盗聴に間違われるのは危険!MACアドレスの変更は偽装?

スポンサーリンク
旧 国立競技場 2014年インターネット回線
旧 国立競技場 2014年

ネットワークアダプタの「MACアドレス」変更についての解説です。インターネットのセキュリティを高めるために、製造メーカー固有のMACアドレスによる制限をかけようと思いました。情報を集めた結果、リスクのある行為であることが判明しました。

スポンサーリンク

MACアドレスを変更したい理由

ネットワークのセキュリティを高めるために、Wifiルータのアクセス制限をMACアドレスで行うことを検討しました。いろいろとMACアドレスの設定を変えて正確に通信を遮断できるか試そうとしたのです。

そのためにはスマホ「Xperia」のMACアドレス(ネットワークインターフェースカード・NIC・固有の物理アドレス)を簡単に変更できると効率的です。スマホのMACアドレスを簡単に変更する方法を調べていました。

海外のネットではMACアドレスの変更について多数の記事があります。おおむね次の二つでした。

その1 MACアドレスを変更するアプリを使う。

その2 Linuxコマンドを入力してMACアドレスを変更する。

スポンサーリンク

MACアドレスを変更するための情報サイト

MACアドレスを変更するための情報サイトです。

MAC アドレス偽装 - ArchWiki

MACアドレスを変更するのはわりと簡単そうです。それならいっそのこと、自分のAndroidアプリ開発環境の中で「MACアドレスを変更するアプリ」を作ろうかと思いました。でも使い方によっては、ちょっと危なそうです・・何しろネットで調べると「偽装」という怪しげな言葉が使われています。

スポンサーリンク

やはりMACアドレス変更は危険

危険な匂いがするので、さらに調べました。しばらくして冷静になって考えると、ネットワークアダプタのMACアドレスを変更してしまうと、次のリスクが発生することが判明しました。

盗聴行為が可能になること

コンピューターとインターネットの急速な進展によって、警察組織にはサイバー攻撃や違法なネットワーク利用を取り締まる専門部署もできています。ハッカー対策や違法ダウンロードなどの法律も徐々に整備されてきました。

このような状況でMACアドレスを自在に変更する行為は、危険すぎることがわかりました。純粋な実験や研究であっても「犯罪と見做される」リスクが高いです。仕方なく断念しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました