スポンサーリンク

スマホの「Root化」に失敗したときの確認、ツールのバージョン

イギリスのロンドンスマホ
イギリスのロンドン

スマホの「Root化」についての解説です。RAM容量の少ないスマホは、「Root化」して、使わないシステムアプリなどを削除する必要があります。「Root化」するときに、エラーが表示されたら、ツールのバージョンを確認しましょう。

スポンサーリンク

スマホの「進化」、8年間でRAM容量が12倍

 

現在(2019年)は、スマホ本体の性能がアップして、動作速度が速くなりました。「Root化」のメリットは、以前に比べて少なくなりました。

 

昔のスマホは、動作速度を左右する「RAM容量」が512MBなど少なく、スマホ本体を「Root化」し、使わないシステムアプリなどを削除する必要がありました。「Root化」しないと、スマホ本体がサクサクと動かなかったのです。

 

参考に、2011年と2019年のスマホ「Xperia」のメモリー容量を比較します。

 

Xperia acro SO-02C
RAM 512MB
ROM 1GB
発売日 2011年7月9日

 

Xperia 1SO-03L
RAM 6GB
ROM 64GB
発売日 2019年6月14日

 

上記のように8年間で、RAM容量は12倍、ROM容量は64倍に性能がアップしてます。

 

スポンサーリンク

「Xperia acro SO-02C」 の「Root化」でエラー

 
以下の記事は、2013年当時の内容です。

「Xperia acro SO-02C」 を「Root化」してあったのですが、何かの原因で、「Root化」がなくなってしまいました。そこで再度、パソコンからワンクリックでRoot化できる「DooMLoRD_v4_ROOT-zergRush-busybox-su」を使いましたが、なんとエラーの連続です。

 

パソコン側に表示されるエラー内容は、次のとおりです。

 

No such file or directory
permission denied

 

スマホとパソコンとの接続方法を変えたり、パソコン側のOSを変えたりしましたが、原因は不明でした。

 

スポンサーリンク

古いバージョンで「Root化」成功

 

「Root化」できずに悩んでいたのですが、簡単に解決できました。

 

バージョンの古い、昔のバージョン1「v1」のツールで、「Root化」に成功しました。

 

Root化に失敗したツール
DooMLoRD_v4_ROOT-zergRush-busybox-su

 

Root化に成功したツール
DooMLoRD_v1_ROOT-zergRush-busybox-su

 

Root化用ワンクリックツール
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1321582

 

成功した時の状況は次のとおりです。
Xperia acro SO-02C
Androidバージョン 2.3.4
ビルド番号 4.0.1.C.1.9

 

失敗した原因は「Root化」ツールのバージョン違いでした。

コメント