「犬のしつけ」で吠えさせない!簡単でわかりやすい「しつけ方法」

スポンサーリンク
ジャックラッセルテリア愛犬と楽しむ
ジャックラッセルテリア

「犬のしつけ方法」です。我が家の愛犬はジャックラッセルテリアです。一番しつけが苦手な犬種です。それでも「トイレのしつけ」に成功しました。やはり犬は、本能的に飼い主の気持ちを感じ取ります。褒めるしつけが効果的でした。

スポンサーリンク

最初のしつけは、トイレ

子犬と一緒に暮らし始めるときに、最初に必要なしつけはトイレです。一般的に、トイレを覚えさせるのは、生後2か月くらいと言われてます。しかし実際は、何歳でも可能でした。我が家は、愛犬が5歳のときに引っ越しましたが、すぐにトイレを覚えてくれました。

ジャックラッセルテリア
ジャックラッセルテリア

ジャックラッセルテリアは、人なつこくてかわいいです。しかし暴れん坊です。犬が5歳のときに、家を建て替えるため引っ越しました。引っ越しにより環境がすべて変わります。引っ越す前は、子供ではないので、トイレができるか心配でした。しかし引っ越した後に、トイレもすぐに覚えました。環境が変わっても、何も問題ありませんでした。

トイレの場所を犬に覚えさせる、トイレのしつけ方法です。

トイレの場所に、目印となるトイレシートを敷きます。初めの頃は、失敗してトイレシートから外れます。新聞紙を広めに敷いて、その上にトイレシートを敷きます。犬は、オシッコやウンチをする前に、必ず、行動が特徴的になります。匂いをクンクン嗅いだり、クルクル回ったりします。トイレ前の行動を把握すれば、簡単にトイレのしつけができます。

トイレ前の行動が現れたら、すぐに抱っこしてトイレの場所に連れて行きます。使い慣れたトイレシートなら、「ここが新しいトイレ」と認識します。何度か失敗しますが、上手にトイレができたら、褒めてあげます。褒め方は、大げさすぎるくらいに褒めてあげます。

「おー、すごい、よくできたねー!」

とても喜びながら笑顔で褒めてあげ、頭を撫でてあげます。すると犬は、同じ行動をとるようになります。しつけのコツは、褒めることです。そして、飼い主が一緒に喜ぶことです。

犬は、とてもきれい好きです。トイレの場所を、自分なりに理解して決めます。

スポンサーリンク

臭い付きシート

犬のトイレしつけ用グッズとして、臭い付トイレシートが売ってます。最初の頃は、おしっこの臭い付トイレシートを使うと、比較的スムースにトイレの場所を覚えます。

ジャックラッセルテリア
ジャックラッセルテリア

我が家のジャックラッセルテリアは、寝起きと食後に、必ずウンチをします。また、かなり頻繁にオシッコします。1日に7回くらいオシッコします。とても多いです。

スポンサーリンク

決まった行動

ウンチやオシッコをする前には、鼻を床面に近付けて、クンクン始めます。

ジャックラッセルテリア
ジャックラッセルテリア

クンクンしながら、トイレの場所を探しているのです。クンクンしながら、クルクル回りだしたら、間もなくウンチやオシッコです。わかりやすいトイレの合図です。

スポンサーリンク

効果的なしつけ方法

犬のしつけ方法は、厳しく叱る方法と、優しく褒める方法があります。これは人間の子供をしつけるのと似てます。どちらかの方法を選択する必要はなく、ケースバイケースで、褒めたり叱ったりする方が効果的です。

ただし、叱るときは、悪いことをしたときだけです。人を噛んだときや、家族や仲間に対して吠えたときなどです。

ジャックラッセルテリア
ジャックラッセルテリア

例えば、トイレのしつけで失敗しても、叱ってはいけません。悪いことをしているわけではなく、トイレを覚えようと犬は頑張っているのです。トイレを失敗したときは何もせず、成功したときだけ褒めてあげます。

犬がふざけて手を噛んだり、足を噛んだりすることがあります。そのときは、「飼い主が痛がっている」ことを理解させます。強く噛まれて痛かったときは、大きな声で「ダメッ」と言って、噛まれた場所に手を当てて、大げさに痛がります。「痛い、痛い!」と泣く真似をします。飼い主が痛くて泣いてる姿を見て、犬は「いけないこと」を理解します。犬は、飼い主の表情を見ています。悲しそうなときは犬なりに、「悪いことをした」と感じています。

褒めるしつけ方法は簡単です。良いことをしたときに、たくさん褒めてあげれば良いのです。犬も喜んでシッポを振ります。

犬は、人間の心を本能的に感じます。人間にはない超能力を持っています。飼い主が頭の中で思ったことを感じ取る能力があります。科学的な証明は不可能です。科学を超えた能力を、犬は持っています。動物の本能が凄いことが理解できます。

コメント