スポンサーリンク
スポンサーリンク

レヴォーグ1.6にRaceChipを取り付け、驚きの加速性能が実現

レヴォーグ

 

レヴォーグ1.6GTにRaceChip RS(GTS)を取り付けました。驚くほど加速性能が良くなりました。アクセルを少し踏むだけで、ググッと加速します。シートに押し付けられる加速感です。トルクアップが体感できました。

 

スポンサーリンク

RaceChipが届く

 

レヴォーグ1.6のエンジンは、インテリジェントモードのときに、出だしが鈍いことがあります。アクセルを踏んだときに、一瞬のタイムラグのような「もたつき感」があります。スポーツモードでは「もたつき感」はないので、スポーツモードを初期値にしたいくらいです。

 

そこで、「もたつき感」を解消する方法として、スロットルコントローラーやECUチューニングを検討してました。しかしECUプログラムを書き換える方法は、車の点検のときに、ディーラーでリセットされてしまうこともあります。どれにしようか迷っていたところ、RaceChipを見つけました。

 

2019年3月6日に注文して、2度の納期延期に遭遇し、ようやく2019年4月3日に届きました。

 

RaceChip RS SUBARU レヴォーグ 1.6DIT 170PS/250Nm

50,000円 X 1個 = 50,000円 (税込 54,000円)

 

 

スポンサーリンク

RaceChip梱包内容

 

箱を開けると、日本語の写真入りの説明書がありました。

 

説明書の下にRaceChip本体です。

 

本体の下に、接続用のハーネスや取り付けバンドが入ってました。

 

スポンサーリンク

RaceChip取り付け

 

最初に、ボンネットを開けたまま、ドアロックして、15分放置します。

 

次に、エンジンカバーを外します。レヴォーグ1.6のエンジンカバーは、奥側のネジを外し、手前のカバーを上に上げます。

 

エンジンカバー奥のネジです。10円玉で回すと、すぐに外れます。

 

RaceChipのハーネスを割り込ませる場所は、下の赤丸のところです。

 

横から見たところ

アップです。

 

ソケットを抜いたところです。抜くときは、ツメを押して抜きます。わりと楽に抜けました。

 

ハーネスに本体は接続せずに、ハーネスだけ取り付けます。

 

ハーネスを割り込ませたところ

 

RaceChip本体をハーネスに取り付けて、本体を固定します。

 

ヒューズボックスの上に固定しました。

 

スポンサーリンク

RaceChip取付後の効果と感想

 

初めてのRaceChip取り付けは、本体を固定する位置に迷ったので、30分くらい必要でした。しかし2回目からは、10分以内で取り付けできます。とても簡単でした。

 

RaceChipの効果は、驚きの加速性能です。まったく別のエンジンになります。トルクが非常に上がった印象です。何しろ加速が凄いです。アクセル全開にすると、シートに押し付けられます。

 

レヴォーグ1.6GT FB16
最高出力 170PS/4800-5600rpm
最大トルク 25.5kgf・m/1800-4800rpm

 

RaceChip装着後(13PS +55Nm)
最高出力 183PS/4800-5600rpm
最大トルク 31kgf・m/1800-4800rpm

 

トルクが20%増加してます。最高出力は7%増加です。

 

RaceChipは高価ですが、取り付けが簡単で、加速性能が大幅に上がります。レヴォーグ1.6をパワーアップしたい人に最適です。

コメント