注文住宅の会社を選ぶ方法、大切なポイントは営業担当者との相性

ドッグリゾートWoof 家を新築
ドッグリゾートWoof

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

注文住宅のハウスメーカーや工務店を選ぶときの解説です。一戸建ての家を持ちたいときは、建売住宅にするか注文住宅にするか迷うところです。一生に一度の大きな買い物なので、思い切って注文住宅にするときの会社を選ぶポイントです。

新築のときに悩む会社選び

 

家を新築するときに、最初に悩んだのが会社の選び方です。ハウスメーカー、工務店、不動産会社、建築専門会社など、たくさんありすぎて迷ってしまいました。

 

自分の周りに、友人や親戚などで新築した経験のある人もいません。建売住宅を購入した人はいますが、注文住宅の人が周りにいませんでした。

 

以前、欠陥住宅がテレビのニュースになりました。不良会社だけは絶対に避けたいので、大手の会社が安心です。

 

そこで、次の条件を必須としました。

 

有名な信頼できる大手会社

 

欠陥住宅や手抜き工事をしない会社

 

なるべく費用を抑えられる会社

 

インターネットで、ハウスメーカーなどのランキングと評判を詳細に調べました。

 

会社選びの基準を調査

主にランキングサイトで10位以内にリストアップされている会社をメモしました。次に、それぞれの会社について、「会社名 評判」、「会社名 口コミ」で検索された結果のサイトをじっくり読みました。

 

すると、およそ2つのパターンに絞られました。

 

品質よりも建築費用を安く抑える。

 

品質を重視し、可能な範囲の予算で計画する。

 

つまり、安さを重視するか、品質を重視するかです。両方を兼ねる会社はありませんでした。

 

安い新築建物なら40坪の家でも1000万円以内で建てられます。しかし、材質や設備面では質が落ちます。キッチンやバスルームのデザインや機能が安っぽいなど、妥協せざるを得ない部分が出てきます。

 

迷った結果、品質重視で会社を選ぶことにしました。一生に一度の大きな買い物ですし、地震の多い日本なので、材質や工法などの安全面も考慮することにしました。

 

信頼できる営業担当者

 

次に、営業担当者が、信頼できる人柄かどうかが大きなポイントです。

 

会社は素晴らしくても、営業担当者の雰囲気が良くないと、良い家の設計は困難です。やはり相性というものが重要になってきます。

 

注文住宅は、設計段階から仕上げ段階に至るまで、長期間に渡り詳細な打ち合わせが必要です。

 

営業担当者の人柄は、かなり重要なポイントです。もし気になるようなら、早い段階で担当を変えてもらったり会社を変えましょう。

 

私は、一度だけですが、営業担当の人を変えてもらいました。自分の職場でみんなから嫌われている人と同じ苗字の人でした。打ち合わせのたびに、職場の嫌な思い出が、頭に浮かぶのは耐えられないと思いました。

 

もちろん、苗字が同じだけで、職場の嫌な人とは全く関係ない人でした。事情を話したら、すぐに別の営業担当者に変わってくれました。しかし、営業担当者を変えてもらっても、打ち合わせに集中できず、結局、違う会社になりました。

 

営業担当者の雰囲気に違和感を感じたら、すぐに会社を変えることをおすすめします。やはり、人と人は相性があります。

 

注文住宅の会社を探す方法

 

おすすめな方法は、各メーカーが合同で展示している「住宅展示場」を見学することです。アンケートに記入することがありますが、なるべく多くの「住宅展示場」を見ると良いです。

 

次におすすめなのが、「住宅フェア」などのイベントです。

 

いずれも、見て回るときに営業担当者の感じが良いところをチェックしておきます。押し売りのようにしつこい会社はパスしましょう。

 

たくさん見ることで目も肥えてきますし、いろいろな情報を得ることができます。

 

私は、住友不動産を選びました。営業担当者の人柄を見て決めました。設計から打ち合わせを始めるので、図面が完成するまでに1年近く必要でした。とても親切な人で、細かい打ち合わせも楽しくできました。

コメント