマホのようにボタンを押してすぐに使えるのです。

安いノートパソコンは使い物にならない?

安いノートパソコンをネットで探していると、必ず Chromebook が出てきます。Windows のノートパソコンが 5 万円以上なのに比べて、 Chromebook は 3 万円ぐらいです。テレビCM などでも宣伝しているので心が動きます。

しかし私は、安いタブレットで大失敗した経験があります。いわゆる、安かろう悪かろう、になってしまったのです。秋葉原の安売店で購入したのですが、中国製の Android タブレットで 9,800円でした。Android OS ならスマホのように手軽に使えると思って買ったのです。ところが、全く使い物にならないタブレットでした。3ヶ月ほど使っているうちに起動も動作速度もどんどん遅くなり、待ち時間ばかりでイライラするようになったのです。しかもOSのアップデートもできないタブレットでした。今になって考えてみると、中国製で型式も記載してないタブレットなんて怪しすぎます。 安い製品は、やはりそれなりの性能なのかと落胆したのです。

タブレットで大失敗した経験から、安い製品に対して疑問を持つようになっていたのです。

Chromebook のメリットとは

私は、ブログ収益が月額 3 万円を超えるようになってきました。電子書籍の販売など他のネット収益を含めると、月額 10 万円を超えることもあります。

こうなると、やはりブログ記事の作成に集中したくなります。スマホのように気軽に使えるノートパソコンが欲しくなりました。しかし過去に、安かろう悪かろうで失敗したトラウマもあります。

安い Chromebook は、本当に使えるのだろうか?

でも Chromebook が欲しい!

1ヶ月くらい悩んだ結果、ついに購入することにしました。私が選んだ機種は次のとおりです。

レノボ ZA6F0038JP Lenovo IdeaPad Duet Chromebook  税込み 31,680円

画面解像度の高い製品を選びました。2021年4月に購入し毎日使っています。実際に Chromebook を使い始めてわかったことは次のとおりです。

◯ほんとに起動が速い、スマホのようにボタンに触れると同時に使える。


◯バッテリーが長持ちする、1回の充電で10時間以上使えるので、どこに持ち運んでも使える。そして充電も速い。私の場合、3日に1回の充電で間に合っています。


◯OSの更新が簡単。Windowsのように頻繁に更新もなく、更新する場合でも 2 〜 3 分で終わります。Windowsの更新は、ときどき 10 分以上になることがありますが、 Chromebook なら待たされることもありません。

Chromebook の選び方:使ってみてわかったこと

パソコンを使う目的が、インターネットの閲覧やメール、あるいはGoogleドキュメントなどであれば、すぐに Chromebook を購入した方が良いです。圧倒的に使いやすいです。何しろスマホと同じ感覚でノートパソコンが使えるのです。毎日の生活が効率的になります。

私はブログを書いていることもあり、 Chromebook の便利さに感動しています。もっと早くに買っておけば無駄な時間を削減できたと思っています。

これから Chromebook を買おうと思っている人へおすすめしたいのは、キーボードと画面が切り離せるタイプのもの、画像解像度の高いものです。

また私は、いろいろなところでブログを書きます。ソファの背もたれを傾けたり、ベッドで寝ながらだったり、食卓でおやつを食べながら、コタツで横になりながら書きます。記事のアイデアが浮かばいときは、いろいろな場所で書くようにしています。タブレットモードなら外出先やドライブ先でも使えます。外部で充電するときも Chromebook ならUSB差込口があれば大丈夫なので安心です。

いろいろな場所で書くときに便利なのが、スタンドとワイヤレスキーボードです。 Chromebook は音声入力もスムースなので、ワイヤレスキーボードと組み合わせると快適です。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました