スポンサーリンク

外出先から自宅のパソコンスイッチを入れる、スマホでパソコンを操作

奈良の長谷寺 パソコン
奈良の長谷寺
この記事は約4分で読めます。

スマホを使って、外出先から自宅にあるパソコンの電源を入れる方法です。Wake on Lan(WOL)機能を使う場合は、パソコン側のBIOS設定、ネットワークアダプタ(NIC)の設定が必要です。またルータ側のポート開放も必要です。

スポンサーリンク

WOLで電源スイッチオン

 

外出先からスマホを使って、自宅のパソコンを起動させる方法です。Wake on Lan(WOL)機能を利用して、ネットワークに接続しているパソコンの電源を入れます。

 

今回、Windows7のノートパソコンを、電源オンします。スマホで自宅のパソコンを使うときなど、遠隔操作には必須です。

 

スポンサーリンク

Wake on Lanの環境

 

「Wake on Lan」の動作条件として、有線LANに接続していること、ルータのポートが解放されていること、が必要です。

 

今回実験したパソコン環境です。

 

ノートパソコン lenovo G570

ルータ フレッツ光 NTT PR-S300NE
(まとめてネット経由でノートパソコンに有線LANでつないでいます。)

「まとめてネット」は、家庭内LANのスイッチングハブです。

 

Wake On Lan (WOL)の設定方法の解説です。

 

スポンサーリンク

BIOSの設定

 

最初に、ノートパソコンのBIOS設定画面で、WOLが有効になっているか確認します。

 

通常は、デフォルトでWOLが有効になっているのでOKです。しかし、ときどき、セキュリティを高めるため、WOLを無効にしていることがあります。確認しましょう。

 

BIOSメニュー

PCIE/PCIによる電源ON

 

BIOSは、Windowsが起動する前に動き出すシステムプログラムです。パソコンが一番最初に動く部分の設定です。BIOSの設定が間違っていると、機能が動作しません。

 

BIOS設定画面を呼び出す方法は、マザーボードのメーカーごとに異なります。DeleteキーやF2キーを押すことが多いです。

 

検索サイトで、「メーカー名 BIOS起動」で調べます。

 

参考に、主なメーカーのBIOS起動方法です。

 

ASUS製
F2 キーを押した状態で、電源ボタンを押す

 

MSI
起動時にDeleteキーを連打

 

Gigabyte
起動時にDeleteキーを押す

 

スポンサーリンク

Windowsのネットワークデバイスの設定

 

通常のWindowsが起動している状態で、NICのプロパティの中から、Wake on設定を選び、値をWake on Direct Packetに設定します。

 

スポンサーリンク

IPアドレスを固定

WOLは、電源を入れたいパソコンをターゲットに、マジックパケット(FF:FF:FF:FF:FF:FFに続けて起動したい装置のMACアドレス)を送ります。マジックパケットは、固定IPアドレスへ向けて送信します。固定IPアドレスの設定が必要です。

 

また、IPアドレスを指定して送信するため、ルータのARPテーブルが消えるとWOLできません。どのパソコンを起動するかの情報が消えてしまいます。ほとんどのルータは、4時間程度でARPテーブルが消えます。注意が必要です。回避する手法として、ブロードキャストアドレスを指定し、全てのパソコンへマジックパケットを送ってしまう方法もあります。

 

スポンサーリンク

ルータのポートを解放

 

下の例は、フレッツ光のルータ  NTT PR-S300NEで、53000ポートをWOL用のUDPとして解放しています。

フレッツ光

 

「高度の設定」は変更しません。

Wake On Lan

 

 

スマホがあれば、LAN側(Wifi)とWAN側(電話回線経由の外部ネットワーク)の両方から実験できます。

 

スマホのWifiをオンオフして、Wake On Lan (WOL)用のアプリで起動確認します。

Wake On Lan

 

スポンサーリンク

リモート操作

パソコンの電源管理を外出先からできることを確認した後は、リモート操作のソフトをインストールしましょう。外出先からリモート操作できれば、自宅のパソコンの電源を切ることができます。

リモート操作は、無料のもので十分です。おすすめは、「Team Viewer」というリモートソフトです。スマホから簡単にパソコンをリモート操作できます。

コメント