これからカーナビの地図更新する人へ、確認したい無料の更新期間

スポンサーリンク

2020年1月現在、カーナビが搭載されてない自動車の方が珍しくなりました。新車を購入するときには、オプションでカーナビを取り付けるのが当たり前になっています。カーナビがあれば目的地までのルートを教えてくれます。

 

しかし、カーナビの地図が古くなると、新しいお店などの目的地が表示されなかったり、工事を終えた道路の情報がなく、変な場所を走ってしまいます。ドライブルートが正しく表示されません。畑の中を走ったり、川の中を走ったり、場合によっては海の中を走ってしまうことさえあります。カーナビの地図が古くなるとルートが正しく表示されません。正しいナビゲーションのためにも、最新地図が必要です。「楽ナビ」の地図データを無料で更新した手順です。

 

スポンサーリンク

カーナビの地図データを更新したい

 

カーナビの地図更新は、一般的に2〜3年に1度です。そして更新費用も2~3万円と高いです。しかし地図を更新しないと、ナビが機能は発揮できません。やはり更新が必要になります。

 

私の車は、2017年式レヴォーグ1.6GT(VM4D型)です。ナビは、スバル純正のカロッツェリア「楽ナビ(8インチ)」(AVIC-RL900と同じ)です。オプションで ¥183,276(税込)でした。地図データ更新1回分が無料です。(2020年2月現在17,600円相当です。)

 

2020年2月になり、レヴォーグ1.6GTを購入してから、そろそろ3年が経過します。ナビの地図を更新したいと思い、購入当時の保証書を調べ無料更新期間を確認してました。すると、ちょうど良いタイミングで、なんと無料で地図更新データが送付されてきました。

レヴォーグ1.6GT ナビ更新

レヴォーグ1.6GT ナビ更新

スポンサーリンク

カロッツェリア「楽ナビ(8インチ)」の更新手順

実際に無料送付された「楽ナビ(8インチ)AVIC-RL900」用の「地図更新用SDカード」の中身です。2020年2月5日に届きました。

レヴォーグ1.6GT ナビ更新

レヴォーグ1.6GT ナビ更新

 

最初にエンジンをかけ、ナビを起動します。SDカードのイジェクトボタンを押します。

 

もし、すでにSDカードが挿入されているときは、「SDカード取り外し」ボタンを押します。

 

レヴォーグ1.6GT ナビ更新

レヴォーグ1.6GT ナビ更新

 

イジェクトできる状態になります。

 

SDカードを入れます。すると「バージョンアップを行いますか?」と表示されます。「はい」を選びます。

 

すると、「更新には、約90分かかります。」と表示されます。1時間半程度、エンジンをかけた状態になります。ナビが利用できないだけで、走行には影響ありません。ただしエンジンを切ることができないので、自宅の駐車場など、長時間エンジンをかけたまま停車できる場所が良いです。

 

「更新開始」ボタンを押すと、ナビが再起動し、地図の更新が始まります。

レヴォーグ1.6GT ナビ更新

レヴォーグ1.6GT ナビ更新

 

再起動を終えると、ナビの更新が始まります。「残り時間:1時間30分」と表示されます。

レヴォーグ1.6GT ナビ更新

レヴォーグ1.6GT ナビ更新

 

1時間30分以上経過すると、「バージョンアップを完了しました。」と表示されます。

 

レヴォーグ1.6GT ナビ更新

レヴォーグ1.6GT ナビ更新

 

ここで、注意が必要です。この後も、更新処理が次のように続きます。エンジンを切るのは止めましょう。

レヴォーグ1.6GT ナビ更新

レヴォーグ1.6GT ナビ更新

ナビの更新作業が完了すると、自動的にナビが再起動し、通常のナビ画面(地図が表示される画面)になります。更新が完了したことを確認するために、設定画面の情報を確認しましょう。今回は「地図データ 2019年 第2.0.0版」になります。

 

スポンサーリンク

「楽ナビ」のバージョンアップを終えて

カロッツェリア「楽ナビ(8インチ)」の地図更新を終えました。無料でナビの地図を最新にできました。地図更新を終えて感じたことです。

 

楽ナビのバージョンアップは、素人でも簡単です。SDカードを差し込むだけです。しかし、更新作業は長時間(およそ2時間)必要です。エンジンを切らずに停めておける場所で作業するのが良いです。走行中も可能だと思いますが、予期しない振動は、少し怖いです。

 

正しいルート案内のためにも、カーナビの地図は、最新版にしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました