家を売却して損失が発生したとき、譲渡損失の損益通算で税金対策

奈良の長谷寺 家を新築
奈良の長谷寺
この記事は約3分で読めます。

家を買い替えるときの税金対策の解説です。家を売却して損失が発生したときには、税金が還付されます。確定申告手続きで、所得税と住民税が、タダ(0円)になります。最大で3年間、所得税と住民税を減額できます。家が高く売れないときに必須の手続きです。

スポンサーリンク

家の買い替えで損失が発生したとき

 

家の買い替えで「損失」が発生したときは、所得税と住民税の還付を受けることができます。売却した前の家の価格が、購入した新しい家の価格より低く、買い替えによって損失が発生したときです。確定申告して、税金を還付することができます。

 

「所得」自体を減額できるので、翌年の住民税も0円にできます。

 

スポンサーリンク

譲渡損失の損益通算の概要

 

古い家を買ったときの費用よりも、売ったときの収入が低く、損失になったときに適用されます。

 

例えば家を買い替えるとき、20年前に買ったときの購入代金が五千万円とします。買い替えのため、古い家を売ったとき一千万円にしかならず、結果として四千万円の赤字になってしまったというケースです。古い家を買ったときの購入費用と、売却した代金の差額で判断します。

 

四千万円の損失なら、三年間を限度として、自分の税法上の「所得」から、四千万円分を控除できます。

 

スポンサーリンク

国税庁HP、譲渡損失の損益通算

 

譲渡所得のあらまし

国税庁HP
平成25年分譲渡所得の申告のしかた(記載例)

国税庁ホームページリニューアルのお知らせ|国税庁

 

居住用財産の買換え等の場合の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例の適用を受ける場合の確定申告書等の書き方(措法41の5)

国税庁ホームページリニューアルのお知らせ|国税庁

 

スポンサーリンク

メリットとデメリット

 

所得税法上の「所得」が、最大3年間減額できます。1年目や2年目の所得は0円になるケースが多いです。所得が0円になれば、源泉徴収された所得税が、全額戻ってきます。翌年の住民税も0円になります。

 

所得税と住民税がタダになると、年間60万円前後得になります。海外旅行へ行けるほど節約になります。

 

ただし、譲渡損失の損益通算を受けるためには、確定申告が必要です。確定申告を3年間続けることになります。

 

確定申告の書類作成は、意外と簡単です。慣れると1時間くらいで確定申告書を作成できます。税務署へ郵送すれば手続き完了です。

 

家を買い替えるときは、「損失」に注意しましょう。税金が戻るかも知れません。会社から給与をもらっている人は、所得税と住民税が節約できます。

コメント