ハーレー試乗会でわかったこと、車種を乗り比べてジグザグ走行の結果

ハーレー ハーレー試乗
ハーレー

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

ハーレーを試乗して初めて感じたことの解説です。教習所でハーレーの試乗会を体験しました。試乗会では様々な車種を乗り比べました。しかも教習所が会場なので他の車や歩行者がいません。安全にゆっくり試乗できました。ハーレーの魅力を十分堪能しました。

教習所でハーレーの試乗会

 

2015年4月19日、東京都小平市の自動車教習所で、ハーレーダビッドソン(ハーレー)の試乗会に参加しました。大型二輪免許を取得したのに、家族からバイクの購入を猛反対されています。それなら試乗会にしようと思いました。

 

ハーレーの試乗会は初体験です。かなり緊張してしまい、小学校の遠足以来の興奮状態でした。昨夜は良く眠れませんでした。

 

試乗会前日の不安

 

試乗会前日に不安で心配になった点です。

 

ほんとにハーレーに乗れるか?

 

外車だから、アクセルとクラッチは左右逆なのか?

 

ブレーキとギアペダルも左右逆なのか?

 

ハーレーに乗るには、お決まりの革ジャンと革ブーツでないと笑われるかもしれない。

 

もし、ハーレーを倒してしまったり、コケてしまったらどうしよう。

 

などなど、不安だらけでした。

 

若い頃、250cc のバイクに乗っていましたが、やはり、バイクの王者として代表的な存在のハーレーに乗るのは憧れです。大型バイクの免許を周りの人に自慢したり、バイクについて語るときに、「ハーレーに乗ったことがない」では恥ずかしいに違いありません。

 

ハーレーを購入しようか迷う

 

実は1ヶ月ほど前に、廃車寸前の爆安ハーレーを買ってしまえ、と簡単に考えていました。中古でボロボロのハーレーなら、10万円程度で売っていると思いました。ネットで探したのですが、ハーレーは安くても60万円以上でした。国産車の倍の値段でした。やはり、ハーレーは高いです。

 

購入を決断するには迷いがあったので、その前にレンタルで乗ってみようと思いました。都内でハーレーをレンタル可能な店を探すと、いくつかありました。いずれもレンタル料金は、24時間で2万円くらいでした。

 

ハーレーを1日借りるのに2万円は高い気がしました。それに不慣れのため転倒したり事故でも起こしたら、修理費用や修理期間中の営業費用まで賠償することになります。購入もレンタルも、いまいち決断できませんでした。

 

ハーレーに乗りたいと思うのは、やはり、エンジン音と鼓動を、自分の身体でダイレクトに感じたいからです。それなら、販売店で少しだけ跨がり、エンジンかけたりできないだろうかと考えました。店頭でのハーレー試乗です。

 

そこで、ネットで「ハーレー 試乗」で検索しました。

 

ハーレー試乗会初体験

 

すると、ハーレーダビッドソンの公式サイトに、試乗会のイベントが多数ありました。しかも、教習所内でも試乗できるらしく安全です。早速、試乗会に参加することにしました。

 

試乗会当日は、天気が曇りで少し小雨も降っていたのですが、試乗会が始まる頃に雨も止みました。試乗会は、最初にアンケート用紙の質問に答えます。住所と氏名、バイク購入予定があるかなど、試乗会参加の目的、免許証の番号を記載します。

 

すぐに、ハーレーの店員さんが、どの車種に乗りたいか聞きに来てくれました。初めて乗るので、乗り比べてみたいと伝えると、「今日は空いているので、好きなバイクに乗って下さい」とのことでした。最初に、車体の軽いハーレー883から乗ることにしました。

 

初めてのハーレー883試乗

 

883に跨がると、店員さんがサイドスタンドを外してスイッチを入れてくれました。店員さんは親切にギアがニュートラルになっていることまで確認してくれます。エンジン始動は、セルスイッチボタンを押すだけです。ハーレーの店員さんは、丁寧でサービスが良かったです。

 

クラッチ、ブレーキ、ギアペダルは国産車と同じ位置でした。ひとまず安心しました。セルスイッチを押してエンジンをかけます。

 

キュルル、ドッドッドッ

 

883のエンジン音や鼓動は、意外にも静かでした。ギアをローに入れ、クラッチレバーをゆっくり離すと、スルスルーと走り出しました。

 

「教習所の外周を5周くらい走って下さい」と言われていたので、長い直線部分でギアを1速から3速まで入れてみました。しかし、3速で時速40キロ程ではスピードが足りず、ノッキングしそうになります。教習所のコースでは2速が限界でした。

 

アクセル全開を試しました。力強く加速し、スピードは60キロに達します。エンジン音が静かなためか、それほど速い感じはなかったです。車体を左右に傾けてジグザグ走行しました。思うようにハーレーは反応し、883は軽くて操作しやすかったです。教習所の国産車ナナハンよりも運転しやすいと感じました。ハーレーの883は、純粋に運転を楽しむなら、国産車より面白いかもしれません。

 

ポピュラーなハーレー

 

次に排気量の大きい1,200ccに乗りました。車種の名前は忘れました。ハーレーで一番ポピュラーとのことでした。たしか、スポーツスター?、ハーレーの知識が少なく良く覚えていません。

 

883よりもエンジン音と鼓動感がありました。アクセルを全開にしたときの力強い加速感もありました。しかし、ジグザグ走行は重い感じでした。

 

次に、ハーレーの中で一番鼓動感のある、バランサーなしのタイプに乗りました。エンジンをかけると、確かにハーレーらしい「ドッドッドッ」というエンジン音と鼓動です。バックミラーが震えて見えないほどの鼓動でした。

 

(これぞ、ハーレー!!)

 

でも走り出すと、意外と静かでした。最後に、ハーレーの中でも速いバイクに乗りました。加速も迫力ありました。

 

ハーレーの魅力

 

ジグザグ走行で、思わぬスリルを味わいました。教習所の外周部分で、車体を左右に倒しながらジグザグ走行で車重を感じていたときです。思いきって深く車体を傾けた瞬間に、なんと足の爪先部分とステップが「ガガガッ」と路面に接触したのです。教習所のナナハンでは、そんなことは一度もなかったので、かなりのスリル感でした。

 

もし、高速コーナーで車体を倒し(寝かし)過ぎて、路面にステップやマフラーが接触すれば、タイヤが宙に浮きます。操作不能となり、間違いなく転倒します。大ケガで済めば良いですが、ヘタすると天国です。想像するとゾッとしました。

 

考えて見れば、ハーレーというバイクは、もともとアメリカ大陸を走ることを前提に設計されています。広大な水平線が見えるような大地で、果てしなく続く直線道路をゆったりと走るために作られているのでしょう。そもそも、車体をギリギリまで傾けて、コーナーを攻めるような運転は、ハーレーには向いてません。

 

ハーレーでスリルを味わい、試乗会を終えました。なんとなく、ハーレーの乗り方がわかった気がしました。

 

帰り道、愛車のレガシイB4が、(なんて運転しやすいんだ! )と感じてしまいました。

 

まとめ、ハーレーの感想

 

ハーレー試乗会で、いろいろな車種を乗り比べてわかったことをまとめました。

 

エンジン音や鼓動感は、走り出すと、それほど感じない。

 

鼓動感の強いハーレーは、乗っていてもブルブル震えるので、かなり疲れそうです。しかし、そこが言葉では表現できないハーレーの魅力。

 

加速感は、まあまあ。国産車(教習所のホンダ750ccしか知りませんが)と同じくらい。

 

ハーレーは、高速道路など平らで真っ直ぐな道を走るのに向いている。峠道は危険な匂いがするので、攻めない方が良い。

 

自分で乗るより、周りから見られて楽しむのがハーレーの醍醐味かもしれない。何しろハーレーですから、セレブ感、優越感に浸れることは間違いありません。

 

結果として、ハーレーは、ゆったりしたツーリングを楽しむバイクです。高速道路を使って旅行するなら最高です。

 

一方、車体をギリギリまで傾けてコーナーリングを楽しむような、スポーツ走行やレーシング走行を楽しむなら国産車の方が良いです。

 

私は、30年前の若い頃、スズキのオフロード車、ハスラー250に乗っていました。ウィリーしたり、林道のコーナーでカウンターあてて楽しんでいました。バリバリのスポーツ走行するなら、ハーレー購入は検討が必要です。

 

ハーレーは見ているだけでも楽しくなるバイクです。言葉にできない魅力がありました。

コメント