レヴォーグの評価、実際に乗って感じたこと、納車日前に準備すべきこと

納車日の前に準備しておきたいこと

明日、2017年9月9日、レヴォーグD型が納車になります。

正式に注文したのが、正式発売前の5月28日なので、およそ3ヶ月待ちました。

最初は納車日が9月23日でしたが2週間早まりました。

新型レヴォーグを引き取るときに、下取りで、現在乗っているレガシィB4を引き渡すことになるので、その準備をメモしておきます。

下取り前の準備

ガソリンは、可能な限り、補充しない

ナビは、初期化するか、検索履歴や登録情報を全て削除する

ドライブレコーダーは、記録保存ファイルを取り出す

車検証と整備記録のコピー(あるいはスマホで写真)をとっておく。

最後に、車に載せてある、家庭用のもの(レンチセット、スパナセット、100V用インバータなど)を全て出す。

現在の新車は、ならし運転は不要なのか

新車に乗り始めたときは、ならし運転が大切です。

マニュアルには次の記載があります。

新車の慣らし運転中(1,000 kmまで)……4,000 rpm以下

4千回転まで静かに運転です。

慣らし運転の効果は、10年とか、年数が経過したときに大きくなります。

長く車に乗りたいと思う人には慣らし運転は必須です。

ところが、ディーラーさんがいうには、慣らし運転は、気にする必要ないそうです。

今の車は、性能が良いので、サーキットでレーシング走行しない限り、慣らし運転は不要とのことでした。

納車日、2017年9月9日

待ちに待った納車日です。

ディーラーさんとの約束は10時なので、8時頃から、今まで乗っていたレガシィB4の車の中から、家庭用の荷物を全部出しました。

そして、ナビを初期化しました。設定メニューの中に初期化ボタンがあるので、簡単でした。初期化の前に、ETCの料金履歴一覧はスマホで写真撮りました。ナビの初期化は5分くらいでした。

ドライブレコーダーのmicroSDカードは、取り出す予定ですが、念のため、フォーマットしました。

納車手続き

ディーラーさんへ行き、レガシィB4引き渡してから、書類手続きを行いました。

いろいろな書類へサインをして、簡単な取扱説明を受け、およそ1時間ほどで終えました。

前の車の任意保険も電話で解約手続きを終えました。

初めてのレヴォーグ

初めて乗ったレヴォーグの感想です。

車内が広い、レガシィB4より広く感じます。

エンジン音が静か、車内がとても静かです。上質な感じです。

走りがスムース

アクセルの反応が穏やかで、滑らかです。

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする