スポンサーリンク

車を購入する人は必見、レヴォーグの印象や便利なAVH機能などの解説

レヴォーグ レヴォーグ
レヴォーグ
この記事は約6分で読めます。

レヴォーグのAVHなど、運転がしやすい便利な機能の解説です。初めて乗ったときの印象や実際の運転で感じたことです。車の購入を検討しているなら、運転操作が楽になる最新機能が役に立ちます。安全性の高い、疲れにくい車を選びましょう。

スポンサーリンク

初めてレヴォーグに乗った感想

2017(平成29)年9月9日、レガシィB4から新型レヴォーグ(D型)へ乗り換えました。新しいレヴォーグの運転席シートに座った最初の印象です。

 

まず感じたのは、車内(横幅)が広いという印象です。

 

運転席から助手席までの距離感がありました。車内に圧迫感がなく、ゆったりと座れます。以前のレガシィB4と比較すると、レヴォーグは横幅が5cm広くなっています。その効果かもしれません。

 

次に、運転席からの視界がとても良いです。左右のドアミラーが少し後ろに位置するなど工夫されていて、運転席から見る前方と側方の視界が、とても広く見やすいです。

 

さらに、後方への視界については、ルームミラー下部のボタンを押すと、車体後部に設置されているカメラ映像に切り替わります。後席の人に視界を遮られ、後方が見づらい、という状況がなくなりました。後部座席の中央に誰か座っているときは効果絶大です。また荷物を満載しても、後方の視界が確保されます。とても気楽に荷物を積めます。

 

9年前のレガシィB4から乗り換えたので、なおさら機能の違いを感じました。最新レヴォーグの装備と性能(技術進歩)に驚きました。安全性が格段に進歩してます。57歳になり、運転テクニックが衰えたことを考えると、乗り換えて良かったです。運転テクニックの衰えを、スバルの最新機能が補ってくれます。

 

スポンサーリンク

AVHは信号待ちでブレーキ自動維持

 

スバル車の「オートビークルホールド」を略して「AVH」と呼びます。ブレーキ維持機能です。一時停止や信号待ちのときに、ブレーキを踏み続ける必要がなくなりました。停止した後は、自動的にブレーキが維持されます。ブレーキペダルから足を離して良いのです。ブレーキ操作がほんとに楽になりました。「AVH」機能のオンオフは、ボタンひとつで切り替えられます。あまりに便利なので、すぐに毎回オンにしてます。

 

「AVH」機能が有効のときは、メーターの中に「AVH」マークが表示されます。赤信号などで止まるときに、ブレーキを踏むと、停止したときに「AVH」機能が有効になります。ブレーキペダルから足を離しても、しっかりとブレーキをそのまま維持してくれます。次にアクセルを踏むまで、自動でブレーキを維持してくれます。

 

メーターパネルの中央右下です、小さな「AVH」という緑の文字部分です。

 

赤信号などでブレーキを踏み停止したときは、AVHという緑の文字の下に、タイヤにブレーキをかけたことを示す丸いマークが表示されます。

 

AVHが作動しているときは、ブレーキから足を離しても停止しています。特に信号の多い市街地を走るときは、とても楽です。赤信号の間、ブレーキを踏み続けなくて良いのです。青信号になりアクセルを踏むと、自動的にブレーキが解除されます。

 

「AVH」機能のメリットは、信号待ちや交差点で右折するときに、停止した後は、ブレーキペダルを気にしなくて良いところです。その分を歩行者や対向車への注意に集中できます。交通量の激しい場面ほど、運転操作に余裕ができます。もちろん坂道発進も余裕です。坂道などまったく気になりません。

 

スポンサーリンク

アイドリングストップ

 

レヴォーグ1.6GTは、アイドリングストップが標準装備されています。

 

私は、アイドリングストップが初体験でした。若い頃から、車のドライブが純粋に好きでした。燃費を気にするよりも、走りを楽しみたい、という気持ちの方が強かったのです。燃費よりも、力強い加速が好きでした。アイドリングストップには興味がありませんでした。

 

実際に、レヴォーグのアイドリングストップを使用して感じたことです。

 

アイドリングストップ中は、ほんとに車内が静かです。話もゆっくりできます。

 

エンジンの再始動は、アクセルを踏み込む一瞬だけです。「ブルン」と静かな音がして、車体が少し震えます。スターターの「キュルキュル」音はなく、不快な感じは一切ありません。

 

信号が青に変わってアクセルを踏むと、エンジンが始動し、ひと呼吸おいてから発進する感じですが、気になるほどの遅れはありません。普通にゆっくり発進する感覚です。

 

また、エンジンが停止している間は、節約しているガソリンの量が、ミリリットル単位計測されデジタル表示されます。節約志向の人には嬉しい機能です。

 

アイドリングストップは、機能のオンオフをスイッチで切り替えることができます。最初にエンジンをかけたときは、初期値でアイドリングストップがオンの状態です。排気ガスのカットやガソリンの節約に効果があります。

 

さらに、アイドリングストップ機能は、ブレーキの踏み込み具合で、オンオフをコントロールできます。ブレーキを弱く踏み込むとアイドリングストップは作動しません。

 

私は、バッテリーを長持ちさせたいので、ちょい乗りのときは、アイドリングストップはオフにしています。長距離ドライブのときだけアイドリングストップを使用しています。景色の良い大自然に囲まれた信号待ちでアイドリングストップを経験すると、鳥の鳴き声が聞こえたり、静かさで心が癒やされます。

 

スポンサーリンク

買い替え前の車、レガシィB4の詳細

 

レガシィB4 AWD 2.0L
2.0GT SI-Cruise アーバンセレクション

 

2008(平成20)年4月初年度登録

 

型式 CBA-BL5

 

車両本体価格 3,140,000円

 

排気量2000 最高出力260ps、最大トルク35kg/2400rpm

 

長さ463cm、幅173cm、高さ142cm

 

車両重量1460kg

 

スポンサーリンク

新しい車、レヴォーグD型の詳細

 

レヴォーグ 1.6GT EyeSight 1.6L/AWD
アイサイトセイフティプラス(運転支援、視界拡張)

 

型式 VM4D565

 

2017年8月発売

 

車両本体価格 3,056,400円

 

長さ469cm、幅178cm、高さ148cm

 

排気量1600 最高出力170ps、最大トルク25.5kg/1800rpm

コメント