「アイサイト・ツーリングアシスト」の効果、2年間運転してわかったこと

スポンサーリンク
2017年レヴォーグレヴォーグ
2017年レヴォーグ

スバルの「アイサイト・ツーリングアシスト」の解説です。2017年9月9日から「アイサイト・ツーリングアシスト」を搭載したレヴォーグD型に2年間乗りました。一般道や高速道路での効果、実際にどの場面で使えるのか解説します。

スポンサーリンク

「アイサイト・ツーリングアシスト」とは

スバルの「アイサイト・ツーリングアシスト」は、全車速追従機能付クルーズコントロールと、それに連動するアクティブレーンキープ(車線中央維持・先行車追従操舵)により、アクセル・ブレーキ・ハンド
ルを自動制御する運転アシスト機能です。0km/h〜約120km/hの幅広い車速域で、アクセル、ブレーキ、ハンドル操作を自動でアシストしてくれます。

つまり、ほぼ「自動運転」です。手動操作が必要な場面は、ウィンカーを使うときだけです。車線変更、交差点などの右折や左折のときは、手動でハンドルを操作します。

直進する(道なりに、まっすぐ進む)だけなら、「自動運転」になります。

高速道路や自動車専用道路での使用が想定されてますが、歩道が整備されている道路なら、問題なく使用できます。

実際に、「アイサイト・ツーリングアシスト」が装備されたレヴォーグD型を2年間乗りました。くわしく解説します。

スポンサーリンク

「ツーリングアシスト」の作動スイッチ

「アイサイト・ツーリングアシスト」を作動させるときは、右手の親指でボタンを操作します。ハンドルを握る右手の親指部分に、「クルーズスイッチ」と、「レーンキープスイッチ」ボタンがあります。「クルーズスイッチ」は、アクセルとブレーキの自動操作をONにするボタンです。「レーンキープスイッチ」は、ステアリングの自動制御をONにします。

この2つのボタンを押してONにしておき、直進時など、自動操作したい場面で、「RES/SETスイッチ」を押すと自動運転が始まります。

私は、いつでも自動運転へ切り替えられるよう、走り出すと、すぐに「クルーズスイッチ」と「レーンキープスイッチ」ボタンの両方を押しておきます。

現時点(2019年8月)では、ハンドルを握っていないと、スイッチが切れるようになっています。ハンドルから手を離すと、10秒くらいでメーターパネルに「ハンドルを操作してください」と表示されます。それでもハンドルを触らないでいると、「クルーズスイッチ」と「レーンキープスイッチ」が自動でキャンセルされます。

レヴォーグ 1.6GT
レヴォーグ 1.6GT

ステアリングの自動操作は、ハンドルを軽く握っていることが前提です。実際には、「ハンドルに手を触れているような感覚」で運転できます。走行のためのハンドル操作は自動操作に任せて、ハンドルに手を置いている感じです。車が勝手にハンドルを動かすので、少し奇妙な感覚です。しかし、これは運転を助けてくれるので、とても楽です。

スポンサーリンク

市街地や一般道路での効果

「アイサイト・ツーリングアシスト」は一般道でも効果を発揮します。従来の「アイサイトVer3」は60km/h以上のときだけステアリング操作が自動でした。しかし一般道では時速60km/h以上で走れることは少なく、「アイサイトVer3」のステアリング自動操作は限られた場面のみで使用可能でした。

「アイサイト・ツーリングアシスト」は、0 km/h 〜 約 120 km/h の幅広い車速域で、アクセル、ブレーキ、ハンドル操作を自動でアシストしてくれます。道なりに直進するのであれば、ほぼ「自動運転」です。

市街地や一般道でも渋滞のときは「アイサイト・ツーリングアシスト」で自動運転が可能です。渋滞時はものすごく楽です。

スポンサーリンク

高速道路や長距離ドライブでの効果

高速道路や長距離ドライブのときは、「アイサイト・ツーリングアシスト」はものすごい効果を発揮します。車線変更せずに直進するだけなら、ハンドルに手を置いておくだけで「自動運転」です。高速道路で同一車線を走るとき、広い国道を走るときも「自動運転」です。

手動操作が必要な場面は、ウィンカーを使う車線変更や右折や左折のときだけです。

一般道でも運転が楽になります。高速道路では、ほんとに楽です。ほとんど疲れません。車線変更しないなら自動運転状態です。これはすごいことです。

スポンサーリンク

「アイサイト・ツーリングアシスト」が作動しない場面

「アイサイト・ツーリングアシスト」は、0 km/h 〜 約120 km/h の幅広い車速域でアクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動でアシストしてくれます。渋滞時や道なりに直進するときは自動運転になります。信じられないほど運転が楽になります。ほとんどの場面で使うことができますが次の例外があります。

「アイサイト・ツーリングアシスト」が使えない場面は次のとおりです。

〇先行車がいないときの、信号での一時停止(一時停止は、先行車が停止するときだけ、一緒に止まります。)

〇右折や左折のとき

しかし上記の場面は限定的です。つまり車を運転している大部分の時間で「アイサイト・ツーリングアシスト」が使えて効果を発揮します。

ハンドルを軽く握っている必要がありますが、細かな操作は自動なのでとても楽です。緩やかなカーブなどでも適当にハンドルを動かすだけで、細かな制御は自動操作に任せることができます。

「アイサイト・ツーリングアシスト」が作動している場面でも、手動でハンドルを切ったり、アクセルやブレーキを踏めば手動操作が優先されるのも安心なところです。

運転が苦手な人、中高年になり運転の自信がなくなった人などには、絶大な効果があるでしょう。

コメント