スポンサーリンク

ハーレーに人生をかける選択肢、楽しく身体を鍛える大型オートバイ

ハーレー 大型二輪教習所
ハーレー
この記事は約3分で読めます。

大型二輪の教習所ロスになりました。教習所へ通っていたときは、週末に大型オートバイに乗れました。1時間の教習ですが、大型オートバイの加速やエンジン音を十分楽しめました。教習所を卒業してからは、週末にやることがなく、刺激が欲しくなりました。

スポンサーリンク

大型二輪の教習所ロス

 

大型二輪の免許を取得してから、土日に教習所へ通う必要がなくなりました。週末が暇になりました。掃除や洗濯など、ひと通りの家事を終えると、やることがなく手持ち無沙汰です。教習所で乗っていたナナハンが懐かしくなります。また大型オートバイに乗りたくなります。

 

スポンサーリンク

ハーレーに人生をかけられるか

 

現在55歳という年齢を考えると、ハーレーに乗るなら、今がラストチャンスです。体力が残っている早い時期に買って、満足するまで乗った方が安全です。今ならまだ、運転テクニックも衰えていません。一方で、自分の性格からすると、ハーレーを買っても1〜2年で飽きるとも思っています。

 

ハーレー以外の安い国産車も探しました。30万円くらいでハーレーより性能が良い大型オートバイもありました。でも、大型オートバイを買うなら、やはりハーレーでないと後悔する気がします。

 

しかし妻は、私がハーレーを買うことに猛反対です。試しに少しだけ話したら、散々な結果でした。妻は物凄く興奮し始め、目をつり上げて「そんなお金があるなら、私は自転車置場の屋根が欲しかったのよ!」と意味不明なことを言って、怒り出しました。こんな状況で、もしハーレーを買うと、間違いなく夫婦喧嘩です。離婚騒ぎにまで発展するリスクがあります。

 

妻の気持ちを考えれば、反対する理由も理解できます。結婚する前に、私はオートバイで事故を起こしました。全身打撲と左手首骨折で一週間入院しました。反対車線の乗用車が無理に右折し、ぶつけられたのです。ちょうど交番の目の前でした。入院中に実況見分で訪れた警察官から、「あれだけ空中に飛ばされたら、普通、死んでしまうよ。よく生きてたね!」と言われ、結婚する前の妻は、ベッドの隣で泣いてました。妻は二度とあのような思いはしたくないはずです。

 

もし、私がハーレーを購入すれば、毎日、事故に怯えるでしょう。それなら、いっそのこと離婚して、他人の方が良いと考えるでしょう。

 

私は、小心者なので、人生かけてまで、ハーレーを買う勇気もありません。

 

スポンサーリンク

刺激のある趣味

 

ハーレーの他に、何か熱くなれる趣味、刺激のある趣味がないだろうかと考えています。

 

趣味は、楽しくなければなりません。しかし「なければならない」と義務付けてしまうと自由がなくなり、反対に楽しくなくなります。

 

また、55歳という年齢になると、趣味が健康増進につながることも期待します。健康に良い趣味は、山登りが典型です。私は昔から、忍耐とか持久走が嫌いなタイプでした。長い時間、身体を痛めることに楽しみは感じません。楽しさが感じられる趣味でないと意味がありません。

 

楽しくて身体を鍛えることができる趣味、そうなると、やはり大型オートバイのハーレーです。

コメント