Windowsのサポート期間終了は危ない、犯罪に巻き込まれるリスクあり

スポンサーリンク
興福寺の北円堂から五重塔 パソコン
興福寺の北円堂から五重塔
この記事は約3分で読めます。

Windowsのサポート期間終了後の危険性の解説です。Windowsは、アップグレードが必須です。サポート期間が終了したWindowsを使い続けると、コンピューターウィルスに感染したり、乗っ取られて犯罪に巻き込まれるリスクがあります。

 

この記事は2014年3月31日に作成しました。

スポンサーリンク

Windows XPのサポート終了

Windows XP、Microsoft Office 2003、Internet Explorer 6 のサポートが2014年4月9日に終了します。マイクロソフトのサポートが終了すると、Windowsがウィルスに感染する危険性があります。

 

ウィルスソフトが入っていても、OS(オペレーティングシステム)の修正がありません。ウィルスを防ぐことができません。ネットワークに繋げると、極めて危険な状態になります。

 

スポンサーリンク

マイクロソフトのサポート終了後に使い続けた場合

 

想定される被害は、個人情報等の漏えいです。パソコンで使用したことのある情報が漏洩します。

 

パスワードや銀行の決裁情報、友人の電話番号やメールアドレスなど、あらゆる情報が盗まれます。データを壊されたり書き換えられたりします。

 

さらに、「踏み台」にされるリスクがあります。これはかなり深刻な事態に陥ります。何も悪いことをしてないのに、ある日突然、刑事がやってきて、「不正アクセス容疑で逮捕される」リスクがあります。

 

インターネットに接続されているパソコンが乗っ取られて、アメリカの国防総省や外国の諜報機関などを攻撃し、その犯人にされてしまうのです。そして、この犯罪は、無実を証明することが不可能になります。真犯人は乗っ取った痕跡も消してしまうのですから。

 

これらは、インターネットに接続している場合の危険性です。有線LANのケーブルをはずしたり、無線LANをOFFにして、ネットワークに繋げなければ実害はありません。重要なデータは保存せず、完全にオフラインでWindowsXPを利用し続けることは可能です。しかし、それよりもサポート期間の有効なWindows7あるいはWindows10へアップグレードすべきです。

マイクロソフトのサイトの値段です。

Windows 10 Pro 27,864円
Windows 10 Home 19,008円
Windows8.1  13,800円
Windows8.1Pro  25,800円

 

Microsoft Office Personal 2019 (最新 永続版)|カード版|Windows10|PC2台
アマゾンで29,252円

Office Professional Academic 2013
28,381円

 

ソフトは高いので、プレインストールのノートPCを買った方が安いかも知れません。6万円くらいから売っています。

 

スポンサーリンク

Windowsの更新プログラムサポート終了時期

 

マイクロソフトが公表しているサポート(更新プログラム)終了期間です。これ以後はネットワークに接続しないで利用するしかありません。

 

Windows XP  2014年4月9日

Windows Vista  2017年4月11日

Windows 7  2020年1月14日

Windows 8.1  2023年1月10日

Windows 10  2025年10月14日

コメント