スポンサーリンク
スポンサーリンク

フレッツ光の回線速度が遅い原因、ルーターの設定が変更できないとき

奈良のせんとくん

 
フレッツ光の回線速度が遅い原因を調べた方法です。結果的には、プロバイダーを変えても変化なしでした。原因は、利用者の急激な増加らしいことが判明しました。ルーターPR-S300NEの設定変更ができないエラーは、ブラウザを変えて解決しました。2016年3月の記事です。
 

スポンサーリンク

ADSLより遅い光回線

 

インターネットの回線速度が、遅くて気になりました。光回線で速いはずなのに、昔のADSL回線より遅いのです。なんとか速くならないものかと、いろいろ試してみました。

 

NTT側の回線速度は20Mbpsでした。せめて昔のADSL時代の7Mbps以上は欲しいところです。昔のADSL回線より速い10Mbps以上なら我慢できます。しかし3Mbpsとか4Mbpsの回線速度では、光回線に変えた意味もなく、なんとか改善したくなります。

LANケーブルは、最新のカテゴリ6に買い替えました。プロバイダーのYahooBBに電話して、直接相談もしました。YahooBBの担当者によると、将来的には、設備を増強しますが、加入者数が急激に増えてしまい、利用者の増加に設備が追いつかない、というのが実情でした。
 

スポンサーリンク

回線速度が遅い原因はプロバイダー?

 

現在までにわかったことは、NTT側は20Mbpsの速度なので、光回線とまでは呼べないですが、そこそこのスピードはあることです。NTT東日本の「エリア内速度測定サイト」で20Mbpsの速度でした。

 

そうなると、速度の遅い原因は、プロバイダーのYahooBB側に可能性があるということです。

 

スポンサーリンク

プロバイダーを変えてみる

 

そこで実際に、現在のプロバイダーYahooBBを変更してみました。

 

無料で試用できるフレッツ光のプロバイダーを調べると、「インターリンク」がありました。早速ネット上で申し込むと、あっという間に、オンラインで申し込みが完了しました。

 

フレッツ光のルーターPR-S300NEの接続先設定で、新しいプロバイダーのIDとパスワードを設定して接続します。

 

スポンサーリンク

ルーターの接続先が変更できないトラブル

 

ここで、かなりトラブルになりました。

 

私の環境は、Windows10で、ブラウザはGoogleのChromeです。ルーターPR-S300NEの接続先設定の画面で、変更しようと思っても、変更が反映されず元に戻ってしまう現象が起こりました。1時間ほど無駄な時間を過ごしました。

 

エラーの症状は、新しいプロバイダの情報を入力して、設定ボタンを押しても、入力した変更情報が消えてしまい、元に戻ってしまうものです。

 

通常、ルーターPR-S300NEで内容を変更するときは、設定ボタンを押すと変更内容が反映され、ボタンの色が変わります。しかし、ボタンが全く反応しません。

 

設定ボタンを押すと、ブラウザが読込中状態になるはずですが、反応なしです。これは、ルーターが壊れたかな、と思いNTTへ電話しました。

 

NTTサポートのお姉さんに電話で教えてもらいながら、ルーターのLANケーブルをはずしたり、ルーター本体の電源を切ったりしました。でも依然として設定が変わらず、直りません。

 

もう無理かも、という空気が漂い始めて、「ルーター自体が壊れたのかもしれませんね」とお姉さんと確認していました。

 

お姉さんから「念のため、最後にもう一度だけ試してみましょう」と言われ、接続先設定画面の接続可チェックボタンを外した時に、表示されるはずのメッセージボックスが表示されないことに気付きました。

 

うーむ、おかしい、私はピンときました。(というか、もっと早く気づけよと思いましたが)

 

「もしかして、ブラウザの違いが原因でしょうか?」

 

NTTのお姉さんも「ハッ」としたようでした。

 

スポンサーリンク

ブラウザをEdgeに変更してプロバイダーを設定

 

Chromeを閉じて、Windows10標準のEdgeを起動し、同じように設定を変更しました。

 

ルーターPR-S300NEの接続先設定で、接続先の名前だけ変更してみます。Chromeでは、名前の後に数字1文字入れても変更できませんでした。

 

それが、Edgeで同じように変更したら、あっさりと設定ボタンも反応して変更できました。

 

どうやら、ルーターPR-S300NEの設定変更がうまくいかないときは、ブラウザ自体を疑うのもありだと思いました。ブラウザの相性があります。

 

NTTのお姉さんによると、最新のOSやブラウザは不安定らしいです。「IEなら確実です」と言ってました。

 

これで、ようやくルーターPR-S300NEの接続先を、YahooBBから新しいプロバイダのインターリンクへ変更できました。ルーターを再起動しました。

 

スポンサーリンク

プロバイダーを変更して回線速度を再計測

 

これでプロバイダが変更できました。念のため、IPアドレスが変更になっていることを確認してから、回線速度の測定を行いました。

 

その結果は、驚きの、変化なしです。

 

プロバイダを変更しても、回線速度が改善しないということでした。

 

そうなると、単純に、自宅近くの光回線が混んでいるだけ、ということになります。

 

もう少し様子を見てから、NTTへ再び相談しようと思います。

(後日、改善した方法を別記事で掲載しました。)

コメント