これなら「固定IPアドレス」でなくとも大丈夫!「DiCE」の設定

スポンサーリンク
パソコン
パソコン

「DiCE」のエラー解決方法です。「ダイナミックDNSサービス」のクライアントツール「DiCE」でエラーが表示されたときは、ログインユーザ名を確認しましょう。「CyberGate」では「サブドメイン名」を入力します。

スポンサーリンク

ペット用カメラのためIPアドレスを固定

 

我が家のYahooBB光は、IPアドレスが定期的に変わります。そのため外出先から、インターネット回線を利用して、家の中の「ペット用カメラ」をコントロールするためには、IPアドレスを固定する必要があります。そこで、「ダイナミックDNSサービス」と「DiCE」を使うことにしました。

 

最初に「ダイナミックDNSサービス」を選びます。

 

ネットの検索で、「ダイナミックDNS 無料」で検索すると、いろいろと表示されます。今回は、「CyberGate」を使いました。ただし、CyberGateは2017年から有料化になりました。年会費 5,800円(税別)です。

(以下は、2014年3月の内容です。「CyberGate」が無料のときです。)

「CyberGate」は、無料なので登録も気軽に行えます。

 

サブドメインの名前を自由に決めて登録します。

 

最初に自宅のグローバルIPアドレスを調べます。ブラウザから「確認くん」で表示されるIPアドレスをメモおきます。このIPアドレスが、一定期間で変わるので困るのです。

 

そして、次は家庭内のパソコンから、「CyberGate」ダイナミックDNSサービスに対して、IPアドレスが変わったことを自動で知らせることです。IPアドレスが変わったら、そのIPアドレスの変更作業を自動で行うようにします。

 

いろいろなソフトがあります。自宅では、ホームページ運営のため、Windowsパソコンを24時間稼働させてます。そこで「DiCE」を選びました。

 

スポンサーリンク

DiCEの設定で悩む、ユーザー名で解決

 

私は、自宅で24時間稼働のミニノートWindowsXPを使っています。ここにDiCEをインストールして常時起動させることにしました。

 

DiCEの設定自体は簡単なのですが、ここで悩みました。

 

設定を終え、「今すぐ実行」を行うとDiCEに「エラー」が表示されます。

 

DiCEのエラー内容

Updating Error

 

どうやら、CyberGateサーバーにログインできないようです。

 

ここで、かなり悩みました。しばらくネットでエラーの原因を探しました。すると、次のように解決出来ました。

 

DiCEの設定画面、イベントの編集画面で、ユーザ名のところにCyberGateで登録した「サブドメイン名」を入れます。

 

理由は不明ですが、CyberGateのログインユーザ名(ユーザID)ではなくて、登録した「サブドメイン名」を入れると動作します。

 

はっきりした原因は不明ですが・・

まあ、動けば良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました