アクセルとブレーキの踏み間違え防止方法、左足ブレーキをマスター

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

安全なオートマ車運転方法の解説です。高齢者の自動車事故の原因として、アクセルとブレーキの踏み間違えが多くなってきました。特にオートマ車で右足ブレーキの人が危険です。早いうちに左足ブレーキに切り替えれば事故の危険が大きく減ります。

高齢者の自動車事故

最近、高齢者による自動車事故が多くなりました。特にアクセルとブレーキの踏み間違いが原因と思われる事故が目立ちます。駐車場などに駐車しようとして、ブレーキと間違えてアクセルを全開にするケースです。いずれも店に突っ込んだり、人をはねてしまい大事故になっています。

 

アクセルとブレーキの踏み間違いは、運転の習慣によるところが大きいのです。マニュアル車で日常的に左足でクラッチを使用していた人が、オートマチック車に乗り換えたときに起こりやすいのです。

 

マニュアル車では、左足をクラッチ操作のみに使います。オートマチック車に変えてクラッチがなくなると、左足は全く使わずに、右足だけでアクセルとブレーキを操作することになります。

 

足元を見ずに、右足だけでアクセルとブレーキを踏む分けます。身体で感覚的にペダルの位置を掴んでいます。そこで、少し身体の姿勢をひねった状態で右足でペダルを踏むと、微妙に踏み込む位置が変わります。アクセルとブレーキのペダル位置を間違えてしまうのです。

 

特に、乗り始めのとき、バックするために身体をひねって後方を見るとき、慌てているとき、にペダル位置を間違えてしまう可能性が高いので注意が必要です。頭の中では、右足でブレーキを踏んだつもりでも、足がアクセルの位置にずれていれば、ブレーキを踏もうとして、アクセルを全開にしてしまいます。ブレーキを踏む勢いでアクセルを踏み急発進してしまいます。

 

思いがけない急発進に、気が動転して慌ててしまい、さらにブレーキをかけようと、強くアクセルを全開にしてしまうのです。頭では、ブレーキを踏んでいると思っているので、アクセルを全開にしてしまうのです。

 

アクセルとブレーキを踏み分ける

踏み間違いを防ぐ効果的な方法は、運転自体を両足ペダルへ切り替えることです。オートマチック車のみの方法ですが左足でブレーキペダルを踏むのです。

 

アクセルとブレーキだけのオートマチック車に乗っている人は、すぐに両足操作へ切り替えることをおすすめします。左足ブレーキに切り替えましょう。右足はアクセルだけ、左足はブレーキだけを使います。右足でブレーキを踏みません。

 

もし、周りにオートマチック車を片足操作している人がいたら、事故防止のためにも両足操作に切り替えるよう伝えましょう。信号で止まるときに、左足でブレーキを踏んでいるか確認してください。両足ペダルの運転方法を覚えるのは簡単です。ただし、しばらくの間は忍耐との戦いになります。

 

左足ブレーキをマスターする方法

車を運転するときは、免許取り立ての初心者以外は、頭で考えることなく無意識に車の操作を行います。アクセルとブレーキ、ハンドルと左右のウインカーなどは、無意識に身体が動きます。

 

片足操作から両足操作に切り替えるときは、いつも無意識に行うアクセルとブレーキの操作を、意識的に変えます。つまり、頭で考えてからペダルを踏むことになります。ブレーキを踏むときに、頭の中で意識して、左足で踏むようにするのです。おそらく、3ヶ月ほど忍耐強く続ければ、両足ペダル操作がマスターできます。緊急時のブレーキを、左足で踏んでいれば完璧です。

 

両足ペダル操作をマスターすれば、アクセルとブレーキの踏み間違いは解消されています。

コメント