スポンサーリンク

パソコンゲームを始めるとき、やはりデスクトップパソコンが快適

奈良の長谷寺ゲーム
奈良の長谷寺

パソコンゲームを始めるときの解説です。オンラインゲームなどのパソコンゲームを始めるときは、デスクトップパソコンがおすすめです。十分なメモリとグラフィックボードを搭載していれば、ノートパソコンとは比較にならないほど快適です。

スポンサーリンク

ゲームでストレスを解消

 

平凡な毎日を暮らしていると「刺激あるゲーム」がしたい、迫力ある音と映像に浸り、思い切りゲームをして、ストレスを発散したくなります。

 

パソコンゲームを楽しむためには、高性能なパソコンが必要です。ゲームがサクサク快適に動く「最速CPU」と「高性能なグラフィックボード」を搭載したパソコンが欲しくなりました。

 

もちろん、なるべく安いマシンです。コストパフォーマンスの良いマシンです。それと、将来的に最新のCPUへ載せ替えられるパソコンの購入を検討しました。

 

そうなると、デスクトップ形の自作パソコンです。

 

スポンサーリンク

ノートパソコンの限界

 

1995年以降、パソコンが普及し始めた頃、私は、プログラミングの面白さに魅了されました。「C++builder」という簡単な開発ツールを購入して、自作ソフトを作成してました。そして今まで、数多くのパソコンへ買い替えてきました。デスクトップパソコンからノートパソコンまで含めると、およそ、10台くらい買い替えてきました。しかし、いずれもメーカーの既製品です。部品から組み立てる自作パソコンは、それほど興味ありませんでした。

 

昔は、ノートパソコンが高価(50万円くらい)でした。自宅で使っていたパソコンはデスクトップパソコンでした。次第にノートパソコンも安くなり、30万円くらいで買えるようになりました。家も狭かったので、ノートパソコンの方が便利でした。

 

しかしノートパソコンで動きの速いゲームをすると、性能の限界を感じます。ゲームによっては、動きがスローモーションになったり、音が飛んだりして、まったく遊べないのです。

スポンサーリンク

オレンジのグラフィックボード

 

家を新築し、スペースにも余裕ができたので、メーカー製品でない、部品交換可能なデスクトップパソコンを購入しようと思いました。

今まで、パソコンを自作した経験もなく、ハードの知識も十分ではありません。しかしパソコンの組み立ては、それほど難しくなく、部品も少ないらしいです。また、ネットでいろいろ調べると、部品同士の相性もあって、実際に組み立ててみないと、動作は検証できないとの情報がありました。そこで、すでに組み上げ済のパソコンを購入しようと思いました。

 

いろいろ迷い、近くのパソコン専門店に出かけました。

 

2014年11月23日、ボーナスが近いせいもあり、サイフの紐もゆるいまま店内を探しました。すると、なんか、カッコ良いデスクトップパソコンが目にとまりました。ケースが透明で、オレンジ色のグラフィックボードが見えました。すでに組み立て済のゲーミングマシンです。動作確認済みでWindows7がインストールされています。もちろん部品交換も可能です。

 

生まれて初めて、部品から組み立ててあるデスクトップパソコンを買いました。

 

スポンサーリンク

Haswell Refresh Core i7 ゲーミング キット

 

購入したゲーミングマシン(デスクトップパソコン)の仕様は、次のとおりです。

 

CPU
CORE i7-4790(3.6GHZ 8M HASWELLREF)

メモリ 8GB

グラフィックボード
ZOTAC GEFORCEGTX760 2GB FF

ハードディスク 2TB

OS Windows 7

 

価格 139,860円(税込)

 

追加で22インチのモニターと、8GBのメモリー、ステレオスピーカーを買いました。

 

税込で総合計は、181,224円でした。

 

スポンサーリンク

Core i7 ゲーミングマシンの体感速度

 

マイカーに積んで自宅へ持ち帰り、早速、起動しました。

 

ほんとに速いです。ノートパソコンとは比較になりません。キーボードの反応、マウスの反応、ブラウザの動き、どれをとってもキビキビと一瞬で動きます。

 

早速、いくつかオンラインゲームをインストールして遊びました。ほんとに動作が速くて、まったくストレスはありません。もう、ノートパソコンでゲームしようとは思いません。この体感速度を知ってしまうと、ノートパソコンへは戻れません。

 

(もっと早く買えば良かった)と思いました。

コメント