初心者が「天体望遠鏡」を簡単に操作する方法、ビクセンの教室

スポンサーリンク
ビクセン天体望遠鏡「ミニポルタ VMC95LB」その他
ビクセン天体望遠鏡「ミニポルタ VMC95LB」

天体望遠鏡の操作方法についての解説です。初心者は、ピントさえ合わせれば、簡単に操作できると軽く考えています。しかし天体望遠鏡は、基本操作をマスターしてないと、かなりむずかしいです。ビクセンの天体望遠鏡教室なら、わずか2時間で基本操作がマスターできます。

スポンサーリンク

妻がいきなり「ソラガール」

 

2016年2月、まもなく誕生日で50代半ばになるカミさんが、いきなり「私、ソラガールになる」と言い出しました。昨年までは、誕生日の度に、高級料理を食べていました。銀座や赤坂で高級寿司や高級ステーキ、高級ふぐなどを食べていました。年に一度のお祝いなので、妻の誕生日だけ、家族で豪華に食事していました。しかし、高級料理にも飽きたらしいのです。

ビクセン天体望遠鏡「ミニポルタ VMC95LB」

ビクセン天体望遠鏡「ミニポルタ VMC95LB」

今年の誕生日プレゼントは、「天体望遠鏡が欲しい」ということで、買うことになったのです。我が家は、娘たちも含めて、天体望遠鏡を使った経験など誰もありません。しかし、どうせ買うなら、オモチャではなく、ハッキリと星が見える「本物の天体望遠鏡」を買うことになりました。

 

そもそも天体望遠鏡についての基礎知識がないので、比較検討もできません。何を比較すれば良いのかもわかりません。インターネットの検索サイトで「望遠鏡」と入力すると「ビクセン」の製品がありました。「ビクセン」なら有名メーカーなので安心できます。すぐにビクセンの天体望遠鏡「ミニポルタ VMC95LB」 (税込み5万8千円)をネットで注文しました。

 

スポンサーリンク

「何も見えない」天体望遠鏡

 

注文してから6日後に天体望遠鏡「ミニポルタ VMC95LB」が届きました。知識が何もないまま、届いた天体望遠鏡を組み立てました。そして夜になるのを待ち、ワクワクしながら夜空を見上げました。

 

望遠鏡本体の鏡筒を、星の見える方角へ向けました。しかし、本体の接眼レンズを覗いても、何も見えません。真っ暗です。

 

星の見える方向へ望遠鏡を向けて、接眼レンズを覗きながら、鏡筒を上下左右に動かしたり、同時にピント調整ハンドルを回して、ピントを合わせようとしました。しかし、接眼レンズ内に星は捉えられず、レンズを覗いても真っ暗で何も見えません。

ビクセン天体望遠鏡「ミニポルタ VMC95LB」

ビクセン天体望遠鏡「ミニポルタ VMC95LB」

(ビクセンの教室を受講した後にわかったことですが、そもそもがファインダーを使ってないので、星を捉えられず、いくらピント調整しても真っ暗なままです。まったく無駄なことを繰り返していました。)

 

スポンサーリンク

望遠鏡が原因で「夫婦ゲンカ」

 

そもそも我が家は、ファインダーの役割も、使い方も知りません。ファインダーを取り付ける前に、接眼レンズを覗きながら夜空の星を見ようとしていました。

 

無駄な時間を繰り返し、挙句のはてにカミさんは、「この望遠鏡は壊れているんじゃないの!」と怒り始めました。「せっかくプレゼントで買ったのに!、使い物にならない!」と夫婦ゲンカ状態になってしまいました。

 

そして、2月から10月(昨日)までの7ヶ月間、天体望遠鏡「ミニポルタ VMC95LB」は、夫婦喧嘩を避けるため、押入れで静かに眠っていました。

 

ビクセン開催の「天体望遠鏡教室」は、1ヶ月ほど前(2016年9月)に、カミさんがネットで偶然見つけました。定員3名の狭き門をゲットしました。

 

受講料金が、ひとり千円と安いので、本当に天体望遠鏡を操作できるようになるのか、少し不安でした。

 

スポンサーリンク

ビクセン「天体望遠鏡教室」

 

天体望遠鏡教室の当日は、午後二時に、ビクセンのショールーム1階に集合でした。

 

集合時間になると、講師の女性社員から4階へ案内されました。

 

講師の先生は、ビクセンの社員さんだと思います。話し方が上手く、とても理解しやすかったです。そしてまた可愛くて奇麗な女性でした。

 

最初は、4階の教室で座学です。

 

少し大きなテーブルに、3人分のテキストが用意してあり、プロジェクターが用意されてました。スクリーンにテキストが映っていました。スクリーンの横には、実物の屈折式天体望遠鏡が置いてありました。

 

望遠鏡の基礎知識から、取扱い方法や操作方法までを、実際の望遠鏡を動かしながら説明してくれました。

 

1時間ほどの座学で、望遠鏡の基本的な構造や、操作方法を教えてもらいました。その後、屋上へ行き、望遠鏡を実際に操作しました。

 

外は、まだ明るいです。

 

最初に、望遠鏡本体へ低い倍率の接眼レンズをつけます。遠くに見える鉄塔へ向けて、ピント(焦点)を合わせる練習です。

 

次に、ファインダーを覗き、鉄塔の同じ部分が見えるように調整します。

 

つまり、ファインダーで見える位置と、望遠鏡本体で見える位置を一致させます。ここが一番大切です。

 

手順どおりに、全員が操作ができているか、講師の人が、ゆっくりと確認しながら進めてくれました。わからないことは、その場で教えてくれます。

 

低い倍率の接眼レンズで、望遠鏡本体を目標物に合わせ、その後ファインダーを調整します。ファインダーと望遠鏡本体が一致したら、ファインダーの調整ボタンは、その後一切触れません。

 

夜になり、星を見るときは、最初にファインダーで見える位置に調整すれば、自動的に望遠鏡本体で見えます。低い倍率で確認してから、高い倍率で楽しむのがコツです。

ビクセン天体望遠鏡「ミニポルタ VMC95LB」

ビクセン天体望遠鏡「ミニポルタ VMC95LB」

スポンサーリンク

天体望遠鏡の「コツ」

 

簡単な「取扱い方法」です。

 

天体望遠鏡の向きを、大きく動かすときは、手のひらで「鏡筒の白い部分」を押して動かすこと。

 

上下や左右の調整レバーや、目元の接眼レンズ部分を握って動かしてはいけない。レバーは、微調整の時に使うもの。

 

天体望遠鏡を使いこなす「コツ」は、ファインダー調整にある。ファインダー調整さえ決まれば、簡単に見えるようになる。

 

また、ファインダー調整は、できるだけ「昼間の明るいうちに行う」こと。夜は暗すぎてファインダー調整が難しい。ファインダー調整が終わったら、観測が終わるまで「ファインダー部分は、絶対に触らない。」

 

倍率は、「焦点距離÷接眼レンズ」で分かる。

スポンサーリンク

天体望遠鏡の購入情報

 

天体望遠鏡 ミニポルタ VMC95LB
39944-4 VIXEN

ビクセン 望遠鏡 ポルタ MINI PORTA
天体観測 月 天体望遠鏡(vi-mpolta-vmc95l):54000円 x 1
———————————————-
小計 54000円
消費税 4320円

総計 58,320円

スポンサーリンク

天体望遠鏡 ミニポルタ VMC95LBの仕様

(ビクセン様から抜粋)

機種名ミニポルタ VMC95LB
鏡筒部対物レンズ有効径95mm/精密球面、マルチコート
焦点距離(口径比F)1,050mm(F11.1)
分解能/極限等級1.22秒・11.7等星
集光力肉眼の184倍
サイズ/重さ長さ360mm、外径107mm/2.0kg(本体1.8kg)
ファインダーXYスポットファインダー(等倍)
接眼部パーツ取付サイズねじ込み/42mmTリング用ネジ
差し込み/31.7mm(専用フリップミラー内臓)
バローレンズ
(31.7mm径)
2倍バローレンズ31.7T (引伸率:2倍)
接眼レンズ
(31.7mm径)
NPL20mm 53倍<105倍>、実視界57分<29分>
<>内:2倍バローレンズ31.7T併用時
経緯台架台タイプミニポルタ経緯台
上下、水平動ウォーム全周微動(歯数90山)、上下水平微動ハンドル付、上下左右フリーストップ、固さ調整機構付
鏡筒着脱アタッチメント着脱方式(鏡筒落下防止ネジ付)
搭載可能重量約3.5kg(アリミゾ式、鏡筒外径119mm以内)
重さ2.8kg(三脚含む)
三脚材質・形式アルミ製2段伸縮式三脚 (トレイ付)
サイズ長さ700⇔1,280mm、高さ(地上高)640⇔1,145mm、設置半径370⇔635mm
その他付属品星座早見盤、星空ガイドブック
写真撮影拡大、直焦、コンパクトデジカメ(コリメート)撮影可 ※別途カメラアダプター等が必要。
太陽観察不可
総重量4.8kg(接眼レンズ別)

コメント