芝生が枯れてきたらオーバーシードを検討すべき、日本芝と西洋芝

イギリスのロンドン
イギリスのロンドン

芝が薄くなってきたらオーバーシード

2014年3月16日に初めて芝生を張り、4ヶ月後には順調に芝が育ち、緑一面の庭になりました。夏は緑がフサフサで快適でした。

9月までは緑でいっぱいだったのですが、10月25日になると、緑が少なくなり、枯れた部分が多くなり、まだら模様になってきました。

やはり日本芝は冬に枯れてしまうのです。

2014年10月25日の写真

こうなると、まだら模様でかっこ悪いので、日本芝に加えて、冬に強い西洋芝も検討したくなります。

今まで知らなかったのですが、オーバーシードという方法で、夏は日本芝、冬は西洋芝、一年中、緑いっぱいにできるようです。

日本芝が青々としていた夏の頃

イメージどおりに芝生が育ちました。かなり良い感じの緑の庭です。

2014年9月14日の緑の状態

2014年3月16日に芝生を張り、最初の2週間は、芝生が乾かないよう週2~3回は水やりし、その後は日曜日だけ水やりしました。

芝は順調に育ち、8月には一面緑になりました。

長く伸びると芝は良くないという情報があったので、2週間に一度、電動芝刈り機で短くしました。

この頃の芝生は、気持ち良い緑でした。

芝生の管理は大変ということを聞いていたのですが、最初から成功した感じで大満足でした。