レヴォーグ

スバルのレヴォーグに関する情報です。ほぼ自動運転になった、アイサイト・ツーリングアシストの解説です。レヴォーグD型に搭載されたアイサイト・ツーリングアシストでは、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作が全速度で自動制御されます。ほぼ自動運転です。

スポンサーリンク
レヴォーグ

「Race Chip」取り外し後も効果が続く「レヴォーグ1.6GT」?

「Race Chip」についての解説です。レヴォーグ1.6GTを12ヶ月点検に出すため、「Race Chip」を取り外しました。ところが、なんと「Race Chip」装着時の加速感がそのまま残りました。コンピュータの設定が変わったようです。
レヴォーグ

レヴォーグ「1.6GT」と「2.0GT」、迷ったときの選び方

レヴォーグを購入するときに、排気量で迷います。「1.6GT」と「2.0GT」のどちらを選ぶべき迷ったときの解説です。1年間、「1.6GT」に乗ってみると、パワー不足を感じたことはありません。もしサーキット走行するなら「2.0GT」です。
2019.10.12
レヴォーグ

「最新アイサイト」の「新型レヴォーグ」への乗り換えを決断

「新型レヴォーグ」への買い替えを決めた理由です。若い頃はドライブが好きで、運転テクニックも自信がありました。しかし57歳になり、「判断の遅れ」を感じるようになりました。安全のため最新アイサイトを搭載したレヴォーグへの乗換えを決断しました。
2019.09.24
スポンサーリンク
レヴォーグ

レヴォーグの「もたつき」を解消、「アクセルペコペコ」の手順?

レヴォーグ(VM4D型)発進時の「もたつき」を解消する方法です。「アクセルペコペコ」を手順どおり実施し、加速が良くなりました。なぜか「ボクサーサウンド」まで復活した気がします。(実際は、「ボクサーサウンド」ではありません。)
2019.09.08
レヴォーグ

「アイサイト・ツーリングアシスト」の実際の効果を知りたいとき

アイサイト・ツーリングアシストの解説です。新型レヴォーグD型は、全速度でステアリングの自動操作が可能になりました。アクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてが自動になります。運転に自信のない人、運転が不安な人、40歳以上の人におすすめです。
2019.09.08
レヴォーグ

レヴォーグ1.6にRaceChipを取り付け、驚きの加速性能が実現

レヴォーグ1.6GTにRaceChip RS(GTS)を取り付けました。驚くほど加速性能が良くなりました。アクセルを少し踏むだけで、ググッと加速します。シートに押し付けられる加速感です。トルクアップが体感できました。
2019.08.30
レヴォーグ

アイサイト・ツーリングアシストのアクティブレーンキープ機能の感想

アイサイト・ツーリングアシストのアクティブレーンキープ機能の解説と実際の感想です。レヴォーグ 1.6GT EyeSightを2017年9月9日に購入し、1年間アクティブレーンキープ機能を使用しました。ほぼ自動運転の最新機能に驚きました。
2019.08.30
レヴォーグ

バンパーのキズを自分で補修したいとき、作業手順と実際の方法

車のバンパーこすりキズを自分で補修する方法です。新車レヴォーグのバンパー下部のキズ補修は、スバルのディーラーの見積もりで3万円でした。仕方なく自分でdiyで6千円で補修しました。作業時間は2時間で、思っていたより簡単に補修できました。
2019.08.30
スポンサーリンク