わずか8日間で発芽する西洋芝とは、サツキワセをきれいにするコツ

イギリスのロンドン ガーデニング
イギリスのロンドン

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

 

わずか8日間で発芽した西洋芝

 

芝生の管理は、素人には難しいという情報が多く、自宅の庭を芝生にしようかどうか迷いました。

 

人工芝や木のチップなど、いろいろ迷った結果、2014年3月に、家の近くのホームセンターで、日本芝(高麗芝)を買い自分たちで張りました。

 

すると5ヶ月後の8月には、庭一面がきれいな緑の芝生になりました。

 

この写真は9月14日です、まだ一面にきれいな緑の芝が残っていますが、よく見ると、ところどころ茶色く枯れはじめています。

 

高麗芝などの日本芝は、冬には枯れてしまうらしく、まだら模様のように、ところどころが薄くなってしまいました。

 

10月25日の写真です。

 

そこで、冬に強い西洋芝の種を、オーバーシードとして、高麗芝の薄いところに蒔きました。

 

西洋芝のサツキワセの種をまいてから、毎日、水やりをしていたところ、なんと、8日間で発芽しました。

 

小さな細い芝が生えてます。感激でした。

 

全体的に、うっすらと緑になりました。

 

2014年11月2日の写真です。

これは楽しみです。冬でも緑の芝生を期待できそうです。

西洋芝の発芽アップの写真

 

日本芝(高麗芝)の枯れた部分や薄くなった部分に、西洋芝のサツキワセの種をまいて発芽したところです。

 

少し離れて見たところ

 

この後、サツキワセが大きくなるにつれ、まき方が均一でなかったことに後悔することになりました。

 

コメント