なぜ、文章がヘタでも「Adsenseで稼げる」のか?その秘密がここに!

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

実は、ブログの文章が「ヘタ」でもAdsenseで稼げます。ブログを始める前に、「文章がウマく書けない」と心配する必要はありません。文章の「ウマい、ヘタ」は、アクセスを集めるのに関係ないのです。それには、誰もが思い当たる理由があります。

スポンサーリンク

文章がヘタでもAdsense収益が増える

 

ブログを始めることに躊躇している人は、「自分は文章がヘタ、苦手」と思っているはずです。

Adsense収益を稼ぐブログは、文章が上手で、表現も魅力的と思っているかもしれません。しかし実際は、そんなことありません。

 

私は、現在(2019年7月)、Adsense収益が月額3万円を超えてます。これは、アクセスを増やすためのSEO対策を実施しているからです。

 

過去の経験から考えて、ブログのアクセス数は、文章の上手いヘタは、関係ないです。私が最初の頃に書いていたブログは、自分だけのメモでした。他人が読むことを前提に書いてませんでした。誤字脱字だらけでヘタな文章でした。自分にしかわからない意味不明な文章もありました。

 

それでも、ブログのアクセスは増え続けました。そしてAdsense収益も増加していきました。おそらく、ヘタな文章でもブログのアクセスが増える理由は、次のようなものです。

 

スポンサーリンク

訪問者は「斜め読み」がほとんど

 

実は、ブログやホームページを訪れる人のほとんどは、ジックリと文章を読みません。いわゆる「斜め読み」です。

 

Googleなどの検索サイトで、知りたい情報のキーワードを入力して、表示された検索結果の中をクリックして訪れます。自分が探している情報が、サイトの中にあるか探すのです。サイトの中に、探している情報が見つかれば、そこでジックリと考えながら読むのです。

 

つまり、探していることに近い情報が記載されていれば、アクセスは増えます。そして多くの訪問者は「斜め読み」です。文章がヘタでも問題ありません。

 

最初は文章がヘタでも、時間のあるときに文章を書いてると、文章がドンドン上手くなります。ブログを始めるメリットとして、文章が上手くなることは、かなり貴重な財産になります。

 

スポンサーリンク

掲載順位とキーワードで見つかる

 

Adsense収益を増やすためには、Googleの検索結果で、上位に表示されることが必要です。

 

この掲載順位は、サイトの文章の上手いヘタは、関係ないようです。文章のテクニックよりも、自然な言葉、素朴な言葉がキーワードとして使われ、サイトを訪れるのです。文章のテクニックよりも、「何を書いているか」が重要です。

 

スポンサーリンク

まとめ、文章がヘタ・苦手でもブログを始めよう

 

毎月3万円以上の収益を獲得できるチャンスが、現実に存在します。そして、ブログを運営することは、それほど難しくありません。むしろ簡単です。時間をかけてブログを育てれば、ほったらかしで収益を稼げます。

 

本サイトを参考にして、ブログとAdsenseを始めましょう。早いうちに始めた方が絶対に有利です。本サイトは、Adsense初心者を応援します。個別相談も可能です

コメント

タイトルとURLをコピーしました