スマホをRoot化するメリット、文鎮化や保証外でも挑戦する理由

スマホ

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

AndroidスマホをRoot化するメリットの解説です。スマホのRoot化はシステムを改造してしまう危険なものです。Root化に失敗すれば起動しなくなり使えなくなります。それでもRoot化にチャレンジする理由の説明です。

Xperiaが文鎮化

2013年2月、Xperia acro HD SO-03DのRoot化に挑戦しました。

 

しかしRoot化に失敗したらしく、途中でXperiaが起動しなくなりました。

 

電源を入れても起動途中で再起動を繰り返す状態になり全く先に進みません。仕方なく電源を落とすしかありません。文鎮化してしまったのです。

 

文鎮化の怖いところは電池の充電さえ不可能になることです。もし充電池が消耗してしまえば復旧は断念するしかありません。

 

電池の残っている間に直そうと、かなり焦リながら初期化を行いXperiaの文鎮化を復旧させることにしました。

 

今のスマホの機種は初代Xperiaから3台目です。前の2台はRoot化に成功していました。今回のXperia acro HD SO-03DのRoot化失敗はかなりショックでした。

 

徐々に遅くなるXperia acro HD SO-03D

 

最近Xperia acro HD SO-03Dの動きが遅くなってきました。

 

画面を指でなぞっても反応しないことが多くなりました。

 

タスクキラーを使ってバックグラウンドで動いているアプリを停止させると、その時は動作が速くなります。しかし、すぐにゾンビアプリがバックグラウンドで自動起動してしまいます。

 

しばらくするとXperia acro HD SO-03Dの動作がとても遅くなり、指でなぞっても画面が固まってしまうことがあります。

 

こうなると、やはりRoot化をして使わないアプリを削除したくなります。

 

Root化に失敗してからもう1年くらい経ちます。

 

また、ゲームでもRoot化を使いたいのです。パズドラのコンボツールを使うときはスクリーンショットを撮影する必要があります。しかしスマホのスクリーンショットは「カシャッ」という大きなシャッター音が鳴ります。

 

シャッター音は盗撮防止のための機能なので、通常は設定画面から音を消すことができません。

 

電車の中でパズドラをしながら「カシャッ」とスクリーンショットを撮るのは、盗撮に間違われやすくドキドキします。周りの人から盗撮を疑われてしまうのではないかと心臓に良くありません。

 

スクリーンショットの音を消すのもRoot化によって簡単です。

 

そんなわけで3台目のスマホXperia acro HD SO-03DもRoot化したいのです。

コメント