バンパー下部の「こすりキズ」を自分で補修、安く簡単にできました。

スポンサーリンク
レヴォーグ1.6GT バンパー塗装レヴォーグ
レヴォーグ1.6GT バンパー塗装

バンパーの「こすりキズ」を自分で補修しました。なんと新車レヴォーグのバンパー下部をこすってしまったのです。ディーラーの補修見積りは3万円でした。仕方なく自分で6千円で補修しました。作業時間は2時間で思っていたより簡単に補修できました。

スポンサーリンク

新車レヴォーグのバンパーをこする

わずか二週間で新車で購入したレヴォーグのフロントバンパー下部をこすってしまいました。わりと大きな10センチの「こすりキズ」です。スバルのディーラーの見積もりでは補修費用は3万円でした。少し前にバッテリー上がりで3万6千円の痛い出費をしたばかりです。仕方なく自分で材料を買って補修することにしました。

この写真がバンパー下部のキズを自分で補修した写真です。

補修前

レヴォーグ1.6GT バンパー塗装
レヴォーグ1.6GT バンパー塗装

補修後

レヴォーグ1.6GT バンパー塗装
レヴォーグ1.6GT バンパー塗装
スポンサーリンク

こすりキズの原因

バンパー下部の「こすりキズ」に気付いたのは、自分ではなくスバルの営業担当者です。2017(平成29)年9月9日に購入したレヴォーグの1ヶ月点検で、営業担当者が見つけてくれました。「自分で気付かない」というところが58歳という年令を感じてしまいます。かなりショックでした。

実は新車1ヶ月点検の当日に、バッテリー上がりで交換費用3万6千円という痛い出費があったばかりです。その直後にキズがわかりました。1ヶ月点検が終わり、営業担当の人が洗車後のレヴォーグを拭いていたときにバンパーのキズを発見したのです。出費を抑えるために仕方なく自分で補修することにしました。

キズの原因は、よくよく思い返すと心当たりがありました。9月9日に納車されてから、二週間後の雨の夜です。狭い道路を左に曲がるとき、道路の側溝が斜めに高くなっていました。奥側の路面が高くなっていたのです。そのまま曲がったところ、ガリガリと何かをこする音がしました。このときバンパー下部を路面でこすっていたようです。

スポンサーリンク

キズの補修用品

15年ほど前に中古のBMW325iに乗っていました。会社の近くに駐車していたところ、リアトランクにキズをつけられました。釘のようなもので10センチほどのキズでした。そのときも自分で補修しました。リアトランク上部の目立つ部分でしたので、自分でスプレーした跡がクッキリわかり、あまり上手くできませんでした。

そこで今回は、インターネットやyutubeで車のキズの補修方法を十分に調べました。ソフト99のサイトが丁寧な説明でわかりやすかったです。ソフト99の補修用品をまとめて購入することにしました。

レヴォーグ1.6GT バンパー塗装
レヴォーグ1.6GT バンパー塗装

キズを滑らかに削り取る紙やすり

耐水サンドペーパーセットM
410 円

紙やすりをかけるときの持ちやすいパッド

サンドペーパー用研磨パッド
410 円

レヴォーグ1.6GT バンパー塗装
レヴォーグ1.6GT バンパー塗装

スプレー跡を目立たなくするボカシ剤

ボデーペンボカシ剤
778 円

塗料スプレーがきれいにつく下地処理

シリコンオフ300
950 円

塗料スプレー

Myボデーペン(特注色)
2,160 円
スバル・K3X・ラピスブルーP

商品小計: 4,708 円
通常送料: 648 円

総支払額: 5,356 円でした。

レヴォーグ1.6GT バンパー塗装
レヴォーグ1.6GT バンパー塗装
レヴォーグ1.6GT バンパー塗装
レヴォーグ1.6GT バンパー塗装
スポンサーリンク

バンパー下部のこすりキズ拡大写真

バンパー下部のこすった場所です。少し離れた位置では気付かないです。

バンパー下部のこすった場所
バンパー下部のこすった場所

キズ部分を拡大すると、かなり擦れて、毛羽立っています。

レヴォーグ1.6GT バンパー塗装
レヴォーグ1.6GT バンパー塗装
スポンサーリンク

補修開始

補修の作業手順は、次のとおりです。

  1. サンドペーパーで、きれいに平らにする。
  2. シリコンオフを塗る。
  3. ボカシ剤を塗る。
  4. 塗料をスプレーして完成。

最初はサンドペーパー(紙やすり)でキズをきれいにします。バケツに水を入れておき、サンドペーパーをこまめに水で洗いながらキズのあるところをこすります。

サンドペーパーを専用パッドに巻きつけて使用します。

サンドペーパーを専用パッドに巻きつけて使用
サンドペーパーを専用パッドに巻きつけて使用

サンドペーパーは目の粗い150番から順に使います。キズをこする時間はひとつのサンドペーパーで3分くらいでした。

粗い目 → 細かい目の順番です。

150番 → 320番 → 600番 → 1000番

レヴォーグ1.6GT バンパー塗装
レヴォーグ1.6GT バンパー塗装

指で触ると、ほぼ平らになりました。

レヴォーグ1.6GT バンパー塗装
レヴォーグ1.6GT バンパー塗装

キズがとれて表面が滑らかになったら、次に塗料のスプレー作業です。

スポンサーリンク

マスキングと塗料のスプレー

スプレー前にキズ以外の部分に塗料が飛び散らないようマスキングします。マスキング用品は家庭用ゴミ袋とガムテープで代用しました。

マスキング用品は、家庭用ゴミ袋とガムテープで代用
マスキング用品は、家庭用ゴミ袋とガムテープで代用

キズの部分だけを残しガムテープで周りを覆います。

マスキング用品は、家庭用ゴミ袋とガムテープで代用
マスキング用品は、家庭用ゴミ袋とガムテープで代用

塗料をスプレーする前にシリコンオフをスプレーします。目に見えない汚れや油分を除去します。シリコンオフスプレーをたっぷりかけマイクロファイバークロスなどのきれいな布で拭き取ります。布は繊維の抜けないものが良いです。

次に塗料をスプレーした部分が目立たないよう、事前にボカシ剤をスプレーします。

最後にボディーペン塗料をスプレーします。ゆっくり2回ほど塗ります。

スプレー1回目、ほぼ完成。

スプレー1回目
スプレー1回目

スプレー2回目で完成。素人にしては、まあまあの出来でした。なぜか高倉健さんの有名なセリフ「自分、不器用ですから‥」を口ずさみました。

スプレー2回目
スプレー2回目

少し離れたところから見ると全くわからなくなりました。

バンパー補修後
バンパー補修後
スポンサーリンク

まとめ、費用と作業時間

バンパー下部の「こすりキズ」を自分で補修した感想をまとめました。

〇費用の比較

スバルのディーラー 3万円

自分で補修 補修用品 5,356円

〇作業時間

ゆっくりと作業して、ほぼ 2 時間

洗車と乾燥 30分

サンドペーパー 30分

スプレーと乾燥 30分

休憩 30分

やはりサンドペーパー作業が疲れます。休憩しながら作業しました。作業中に高倉健さんの有名なセリフ「自分、不器用ですから‥」をなぜか口ずさみました。出来上がりは満足でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました