デントリペアでエクボへこみを修理、デントツールを500円で自作

レガシィB4
レガシィB4

レガシィB4のエクボへこみ

愛車レガシィB4のボディにエクボへこみが見つかりました。

隣に置いていた自転車が強風によってレガシィの方へ倒れ、レガシィのボディへ自転車のハンドルが当たってしまったのです。

レガシィB4のエクボへこみ

レガシィB4のエクボへこみ

しかも、同じ日に二回も自転車が倒れ、エクボへこみが二箇所できてしまいました。

レガシィB4のエクボへこみ

レガシィB4のエクボへこみ

エクボへこみは近くで見ないと気付かない小さなへこみです。しかし、愛車のへこみは見るたびに気になります。安く修理する方法についてネットで調べました。

すると、板金塗装までは必要のない修復方法として「デントリペア」がありました。

初めて聞く「デントリペア」でしたのでネットで詳しく調べました。

デントリペアは、「デントツール」という特殊な工具を使って、へこみを裏から少しずつ押し出して直すものです。デントリペアのYutube動画を見ると、先の曲がった長い棒を何度かひねるだけでへこみが直っていました。

これなら、デントツールさえ入手できれば自分で簡単に直せそうです。

デントツールとは

簡単にへこみを直してしまうデントリペアですが、その道具として必要になるのがデントツールです。

早速、安いデントツールをネットで探しました。

ところが、デントツールは1本だけの安いものから、長さの異なるデントツールが10本くらいセットになった高額なものまで様々です。

安いといっても中古で1本8千円、新品で1万2千円ほどです。

少し先の曲がった普通の鉄の棒にしか見えません。それにしてもデントツールは高いです。

硬くて細いデントツールなので、ただの鉄の棒とは違い、特殊な材質で値段が高いのかも知れません。

デントツールをひねることによって、裏側から押し出して車のへこみを修理します。ある程度硬くないと機能しないはずです。見かけは先の曲がった鉄の棒ですが特殊な加工になっているのかもしれません。

3千円くらいの中古のデントツールが欲しかったのですが、ネットで探しても見つかりませんでした。

デントリペアを独学で学ぶ

あと3年で60歳の定年を迎えます。現在は定年後の再就職をどうしようか模索中です。どうせなら今までと違う仕事をしたいですし、可能なら新しく何かを開業したいと思っています。

デントリペアをネットで調べていると、技術を習得すれば開業もできるとのことです。

Yutubeの動画を見ると、デントリペアなら腕一本で技術力勝負で商売できそうです。定年後に良いかもしれないと思いました。

そこで、技術を習得する方法を調べました。デントリペアの講習や研修を本格的に受講するには、一日参加するだけで5万円以上でした。当然ながら何日も受講しなければならないので高すぎて私には無理でした。

そこで独学でデントリペアに挑戦することにしました。

デントツールを500円で自作

正式なデントツールを購入するには、一万円以上の出費になります。

ただの鉄の棒ではなくて、おそらく特殊な加工が施されているのだと思います。しかし、それなら試したくなります。ただの鉄の棒をデントツールとして使えるかどうか試すことにしました。

早速、近くのホームセンターに行きました。

まず細くて長い鉄の棒を探します。

すると鉄の棒がたくさんありました。

値段も150円から500円くらいで安く買えます。

ただの鉄の棒(商品名は鉄のポールと書いてありました。)なので、安いのでしょうか。

上の写真の285円のポールと、その下の358円のポールのどちらにしようか迷いました。285円のポールは長さが短いので、358円の長いポールを買いました。

鉄のポールは長さや太さの異なる種類のものが多数ありました。デントツールとしては、長さ60センチくらいのポールがいろいろな場所に使えそうでした。

それと、ポールを(デントツールとして)差し込むときに、車のボディを傷つけないよう間に差し込む薄いゴムシートとポールの先端が尖っているので先端に巻くビニールテープを購入しました。

用意したのはこれだけです。

鉄のポールとゴムシートとビニールテープで総額500円で揃いました。

では、デントリペアに挑戦するエクボへこみの確認です。右フェンダーのエクボへこみです。

少し離れ、このくらいの距離ならへこみもわかりません。

ドアに写る自転車がエクボへこみの犯人です。

デントリペアに挑戦

自作デントツールが揃ったので、いよいよデントリペアに挑戦です。

最初に、自作デントツール(鉄のポール)の角度を調整します。

右フェンダーのエクボへこみを、裏側から押せる位置を測り、デントツールの先の方を少し曲げて角度をつけます。角度をつけることで、へこみの位置でデントツールをひねると、テコの原理で押し出すことができます。

へこみの位置へデントツールを差し込める隙間を探します。ボンネットの隙間からデントツールが入りました。

へこみ位置を確認しデントツールを少し曲げて角度をつけます。

先端部分を曲げる方法は、道路の雨水を流す溝のフタなどスチール製のグレーチングに挟んで、足で軽く踏めば簡単に曲がります。

位置を確認しながら少しずつ曲げると良いです。

デントツールの先がへこみの位置に届いたら、デントツールを少しずつひねり押し出します。ゆっくりと、へこみ部分を見ながら繰り返しひねります。

エクボへこみがニキビに

最初は、デントツールをひねってもへこみ部分に当たっている感じがしませんでした。

力が弱いのかと思い少し強くひねったところ、なんとエクボからずれた位置を押してしまいました。へこみの隣がニキビのように膨れてしまいました。

へこみの位置を探し当てるのが難しいです。手探りなのでデントツールをひねって裏側から押しても、うまくへこみ部分に当たらないのです。

あげくの果てが上の写真のように、波打つニキビ顔のフェンダーになってしまいました。

見る角度によっては光が乱反射してエクボが目立たなくなりましたが、成功なのか微妙です。

デントリペアの反省点

デントツールの自作は500円と安上がりでしたが、実際のデントリペア作業を体験して、感じたこと反省点は次のとおりでした。

へこみが直接見えないボディの裏側は、へこみ部分にデントツールを当てるのがむずかしい。

へこみ以外のところを押し出してしまう。

デントツールをひねる力加減がむずかしい。あせらずに少しずつ時間をかけて、弱い力でひねる方が良いかもしれない。撫でるような感じです。

デントリペアは、初めて行って成功するようなものではない。高い技術力を身につけるため、数多く経験しないと困難。

どこかに捨ててある廃車などで、実際に、いろいろな部分のへこみを修理する経験を積まないと、開業は困難。

プロのデントリペアは、すごい技術力。