バトンとベッテルの走りの違い、正確で丁寧な走りと天才の走り

バトンとベッテルの比較

2011年10月7日から9日まで、三重県の鈴鹿サーキットで、F1を見てきました。

5年くらい前から、毎年見ていますが、2011年は、3月11日の大震災後のレースということもあって、F1の応援と同時に東日本の応援という気持ちも強かったです。

フリー走行では、バトンが速かったです。

バトンは、大震災に対して、いち早く支援をしてくれており、バトンがレースでトップをとることは、涙が出るほど嬉しかったです。

バトンは、日本に対して特別な愛情を持ってくれていることが、レースの走りの中でも感じられました。
バトンの走りは、安定した走りで速かったです。

コーナーでのブレーキングも、スムーズで安定していて、それほど車体がブレません。マシンの性能を限界まで使っていて、レースにかける思いがマシンに移っていました。

しかし、予選では驚きました。

ベッテルです。

フリー走行では、ベッテルは速いのですが、マシンの限界も感じられて、バトンには勝てないのではないかと思われました。

ベッテルの天性の走り

ところが、予選の最後に逆転劇が起こりました。

第一コーナーからS字までの区間で観戦していたのですが、ベッテルの超人的な走りは、驚きで息が止まるほどのものでした。

メインストレートから第一コーナーに入るとき、ブレーキを踏むタイミングが、信じられないほど遅いのです。

コーナーを曲がれないんじゃないか、と思うほどのスピードで、コーナーに飛び込むのです。

そして、コーナーでの立ち上がりで、アクセルを踏むタイミングが、とても早いのです。

さらに、そのタイミングがいつも同じで、アクセルを踏んだあとのエンジン音がきれいに伸びていくのです。

ブレーキングのときに車体が安定しているので、ハンドルの修正もほとんどありません。

見ていると、ベッテルの走りは、完全に自分を信じてドライビングしているようでした。

バトンの走りは、無理をしないで、限界を意識しつつ、マシンをコントロールしながら、安定したドライビングをします。

ベッテルは、そんなことは、お構いなしに、アクセルを踏んでいました。

車体が左右に振れても、平気でアクセルを踏んだまま、マシンをコントロールしていました。

ベッテルの走りは、天性のもののように感じました。

関連コンテンツ
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告