効果抜群!庭の水はけを改善する方法、ジメジメをDIYで安く解決

スポンサーリンク
ドッグリゾートWoofガーデニング
ドッグリゾートWoof
ガーデニング

庭の「水はけ」を改善した方法です。ジメジメした庭はイヤなものです。雨が降ると、すぐに水たまりができ、「ぬかるみ」になってしまいます。自宅の庭は粘土質な土です。そこで、「水はけ」を良くしようと土壌改良に挑戦しました。すぐに効果がありました。

スポンサーリンク

「水はけ」の良くない、粘土質な庭

 

我が家の庭は、2m×10mと細長く、しかも南面に2階建ての隣家があります。日当たりが良くないです。日中でも、庭の大部分が日陰です。さらに庭の土が粘土質です。小雨が降るだけで、すぐに水たまりができてしまいます。雨が降った翌日に庭を歩くと、靴の底に泥が張り付き、玄関の中まで泥だらけになってしまいます。泥を洗い流す掃除も大変で、かなり、悲惨な状況でした。

 

土地を購入して家を建てたときは、ギリギリまで予算を切り詰めようとし、庭は自分で作ろうと計画してました。塀を作っただけで、他は何も手を入れませんでした。このときは「緑の庭」に憧れ、いずれ芝生を張ろうと思っていました。しかし、芝生は湿気を嫌います。泥の庭では、芝生も育ちません。そこで、庭の水はけを改善することにしました。

 

実際に、庭の水はけを改善した方法を解説します。DIYで自作です。かなり安くできました。

 

「水はけ」を改善する前の庭です。写真のように、雨がやんだ後も泥濘んでいました。小石などのガラも目立ちます。

泥濘の庭

泥濘の庭

 

少し雨が降るだけで「水たまり」です。そして3〜4日はジメジメしています。「水たまり」がなくなりません。見た感じから「粘土質な土」ということがわかると思います。

 

泥濘の庭

泥濘の庭

 

1年前に土地を購入し家を新築するときは、可能な限り出費を避けました。なるべく安く建築したいと考えました。予算の制約もあり、「緑の庭」まで施工できませんでした。昔から、休日にマイホームで「庭いじり」したいという憧れもありました。建物が完成した後で、お金をかけずに、自分でゆっくりと「庭造り」しようと考えていました。

 

家が完成したときの庭は、コンクリートブロックの塀と、数本の木だけでした。庭の「土」のことまで考えませんでした。

 

てかてか光る「粘土質な土」です。石などのガラも目立ちます。

スポンサーリンク

「水はけ」を改善する方法の選択

 

庭の「水はけ」を改善する方法について、インターネットで調べると多数ありました。土を入れ替える方法、排水を良くする方法、土を砂などと混ぜる方法など、どれを選択するか迷いました。

 

もし予算に余裕があるなら、庭の「水はけ」を改善する確実な方法は、ガーデニング専門業者へ依頼することです。土そのものを入れ替えてしまうのです。小型ショベルカーで、土の表面から30cmほどまで堀り返し、表面の土を全て剥ぎ取り、「新しい土」へ入れ替えてしまうのです。

 

この方法は、表面の土を全て入れ替えてしまうので、完璧な解決方法です。デメリットは施工費用です。「水はけ」の良い土の購入代金と、ショベルカーや土を運ぶダンプ代、人件費などで10万円以上必要です。予算に余裕がある人や、庭いじりに興味がない人、自分で庭を作るのが体力的に困難な人には、おすすめな方法かもしれません。

 

私は、それほどお金をかけたくないのと、自分で工夫して解決し、「庭いじり」したいので、自力で解決する方法を選びました。

スポンサーリンク

簡易な「暗渠排水(あんきょはいすい)」

 

次に、暗渠排水(あんきょはいすい)です。

 

実は初めて聞く言葉で、私は知りませんでした。暗渠排水(あんきょはいすい)という言葉を、恥ずかしながら50歳後半で初めて知りました。いろいろ調べるうちに、昔からある言葉とわかり、自分の知識の少なさを反省しました。

 

暗渠排水(あんきょはいすい)とは、土の中へ細い排水パイプや大きめの石などを埋めて、地中の水分を逃がすものです。

 

費用が高くなる土の入れ替えは最後の手段として、その前に暗渠排水(あんきょはいすい)と、粘土質な土へ、砂や鹿沼土を混ぜる方法に挑戦することにしました。

 

暗渠排水を作るには、まず庭に、深い穴を掘る必要があります。我が家の庭は、細長いので、穴を二ヶ所掘ることにしました。等間隔になるよう、掘る位置を決めました。掘る穴の大きさは、縦1メートル×横70cm✕深さ1メートルです。

 

穴は、シャベル(スコップ)で手作業で掘りました。かなりの肉体労働です。1箇所掘るのに、およそ30分でした。休みながら掘っても、かなり疲れました。翌日は全身が筋肉痛になりました。

 

穴を掘ったら、大きな石などのガラを、透水性のガラ袋に入れ、穴の半分くらいまで埋めます。ガラとして使ったのは、大きな石、コンクリートブロックの割れたもの、ガラスの破片などです。小さな石よりも、直径10センチ以上の大きい石の方が良いです。ガラ袋の中で隙間ができ、その隙間を水が浸透します。ガラの役割は、土の水分を流したり逃がすことです。

 

透水性のガラ袋を埋めるのを、愛犬も手伝って(邪魔して)くれました。

 

ガラ袋は、ホームセンターの園芸コーナーで売ってます。必ず水を通す「透水性」のあるガラ袋にします。透水性がないと排水効果がありません。

 

私が使用したガラは、庭の土の表面を掘り返したときに出てきたものです。表面の土に、砂と鹿沼土を混ぜるため、シャベルで掘り返しました。このときに、かなり多くのガラが出てきました。大きな石、瓦のかけら、コンクリートブロックのかけら、ガラスの破片などが、ガラ袋5つほど出てきました。

 

簡易な暗渠排水は、掘った穴へガラを埋め、その上に50cmくらい土をかけます。地面が水平になるよう踏み固めました。

 

自分で埋めたような「ドヤ顔」の愛犬。茶色の袋が透水性のあるガラ袋です。

スポンサーリンク

粘土質の土に「砂」と「鹿沼土」を混ぜる

 

近くのホームセンターで、砂と鹿沼土を購入しました。砂は、塩分の含まれてない「川砂」を選びました。塩分のある砂は、植物を枯らしてしまいます。私は、水はけを改善した後に、芝生を張りたいので、塩分のない川砂を買いました。

 

シャベルで20cmほどの深さまで掘りながら、砂と鹿沼土を混ぜたところです。手前の、土がテカテカしているところは、まだ混ぜてない部分です。テカテカな「粘土質の土」のままです。

 

最初に、細長い庭の二か所に暗渠排水を作りました。その部分だけ先に、砂と鹿沼土を混ぜました。

 

上の写真のように、砂と鹿沼土を混ぜた部分以外は、粘土質な土がテカテカしています。この後、下の写真のように庭全体に砂と鹿沼土を混ぜました。

湿った土に鹿沼土を混ぜる

湿った土に鹿沼土を混ぜる

スポンサーリンク

「水はけ」の効果を実感

 

今回、庭の「水はけ」を良くするために、次の二つを実施しました。

 

暗渠排水 (ガラを埋める簡易方式)

 

砂と鹿沼土を混ぜる

 

この結果、驚くほど庭の「水はけ」が良くなりました。

 

費用は、「ガラ袋」代の500円だけでした。あとは体力を相当使いました。

 

作業時間は、一人で土日だけで二週間でした。正味10時間くらいです。一番大変なのは、土を掘り返す作業です。ショベル(スコップ)に体重をかけて掘る作業は、とても大変でした。すぐに疲れてしまいました。1日3時間くらいが限界でした。

 

がんばった結果、もう庭に水たまりはできません。表面の土は乾くようになりました。土が水分でテカテカ光る状態はなくなりました。庭の「水はけ」を改善するのに成功しました。

コメント

  1. ひろくん より:

    皆さん(排水)処理等でお困りのようで
    私だけが悩んでいるのかと思えば・・・
    道路より自宅敷地が低い・粘土質で水はけしない
    私も「暗渠排水」挑戦しようと思います
    塩分のある砂は、植物を枯らす?良いじゃないかw、雑草対策になるかな

タイトルとURLをコピーしました