心を豊かにするコッツウォルズ、1度は訪れたい歴史に癒される風景

初めてのコッツウォルズ

2012(平成24)年6月18日、イギリスのコッツウォルズを訪ねました。

イギリスのヒースロー空港からタクシーで1時間ほどで、コッツウォルズに着きます。

古いイングランドの面影を残した建物を見ることができ、日本人にも人気の観光スポットです。

コッツウォルズの風景は、写真のように、何世紀も前にタイムスリップしたような家々が並んでいます。

心を豊かにする、写真では味わえない村

黄色みを帯び「蜂蜜色の石」「ライムストーン」とも称される石灰岩「コッツウォルズストーン」を使った、塀や壁、古い屋根は、もう何年も風雨に耐えた歴史を感じさせてくれます。

日本と違い、コッツウォルズのように歴史や伝統を大切にするところでは、古い物ほど価値があります。家も古いほど価格が高くなるそうです。

経済的な価値判断だけで、古いものを買い替えたり壊してしまう日本と考え方が違います。

ロンドンの街並みでも感じたことですが、古いものを大切にする考え方から、建物も補修して使い続け、歴史を感じました。

コッツウォルズは、そこに居るだけで、なぜか心が落ち着く景色でした。時間がゆっくりと流れ、癒される村です。

写真では感じられない、歴史的な自然は、そこに足を運ぶ価値があります。一生のうちに一度は訪れたい場所です。コッツウォルズを歩くだけで、澄んだ景色によって心が洗われるようでした。

鱒の養殖場がありました。湧水だと思いますが、流れの速い透きとおった川がありました。

白鳥や大きな鴨も泳いでました。

こんな家に住みたいです。心が豊かになります。

関連コンテンツ
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告