レヴォーグのもたつきを解消するアクセルペコペコとボクサーサウンド

レヴォーグ
レヴォーグ

レヴォーグ(VM4D型)の発進時「もたつき感」を解消させる「アクセルペコペコ」のくわしい解説です。スバル車は「アクセルペコペコ」によってアクセルコントローラーをリセットできると噂されています。また、ボクサーサウンドまで復活したような気がする情報です。

レヴォーグVM4D型を改造したくなる点

2018年5月27日(日)

昨年2017年9月9日に購入したレヴォーグVM4D型は、排気量が1.6リッターのターボエンジンです。最高出力170PS、最大トルク25.5kgf・mです。2.5リッターのNAエンジンクラスのパワーです。トルクがあるので、余裕があり気持ち良い加速で快適です。

しかし、ほぼ一年乗るとレヴォーグを改造したくなる点が二つ出てきました。それは発進時にアクセルを開けたときの「もたつき感の改善」と「ボクサーサウンドの復活」です。

もたつき感は電子スロットルが原因

最近の車は、アクセルを踏むと電子スロットルによってエンジンが制御されます。ガソリンの供給量などがマイコンで電子的に制御されます。

それが原因なのかレヴォーグVM4D型は、アクセルを踏んでからワンテンポ遅れてエンジンの回転数が上昇します。特にインテリジェントモードではイラッとするほどタイムラグが発生します。

昔の車はアクセルがキャブレターにワイヤーで直接つながっていました。足の指先の微妙なアクセル操作が直接エンジンに伝わりました。

しかし、レヴォーグVM4D型は電子スロットルのため、インテリジェントモードではアクセル操作がマイルドに緩和されます。

アクセルの微妙な操作が、マイコン制御でキャンセルされてしまうのです。まるでマイコンから「そんなアクセル操作はいらない」と拒否されているようです。

ECO運転にとっては良い制御なのですが、アクセル操作を通じてエンジンの回転数や車の挙動をダイレクトにコントロールしたいときは邪魔になります。

右足の微妙なアクセルワークによってエンジンの回転数を操作し、車との一体感を味わうためには支障になるのです。

アクセルペコペコを試した結果

今や都市伝説的になりつつありますがスバル車には「アクセルペコペコ」という裏ワザがあります。電子制御スロットルを純粋にアクセルの踏み込み量に合わせるようリセットできます。

そこでレヴォーグVM4D型でアクセルペコペコを試しました。

すると驚きでした。レヴォーグVM4D型の走りが変わりました。インテリジェントモードなのにアクセル操作がダイレクトにエンジンに伝わるようになりました。アクセルを踏んでからワンテンポ遅れることもなくなりました。

さらにエンジン音まで変わった気がします。ボクサーサウンドに近い元気な音になったような気がします。

アクセルペコペコの方法

私が行ったアクセルペコペコの手順です。

1.ブレーキを踏まずエンジンスイッチボタンを2回続けて押します。(ACCアクセサリー電源オンの状態)

2.少し待つ、6秒ほど待機します。

3.エンジンスイッチボタンを押して電源をOFFにします。

4.しばらく待ちます。30秒くらいすると、メーターが一瞬点灯し、車の内部電源が切れる音が「カチッ」と聞こえます。

(ここでアクセル開度0%が学習される。)

5.ブレーキを踏まずエンジンスイッチボタンを2回押します。

6.アクセルをゆっくり全開まで踏みます。1秒くらいかけて踏み込み全開にします。

アクセルを戻します。

このアクセル全開と戻すペダル操作を
21回繰り返します。

終わったら、最後にエンジンスイッチボタンを押して、電源を切ります。30秒くらい待って完了です。

これなら、スロコンやサブコン装置は不要かもしれません。

ボクサーサウンドの復活は困難

2018年現在、あの魅力的な「ボボボボッ」というボクサーサウンドの新車は存在しません。ボクサーサウンドはエキゾーストマニホールドの長さが揃ってないために起こる排気干渉です。排気ガスがぶつかり合うので、その分性能が落ちるわけです。

多少性能が落ちてもレヴォーグにボクサーサウンドが欲しいものです。

エキゾーストマニホールドの長さでボクサーサウンドが復活するなら社外品でありそうです。そう思っていろいろ探してますが、2018年5月現在、レヴォーグでボクサーサウンドが聞けるエキゾーストマニホールドやマフラーは見当たりません。

やはりボクサーサウンドを復活させるオプションがSTIから欲しいです。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする