新型レヴォーグのAVHの効果、アイドリングストップの必要性と節約志向

レヴォーグ
レヴォーグ

2017(平成29)年9月9日
レガシィB4から新型レヴォーグへ乗り換えました。レヴォーグの最初の印象や感想など、実際に運転しながら、いろいろな最新機能を試したレポートです。

初めてレヴォーグに乗った感想

レヴォーグの運転席シートに座って、まず感じたのは、車内(横幅)が広いという印象です。

運転席から助手席までの距離感があるので、車内に圧迫感がなく、ゆったりと座れます。以前のレガシィB4と比較すると、レヴォーグは、横幅で5cm広くなっているので、その効果かもしれません。

次に、レヴォーグは運転席からの視界がとても良いです。左右のドアミラーの位置が少し後ろにあるなど工夫されていて、運転席から見る前方と側方の視界が広く見やすいです。

さらに、後方については、ルームミラー下部のボタンを押すと、車体後部に設置されているカメラ映像に切り替わります。後席の人でルームミラーが見えないという状況がなくなりました。

9年前の古いレガシィB4から乗り換えたので、余計に機能の違いを感じたのかも知れませんが、最新レヴォーグの装備と性能(技術進歩)に驚きました。

AVHは信号待ちでブレーキ自動維持

オートビークルホールドを略して「AVH」と呼びます。ブレーキ維持機能です。信号待ちのときにブレーキを踏み続けなくて良いのです。

メーターの中にAVHという表示があります。赤信号などで止まるときに、最初にブレーキを踏み込むと、しっかりとブレーキをそのまま維持してくれます。次にアクセルを踏むまで自動でブレーキを維持してくれます。

メーターパネルの真ん中右下です、小さく「AVH」という緑の文字部分です。

赤信号などでブレーキを踏み停止したときは、AVHという緑の文字の下に、タイヤにブレーキをかけたことを示す丸いマークが表示されます。

AVHが作動しているときは、ブレーキから足を離しても停止しています。

信号の多い街中を走るときは、とても楽です。赤信号の間、ブレーキを踏み続けなくて良いのです。

青信号になり、アクセルを踏むと、自動的にブレーキが解除されます。

アイドリングストップ

レヴォーグ1.6GTは、アイドリングストップが標準装備されています。私は、アイドリングストップは初体験でした。

車のドライブが純粋に好きでしたので、今までは、燃費を気にするより、走りを楽しみたいという気持ちが強かったのです。

燃費より力強い加速が好きでした。あまり、アイドリングストップには興味がありませんでした。

実際にレヴォーグのアイドリングストップを使用して感じたことです。

信号待ちでアイドリングストップ中は、ホントに車内が静かです。話もゆっくりできます。

エンジンの始動は、「ブルン」と静かな音がして一瞬車体が震えるだけです。スターターの「キュルキュル」音はありません。

信号が青に変わったときに、アクセルを踏むと、ひと呼吸おいてからエンジンが始動する感じですが、気になるほどの遅れではありません。

また、エンジンが停止している間は、節約しているガソリンの量が、ミリリットル単位でデジタル表示されます。節約志向の人には嬉しい機能です。

アイドリングストップは、機能のオンオフをスイッチで切り替えることができます。最初にエンジンをかけたときは、初期値でアイドリングストップはオンの状態です。排気ガスのカットやガソリンの節約に効果があります。

さらに、アイドリングストップ機能は、ブレーキの踏み込み具合で、オンオフをコントロールできます。ブレーキを弱く踏むとアイドリングストップは作動しません。

私は、バッテリーを長持ちさせたいので、ちょい乗りのときは、アイドリングストップはオフにしています。長距離ドライブのときだけアイドリングストップを使用しています。大自然の景色の良い田舎道でアイドリングストップを経験すると、静かで癒やされます。

以前の車、レガシィB4の詳細

レガシィB4 AWD 2.0L
2.0GT SI-Cruise アーバンセレクション

2008(平成20)年4月初年度登録

型式 CBA-BL5

車両本体価格 3,140,000円

排気量2000 最高出力260ps、最大トルク35kg/2400rpm

長さ463cm、幅173cm、高さ142cm

車両重量1460kg

新しい車レヴォーグの詳細

レヴォーグ 1.6GT EyeSight 1.6L/AWD
アイサイトセイフティプラス(運転支援、視界拡張)

型式 VM4D565

2017年8月発売

車両本体価格 3,056,400円

長さ469cm、幅178cm、高さ148cm

排気量1600 最高出力170ps、最大トルク25.5kg/1800rpm







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする