オーバーシードの前に芝を刈り、芝の目土をまく。

チョコレートの庭

我が家の庭は、30㎡ほどの細長い庭なのですが、わりと日陰が多く、冬になると水たまりもでき、泥濘んでしまい、溶けたチョコレートのようにグチャグチャになってしまいます。

そこで、芝生を植えて、土の部分をなくそうと思い、昨年4月に、近くのホームセンターで高麗芝を買い、3日ほどかけて自分で張りました。

高麗芝という日本芝は、夏にはキレイに緑の芝生になりました。

ところが、夏が終わってから、芝生が枯れ始め、ところどころ土が見え始めて、かなり見た目が格好悪くなってしまいました。

オーバーシードに挑戦

そこで、冬も緑の芝生になる、オーバーシードを考えました。

夏は高麗芝、冬は西洋芝でオーバーシードです。

2014年10月25日、西洋芝のサツキワセという種をまきます。

サツキワセは日本芝などへのオーバーシードに最適な品種だそうです。

最初に芝を10mmに刈り、目土をまき、その上に種をまきました。

そして、芝の目土をまきます。

その上から種をまくのですが、まき方は腰を回転させながら手でバァーとまく感じです。

種をまいてから、ほんとに発芽するだろうかと不安でしたが、1週間ほどで細い緑の毛のようになりました。緑の産毛です。

うっすらと緑です。種を撒いてから1周間です。

関連コンテンツ
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告